メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

キーケース ランキング・おすすめ・人気

人気が高くおすすめの革製メンズキーケースブランド40選

更新日:

人気が高くおすすめの革製メンズキーケースブランド40選

人気が高くおすすめの革製メンズ「キーケース」ブランドを厳選しました。

プレゼントでどれにしようか検討している方も、参考にしていただければ幸いです。

 

人気の革製メンズキーケースブランドTOP5

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

欧州産の高級な皮革と、日本人の熟練された技術が、高次元で融合しているブランドです。

世界観としては、まるでダンディーな英国紳士が愛用しているかのような雰囲気となっていますが、それでありながらメイドインジャパンの造りの良さが堪能できるというハイブリットなところが、ココマイスターの最大の魅力です。

キーケースの価格帯は、1万円〜2万円代くらいまでです。様々な革の種類のものが展開されおり、いずれも高級感に溢れています。

 

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

イタリア発のデザイン性が高いお洒落ブランドがこちらのオロビアンコです。

キーケースなどの革小物はもちろんのこと、バッグやネクタイ、腕時計などメンズファッションに関するアイテムなら大抵取り揃えています。

キーケースももちろん人気が高く、ハイブランドでありながら1万円前後と手頃な価格帯もウケています。

 

Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

ポール・スミスは、若い世代の日本人と愛称バツグンな海外ブランドです。

大手デパートであれば、大概どんな店にも入っているというほど、ポール・スミスは、非常に安定感のある市民権を得ているブランドです。

どんなブランドのものを愛用すればオシャレになれるのか、よくわからない…という人は、とりあえずポール・スミスのものを持っておけば大丈夫とすら言われているほどです。

キーケースの種類はとても多く、いずれも1万円〜2万円ほどで、手が出しやすい価格となっています。

 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

海外のハイブランドの中でも、ボッテガ・ヴェネタは、トップクラスに高級なブランドと言えるでしょう。

イントレチャートと呼ばれる、質の良いレザーを美しく編み込んだテクスチャーに特徴があります。編み込みの革小物を使いたいなら、ボッテガを狙ってみるべきです。

キーケースの価格帯は、3万円台後半〜4万円台前半くらいのものが中心です。一般的な財布くらいの価格はしてしまいますが、ボッテガであれば、これくらいの出費は当然と言えるでしょう。

 

CYPRIS(キプリス)

CYPRIS(キプリス)

キプリスは日本発のブランドとして、世界に誇れるような高品質のものを提供しようという高い志を持っています。

実際、ビジネスマン達の間では、圧倒的にコストパフォマンスが良いブランドとして、ネットの口コミサイト等でも、非常に高い評価を獲得しているんですよ!

キーケースの価格については、1万円台のものが中心となっています。

 

まだある!人気の革製メンズキーケースブランド

 

土屋鞄製造所

土屋鞄製造所

国産の質がよい革製品を愛用したいというなら、まずは土屋鞄製造所を覗いてみるべきでしょう。

こちら、1965年から続く老舗でありながら、若者からの高い支持を得ている、オシャレなブランドです。

キーケースは、経年変化が楽しめるヌメ革のものに人気が集まっています。

いずれも1万円を切る価格で入手が可能となっているので、土屋鞄の製品がどんなものであるか、試したいという場合にも最適です。

 

HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

飽きのこない丈夫な革製品を探しているなら、ヘルツを見逃さないでください。

ヘルツの職人が、商品に込める愛情は、ほかのどんなブランドより勝っているといっても過言ではないほどです。

1人の職人が、責任を持って1つの商品に最後まで関わるという、その姿勢には思わず頭を下げたくなってしまうことでしょう。

それでありながら、価格帯は意外にも抑え目なところが魅力。キーケースは3000円台から購入可能です。

 

GLENROYAL(グレンロイヤル)

GLENROYAL(グレンロイヤル)

