メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

ランキング・おすすめ・人気

人気が高くおすすめのメンズ財布メーカー27選

投稿日:

 

人気が高くおすすめのメンズ財布メーカーを厳選しました。

 

メンズ財布メーカー

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

紳士なビジネスマン達の間で、新しく定番ブランドとして、大人気な存在となっているのが、日本のブランド、ココマイスターです。

ヨーロッパのダンディーなミドル層が愛用していそうな雰囲気で、熟練された職人が本格的な縫製を行っているところが魅力です。

価格帯も品質相応で、高過ぎることも安過ぎることもなく、安心できるブランドといえるでしょう。

 

Hallelujah(ハレルヤ)

Hallelujah(ハレルヤ)

ハレルヤは、革製品を通して、オリジナルの探求をし続け、人々の心をリッチにしていこう、というコンセプトの元に立ち上げられている、日本のブランドです。

ナチュラルで気取り過ぎず、使い勝手のよい上質な商品が揃っており、いずれも、ほどほどの良質な価格で入手することが可能です。

ビジネス、カジュアル問わず、ファッションに合わせやすいところも魅力です。

 

JOGGO(ジョッゴ)

JOGGO(ジョッゴ)

ジョッゴは、この世に1つしかない、オリジナルな財布を手に入れることが可能なレザーブランドです。

レザーのカラー指定を行うことができるのですが、多くのブランドが行っているように、1色〜3色程度を選ぶのではなく、ジョッゴの場合は、細かいところの色の指定まで、多数のカラーの中からチョイスすることができるので、組み合わせは無限大なのです。

 

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

オロビアンコは、イタリアで誕生したブランドです。ビジネス向きなのに、堅苦しくなく、適度にカジュアルで華のある雰囲気が魅力となっており、若い世代のメンズに圧倒的な人気を誇っています。

価格帯が比較的リーズナブルなので、就職活動中の大学生にもお薦めできます。あまりにも人気なので、人とかぶってしまいやすいところが唯一の難点かもしれません。

 

HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

ヘルツは、日本の熟練された職人が、製造工程の最初から最後まで携わるという、誠実なスタイルで創業当初から、熱意のあるモノづくりを行っているブランドです。

いわゆる革らしい革製品が好きだという人にとって、ヘルツはたまらないブランドであると言えるでしょう。

商品のバリエーションが豊富で、色も自由に発注できる、大人の贅沢が味わえるブランドです。

 

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

ガンゾは革製品に対して強いこだわりを持つ、本格志向の大人達から愛されるブランドです。

誕生したのは日本で、海外のハイブランドに飽きてしまったという人が今、続々とガンゾに乗り換えているという話も。

ブライドルやコードバンといった紳士人気の高いレザーは当たり前に押さえていますし、クロコダイルなどの希少価値が高い素材も取り揃えられています。

 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

万双は、知る人ぞ知る、真髄を極めたツウな大人向けのレザーブランドです。

東京にしか店舗がないという希少価値の高さも魅力で、まさに幻のような存在であると言えるでしょう。

ミドル層からシニア層の渋いメンズに似合う、本格的な雰囲気の財布やバッグが揃っています。

ビジネスシーンにも向いている商品が多いので、働き盛りな男性は是非、注目してみてください。

 

土屋鞄製造所(ツチヤカバンセイサクジョ)

土屋鞄製造所(ツチヤカバンセイサクジョ)

土屋鞄製造所は、老若男女、全ての層の人々に似合う商品が展開されている革製品のブランドです。

老舗ブランドであるため、シニア層の人々も、土屋鞄の製品には馴染みがありますし、ランドセルの製造を行っているブランドなので、早い人では、キッズの頃から愛用しているというケースもあるでしょう。

常にフレッシュな空気感で商品を展開しているところも魅力です。

 