エッティンガーなどとともに、英国発の人気ブランドの中に名を連ねている、グレンロイヤルをご紹介しましょう。

ブライドルなどの伝統的な皮革を使った、いかにも英国紳士が愛用していそうな、高級感ある雰囲気が魅力となっています。

黒やブラウンなどのシックなカラーが中心というイメージを持たれているかもしれませんが、実は鮮やかなレッド、イエロー、グリーンなどのカラーバリエーションも豊富です。

キーケースの価格帯はおよそ1万円ほどです。

 

ETTINGER(エッティンガー)

ETTINGER(エッティンガー)

エッティンガーは、英国王室の人々も実際に愛用しているという、伝統的な由緒正しき高級ブランドです。

日本のビジネスマンにも愛用者は多く、遠方から本店へわざわざ足を運ぶという人もいるほど、ファンから深く愛されています。

エッティンガーの特徴と言えば、外装の高級な革と、鮮やかな内装のカラーコントラストでしょう。キーケースにも、同様の装飾が施されていますので、あとは、どの色にするかを悩むだけでしょう。

価格帯は2万円台前半です。

 

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

一般的にはそれほど知名度の高くないブランドですが、革製品に対して愛着を持っている人なら、GANZOの名前を必ず耳にしたことがあるはず。GANZOは、そんな「玄人受け」するブランドなんです。

ネットの評判などをチェックしていても、「質で選ぶならGANZO」ということは、常に囁かれています。

キーケースは、オーソドックスなものが中心ながらも、バリエーションはかなり多めとなっています。

価格帯は1万円台後半〜2万円台前半ですよ!

 

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

ヴィトンと言えば、日本の若者がこぞって憧れ、手を伸ばしたがるブランドですよね。本物のファンも多いですが、とりあえずカッコつけたいから、海外のハイブランド品を…と考える人も、まずはヴィトンから狙っていくとうのが王道になっています。

小さなキーケースであっても、いかにもヴィトン!というオーラを放つ、存在感のある商品がきちんと揃えられています!

価格帯は、3万円台後半〜4万円台後半くらいのものが中心となっています。

 

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

日本人で一般常識があれば、グッチの名を知らないという人はいないでしょう。それほど、グッチはブランドの中のブランドとして、威張りを効かせることのできる強い効果を持っています。

バッグや財布だと手が出ないけれど、キーケースあたりからジワジワ、グッチを攻めていきたい…なんて思っている人も多いのではないでしょうか?

キーケースの価格帯は、2万円台後半〜3万円台のものが中心となっています。デザインのバリエーションは、かなり豊富ですよ!

 

BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

海外のハイブランドの中でも、バーバリーは日本人との愛称が最高に良いと言えるでしょう。

ブランド品を身に着けていると、どこか「チャラい」ような印象を人に与えてしまいがちですが、バーバリーの場合は、全くその逆を狙うことができます。フィアンセの両親に会いに行く時にも、バーバリーを身に着けてさえいれば安心でしょう。

キーケースもちゃんとありますが、ブランドとしては、キーチャームの方に力を入れているようなので、こちらも検討してみてください。

 

PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)

プラダと言えば、女性にファンが多いブランドという印象ですよね。ただ、だからこそ、あえて男性がプラダのメンズラインを狙いに行くと、ありがちにならないオシャレを演出することができます。

キーケースは非常に種類が多く、いかにもプラダ!なロゴ全開のものから、さりげなくプラダな、控え目仕様のものまで、幅広く取り揃えられています。

価格帯は3万円台後半〜4万円台後半くらいとなっていますよ!

 

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

英国のブランドというと、王室貴族的な雰囲気の漂う高級感あるイメージを抱く人も多いと思われますが、ヴィヴィアンウエストウッドは、ロックでパンクという、もう1つの英国の側面を派手に爆発させているブランドです。

キーケースのイチオシ商品は、なんといっても、ヴィヴィアンの象徴である、あのロゴマークがバン!と全面に装飾されているもの。シックな革に鮮やかなゴールドのロゴが美しく映えていますよ!

価格は1万円台のものが中心となっています。

 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

コーチは、日本人の幅広い層から高い支持を得ている、安定感のあるブランドです。

特にマダム世代の女性からの支持が厚いので、自分のために…はもちろんのこと、奥さんや彼女へのプレゼント、あるいはペアで愛用するために、コーチのキーケースを狙ってみるというのは、非常に賢明な選択肢であると言えるでしょう。

コーチといえば、Cのモノグラムが有名なので、やはりモノグラムがデザインされているキーケースが気になるところですよね!

 

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

アニアリは、メイドインジャパンに徹底してこだわり、オリジナルで革から開発してしまうという、今時骨太なブランドです。

革の製造まで行っているからこそのアニアリの魅力といえば、それはカラーバリエーションの豊富さでしょう。

革質が良いだけでなく、どんなブランドよりも、豊富な色が揃えられているので、ここに惹かれてアニアリのファンになっているという人も多いんですよ!価格帯については、すべて1万円台で入手可能となっています。

 

IL BISONTE (イル ビゾンテ)

IL BISONTE (イル ビゾンテ)

イルビゾンテは、ファッションに興味のあるオシャレな男女が注目する、イタリアの有名ブランドです。

革製品を専門に取り扱っているブランドだけあって、キーケースだけでも、革の種類といい、色のバリエーションといい、非常に多いので、1つ1つ見て迷うだけでも、かなり楽しい時間を過ごせることでしょう。

1万円を切る値段のものもあるので、恋人へのプレゼントにも最適ですよ!

 

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)

エッティンガーや、グレンロイヤル、などとともに、英国の人気ブランドとして名高いホワイトハウスコックスをご紹介しましょう。

ヴィトンや、グッチや、コーチのように、一目見てホワイトハウスコックスだ!とわかるような要素は薄いですが、質の良い黒の牛革に、白いステッチが美しく映えている…など、ホワイトハウスコックスの商品は、確かな存在感を放っています。

キーケースは、1万円台後半くらいで入手が可能ですよ!

 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

ハイブランドであるかどうかよりも、とにかく革の質にこだわりたいという本物志向の人は、いずれ万双に辿り着く…などと言われています。

実店鋪を2件しか持っていない、こじんまりとした企業ながらも、万双はネットの口コミサイト等で確実に高評価を獲得し、ジワジワとその評判を広めています。

キーケースは1万円前後のものが中心です。品薄状態が続いている様子もありますが、こまめに覗いていれば、目当てのものをゲットできることでしょう。

 

dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

ダンヒルは、日本のビジネスマン達が強く憧れる、英国の超高級ブランドです。サッカーの日本代表がオフィシャルスートとして、ダンヒルのスーツを着ていたことでも話題となりました。

キーケースと言えど、手が出ない価格なのでは…!?と身構えてしまいそうになるかもしれませんが、最も高価なものでも、32,400円となっているので、ダンヒルデビューを狙うなら、この辺りから攻めてみるのが良いでしょう。

 

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

ソメスサドルは、北海道で馬具の製造を行っているメーカーです。

本来、馬具のために使用するような、堅牢で質の良い革を使って革製品を作っているので、お目の高いファッション通な人々から、常に熱い注目を集めています。

キーケースは、ブライドルを使ったものや、ベジタブルタンニンレザーを使ったものなどがあり、価格帯は1万円台となっています。

 

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

豪華客船の旅に連れていきたくなる革製品、という一風変わった独自のコンセプトを持ち、展開しているブランドです。

イタリア産まれの雰囲気を持っていますが、ペッレモルビダは、国産のブランドになります。キーケースについては、以前から期待が高まっていて、2016年にようやく販売が開始されることとなりました。

価格帯も1万円台が中心と、お手頃なので、一見の価値アリです!

 

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)

革製品のマニアを唸らせるほどの、国産本格志向ブランド、ワイルドスワンズからもキーケースが発売されています。

上質な革の質感だけでなく、独特の流曲線があしらわれたフォルムにも魅力を感じてください。

価格は1万円台のものが中心となっています。クリスペルカーフや、シュランケンカーフ、クロコなど、種類も豊富ですよ!