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

ペッレモルビダは、海外のセレブが愛用していそうな、高級感たっぷりの世界観が魅力なのですが、実は日本で誕生した高品質なブランドです。

海や船をモチーフにしたような、ラグジュアリーな商品が展開されており、洗練されていて、垢抜けたファッションを目指したいという大人な男女にピッタリです。

 

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

アニアリは、日本で誕生した、本格的な革製品のブランドです。オーソドックスで使いやすいタイプの商品が多く、カラーバリエーションが異常なまでに豊富、というところも大きな特徴の1つです。

通常のブランドでは、色の種類は多くても4〜5といったところですが、アニアリでは10種類以上のカラーが揃っていることも当たり前なのです。

 

Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

ポールスミスは、イギリスで誕生したブランドです。

気品のあるオシャレを楽しみたい、というシチュエーションに適しており、商品はいずれも、シンプルでありながら、どこかに奇抜なマルチカラーが施されているなど、独特のハイセンスっぷりが魅力となっています。

多くのデパートにインショップとして入っており、オシャレ初心者から上級者になるための登竜門的存在でもあります。

 

ETTINGER(エッティンガー)

ETTINGER(エッティンガー)

エッティンガーは、英国で誕生した、ロイヤルな魅力に溢れるブランドです。

実際、イギリス王室の人々もエッティンガーの商品を愛用しているというほどなので、いかに、信頼のおけるブランドであるかということは、語るまでもないでしょう。

店舗数は少ないのですが、コアなファンが多く、わざわざ東京のショップまで、遠方から足を運ぶ人もいるというほどです。

 

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

ヴィヴィアンウエストウッドは、イギリスの女性デザイナーによって創立された、パンクなファッションブランドです。

日本の芸能界にもファンが多く、漫画のNANAでもヴィヴィアンウエストウッドの商品が小道具として登場するなど、話題性に事欠かないブランドでもあります。

女性人気が高いので、セクシーな雰囲気を演出したいメンズにお薦め。

 

BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

バーバリーは、優雅なチェック柄で有名な、英国のブランドです。

上品な世界観が魅力で、彼女のご両親へ挨拶へ行く…なんていう、緊張するようなシーンにおいても、バーバリーの商品は重宝することでしょう。もちろん、ビジネス向けのアイテムも多数、揃っています。

初心者は、マフラーからデビューしますが、財布やバッグを狙って、上級者にステップアップしたいところでしょう。

 

dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

ダンヒルは英国の超高級ブランドです。サッカー日本代表チームの、オフィシャルスーツを手がけていることでも有名な存在です。

働くビジネスマンであれば、誰もがダンヒルのスーツや、ダンヒルのバッグ、ダンヒルの財布に憧れを抱くことでしょう。

その分、値段も張りますが、確実に威張りを効かせることのできる、パワーのあるブランドです。

 

GLENROYAL(グレンロイヤル)

GLENROYAL(グレンロイヤル)

グレンロイヤルは、スコットランドのブランドです。

ビジネス向けで上品な、革製品が揃っており、クラシカルな雰囲気でありつつも、現代人のニーズに見事にマッチしています。

革そのものが丁寧に染め上げられているため、使えば使うほどに、味わいが出てくるという特徴も持っています。

長年愛用していけるような商品を求めているなら、グレンロイヤルがお薦めといえるでしょう。

 

CYPRIS(キプリス)

CYPRIS(キプリス)

キプリスは、日本で誕生したブランドです。

一般的な知名度は、まだそこまで高くないかもしれませんが、百貨店のバイヤー達の間では有名な存在で、なんと、10年連続でバイヤー達の選ぶ最高の賞を受賞しているというほどです。

上質な革素材の財布やバッグを、似たようなその他のブランドよりも、少しだけ安い価格で購入できるという点が何よりの魅力と言われています。

 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

ボッテガヴェネタは、イタリアのブランドです。

数ある海外のハイブランドの中でも、ボッテガヴェネタは、特に高級感が強い別格な存在。商品の特徴は、なんといっても、ハイレベルな職人達が手作業によって産み出す、独特な編み込みの「イントレチャート」です。