 

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

イタリアのブランドでありながら、お手頃価格で若いビジネスマンからも人気のオロビアンコ。

そんなオロビアンコのトレードマークと言えば、イタリア国旗を模した3色のリボンですが、そんな3色のアクセントが、キーケースの場合は、フロント部分の革に3色のステッチとして施されていたりするんですよ!

価格帯は1万円前後となっています。革製品デビューをするのにも手頃な商品ですよね。

 

Felisi(フェリージ)

Felisi(フェリージ)

上品な世界観と革の質に定評のあるフェリージからも、キーケースが発売されています。

それぞれ、デザインな大きな差はありませんが、微妙に、革の種類や加工の具合などが違うため、丁寧に比較検討してみてください。

カラーバリエーションも地味にパターンが多いので、真剣に購入するとなると、実際、どれにしようか、悩む楽しみを味わえることでしょう。

価格帯は1万円台後半が中心となっています。

 

ARMANI(アルマーニ)

ARMANI(アルマーニ)

アルマーニと言えば、ビジネスマン達からホストまで、世の男性達が皆、こぞって憧れる超高級ブランド…といったイメージが強いでしょう。

しかし、最近ではエンポリオアルマーニになど、若者でも手を伸ばしやすいラインが展開されているので、アルマーニといっても、すっかり親しみやすいブランドとなっています。

キーケースに関しては、ジョルジオアルマーニだと3万円台のもの、エンポリオアルマーニだと1万円台のものが中心となっています。

 

DIESEL(ディーゼル)

DIESEL(ディーゼル)

アメカジっぽいカジュアルな世界観でありながらも、実はイタリアのブランドというオシャレなDIESELのキーケースに注目してみるのは、いかがでしょうか?

商品にもよりますが、基本的にDIESELは、価格帯がリーズナブルなもの中心なので、若者でも手を伸ばしやすいでしょう。

キーケースは、1万円未満であっても、ほとんどの商品が入手可能となっています。

 

Saint Laurent(サンローラン)

Saint Laurent(サンローラン)

シックで、モードっぽい雰囲気の漂うサンローランのキーケースには高級感があり、実際にお値段もお高めとなっています。

キーケース全体の相場からすると、ひとまわりほど高い3万円台〜4万円台のものが中心となっていますが、サンローランは、芸能人にも愛用者の多いセレブ仕様なブランドですので、これくらいの価格設定は当然と言えるでしょう。

「YSL」のロゴがあしらわれているものや、ロゴが文字で刻印されているものなど、いくつかバリエーションが存在しますが、カラーは基本的に黒一色のようです。

 

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

フェラガモと言えば、イタリアの高級ブランドですが、女性ファンが多いため、キーケースも、メンズよりはレディースのものが中心で展開されています。

ただ、ブラックやホワイトなど、ユニセックスな色を選べば、男性でも違和感なく使えますし、メンズ向けの商品も少数ではありませんが、製造が行われています。

価格帯は3万円台後半となっています。カップルで愛用するのにも適しているブランドであると言えるでしょう。

 

Cartier(カルティエ)

Cartier(カルティエ)

カルティエと言えば、リングなどのジュエリーが人気となっているブランドですよね。ですが、あえてそんなカルティエの革小物を自分で使う、あるいは誰かにプレゼントをするって、上級者の楽しむオシャレという感じがすることでしょう。

価格帯は3万円台のものが中心です。公式サイトでは手に入らないかもしれないので、各種通販サイトなどを覗いてみてください。

 

JIMMY CHOO(ジミー チュウ)

JIMMY CHOO(ジミー チュウ)

星型のスタッズがトレードマークのジミーチュウは、流行に敏感な人であれば、一目見ただけでブランド名を把握できるはずなので、アイテムとして1つ持っておくと、ファッション通な気分を味わうことができるでしょう。

価格は4万円台と、かなりお高めですが、芸能人にもファンが多い「憧れのブランド色」の強いジミーチュウなので、ここは出費を惜しまずにいきましょう。

 

TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)

ビジネスバッグの世界で圧倒的な人気を誇るTUMIですが、実はキーケースも販売されています。

TUMIのキーケース自体に特別愛着を持っている人がいる…ということではなく、ビジネスバッグのクオリティが非常に高いが故、それならばセットでキーケースもTUMIにしておこうか、という人が多いです。

価格帯は1万円前半で、使い勝手の良いシンプルな雰囲気が魅力です。

 

Calvin Klein(カルバンクライン)

Calvin Klein(カルバンクライン)

デパートなどで、気軽に購入できるブランドである上に、上品で女性受けも良く、価格帯が手頃!という若者向けの魅力を持ったブランドです。

ボクサーパンツや香水のイメージが強いですが、1万円前後で入手可能なキーケースにも注目するべきでしょう。

スマートキーに対応している商品もあるなど、品数はわりと豊富です。

 

HUNTING WORLD(ハンティングワールド)

HUNTING WORLD(ハンティングワールド)

ハンティングワールドは、かつてバブルの頃に一世を風靡していますので、50代〜60代くらいの世代の人間にとっては、たまらなく「憧れ感」の強いブランドであると言えるでしょう。

そんなハンティングワールドが今また、若者の間でブームとなりつつあります。キーケースの価格帯は3万円台です。

ハンティングワールドらしい、いかにも!なデザインのものが多いですので、注目するべきでしょう。

 

MCM(エムシーエム)

MCM(エムシーエム)

MCMは、ヴィトンのように大胆に施されるモノグラムがブランドのトレードマークとなっていますが、これをバッグや財布でやろうとしてしまうと、かなり値段も張ってしまうんですよね…。

MCMを持っている!という気分を味わいたいけれど、そこまで経済的に強気でもいられないし…という人は、キーケースを狙ってみるべきではないでしょうか!

価格帯は2万円〜3万円くらいとなっています。

 

LOEWE(ロエベ)

LOEWE(ロエベ)

スペイン王室御用達のロエベは、奇抜なデザインやカラーリングが特徴のブランドですが、キーケースのラインナップは、比較的シンプルで、誰も使いやすい雰囲気となっています。

ロゴの刻印が、1つかそれとも、全体に配置されているかの2択といったところでしょう。

歴史と伝統のあるブランドですので、品質の良さについては絶対であり、間違いがありません!

 

Bally(バリー)

Bally(バリー)

バリーは、ヨーロッパの中では珍しい、スイスのブランドです。

キーケースは、種類こそ少ないですが、シンプルで使い勝手の良い上質なものが28,000円ほどで販売されています。

いわゆるキーケースではなく、チャームのついたキーホルダー的な商品

 

Berluti(ベルルッティ)

Berluti(ベルルッティ)

ベルルッティと言えば、世界中のセレブや芸術家達に愛されている超高級ブランドです。

顧客には、あのピカソやアンディーウォーホルなどの名前もあったといいますから、驚きですよね!革を焦がしたかのような美しい色ムラや、独特の異国情緒溢れるカリグラフィーの施されたテクスチャーが魅力で、バッグとなると数十万円ほどもする、本物の高級品になります。

キーケースの価格帯は8万円ほどで、こちらも相場からするとかなり高価ですが、一見の価値はあります。

 

Dior(ディオール)

Dior(ディオール)

クリスチャンディオールは、女性向けのファッションブランドですが、ディオールオムというメンズラインも登場しているので、男性でも違和感なく楽しむことができます。

公式サイト上にて、正式に「メンズキーケース」としての取扱があるわけではありませんが、小型のオーガナイザーという形で、コインやキーや紙幣などを入れることのできるアイテムが販売されています。

レディースであれば、各種通販サイトで豊富にキーケースを見つけることができるでしょう。

 

 

-キーケース, ランキング・おすすめ・人気
-, , , , ,

Copyright© メンズ財布.com , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.