このイントレチャートが施された財布やバッグを持つというのは、セレブにとっても憧れなのです。

 

Bally(バリー)

Bally(バリー)

バリーは、ヨーロッパの中でも珍しい、スイスで誕生しているブランドです。

日本での知名度は、そこまで高くないかもしれませんが、世界的には非常に有名な伝統的ブランドとして知られています。

クールなブラックの地に、赤と白のスイス国旗を思わせるストライプというのが、バリーの王道デザイン。人と差の付くファッションを志したいという人にお薦めです。

 

Berluti(ベルルッティ)

Berluti(ベルルッティ)

ベルルッティは、優雅でラグジュアリーな、究極に洗練された男のためのレザーブランドです。

特徴的なのは、何といっても美しいカリグラフィーでしょう。海外の人が書いた手紙の文字のような雰囲気のデザインが、焼き焦がしたテイストの独特の風合いが魅力のアンティーク調レザーに刻まれているのです。

 

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

ルイヴィトンと言えば、日本では3本の指に入る、大人気海外ブランドの一角を担っているほどの存在です。

ブラウンの地にゴールドの「LV」モノグラムが施されているデザインには、圧倒的な威力があります。

最近では、いかにもでないヴィトン調の新しいデザインも人気となっていますので、様々なバリエーションの中から、好みに合うテイストのものをチョイスしてください。

 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

コーチはニューヨークで誕生した、ファッションのハイブランドです。

落ち着きのあるエレガントなデザインが魅力で、日本では多くのミドル層から支持されています。

ただ、実際のコーチは、著名なデザイナーとコラボ商品を展開するなど、攻めの姿勢を貫いている一面も。ポップで斬新なデザインの財布やバッグも多く揃っているので、隅から隅まで、見逃さないでください。

 

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

グッチは、オシャレセレブ御用達のイタリア発、超高級ブランドです。

ブラックやブラウンのシックなベースに、赤と緑の鮮やかなストライプというのが、グッチの王道らしいデザインです。

ファストファッションに身を包んでいても、1点豪華主義で、グッチの財布やバッグを抱えるというのは、セレブもたしなんでいるスタイルなので、意識してみてください。

 

Saint Laurent(サンローラン)

Saint Laurent(サンローラン)

サンローランは、モード超のクールな世界観が特徴的な、フランス発のエレガント系ハイブランドです。

女性人気も高いブランドで、彼女や奥さんとの共用や、ペアファッションにも向いているといえるでしょう。

一見、無機的な感じもしますが、だからこそ、持つ人の色気が際立つのです。芸能界にも多くのファンを持っているブランドです。

 

Felisi(フェリージ)

Felisi(フェリージ)

フェリージは、明るく爽やかな世界観が特徴のイタリア発なブランドです。

ビジネス向けの商品が多く揃っているのですが、堅苦しい雰囲気は全くありません。

いずれも、ほどよくカジュアルで洗練されているところが魅力で、男女問わず、スーツ姿を垢抜けさせたい!という人にお薦めできます。

 

PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)

プラダは、圧倒的な人気と知名度を誇る、イタリア発のファッションブランドです。

メインターゲットは女性ですが、メンズラインも充実しており、メンズ向け専門のブランドとはまた違う、セクシーな色気をアピールすることができるでしょう。

逆三角のロゴマークが有名ですが、最近は、テイストの違うロゴマークも展開されています。

 

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

フェラガモは、イタリアの伝統的なハイブランドです。

財布やバッグなどのレザーグッズも展開されていますが、元々は、女性向けのエレガントなシューズブランドとして誕生したという経緯があります。

庶民の間では、名前が浸透しきっていない、美味しい存在でもあるので、本物のセレブしか買い求めないブランドという意味でも、お薦めができます。

 

-ランキング・おすすめ・人気
-, ,

Copyright© メンズ財布.com , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.