メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

ランキング・おすすめ・人気

40代におすすめ!人気のメンズ財布ブランド18選

更新日:

 

40代におすすめのメンズ財布ブランドを厳選しました。

厳選のポイントは40代らしい「落ち着いた大人」を感じさせるブランドです。

それではご覧ください。

 

40代におすすめな人気ブランドTOP5

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

英国紳士のような、気品あるエレガントな雰囲気を目指したいなら、ココマイスターの財布に注目してみてください。

40代のスーツスタイルなビジネスマンによく似合う、使い勝手の良い、絶妙なアイテムの数々が展開されています。

革の種類や、カラーバリエーションなども、選択肢が多く、必ず気になる商品が見つかるはず。

ヨーロッパの高級な皮革と、日本の職人の高度な技術が掛け合わさった、最高級品質の財布を、その目で確かめてみてください。

 

FUJITAKA(フジタカ)

FUJITAKA(フジタカ)

国産ブランドでありながら、雰囲気はヨーロッパ…というブランドが最近は多くなってきていますが、FUJITAKAは、日本古来の伝統的な美を追求しているブランドです。

特に40代を迎え、周囲の人に落ち着いた印象を与えたい…、と考えているビジネスマンの方に、FUJITAKAは最適な選択肢であると言えるでしょう。

老舗ブランドなので、信頼度は抜群。価格帯も高過ぎず、安過ぎないので、安心して購入することができます。

 

dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

ビジネスマンとして、男の中の男でありたい!と考えるなら、ダンヒルのチェックを欠かさないでください。

20代〜30代のフレッシュな男性が使っていると、生意気感が強まってしまうかもしれませんが、40代からであれば、ダンヒルの財布はバッチリ、本人の持つ魅力と融合することでしょう。財布の価格帯は5万円台くらいです。

イタリア製の上質な品が手に入りますので、ネームバリューを意識しないという人でも、是非。

 

TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)

日本のビジネスマンは、ビジネスバッグや財布を検討する時、ファッショナブルであるかどうかよりも、機能性が充実しているかどうかを最優先して考える傾向がありますよね?そんな、典型的な日本のビジネスマン達から、今、圧倒的な支持を得ているのが、TUMIなんです。

TUMIのファンになる人は、まずビジネスバッグから入ることが多いでしょう。そして、財布にも魅せられ…結果的にセットで購入、というパターンが多いようなので、ビジネスバッグにも併せて注目してみてください。

 

HUNTING WORLD(ハンティングワールド)

HUNTING WORLD(ハンティングワールド)

年上の上司に気に入られたい!上層部の人々に、注目されたい!なんて考えているビジネスマンは、ハンティングワールドの名前を覚えておいた方が良いでしょう。

こちらは、90年代のバブル気に、日本で一世を風靡したブランドなので、50代〜60代の男性は、ロゴマークを見ただけでも確実に「おっ!」と反応するはずなのです。

財布のブランドがどこか…というだけで昇進が決まったり、取引が成立したり…ということは、さすがにないにしても、良い印象を持たれるということは大事ですよね?

 

まだある!40代におすすめな人気ブランド13選

土屋鞄製造所

土屋鞄製造所

老舗ブランドでありながら、流行の最先端を行き、若者達の心をも虜にしているという、非常に美味しいポジションをキープしているのが、土屋鞄製造所です。

上品で、お利口さん、というような印象を与えられる上、本物志向であることもアピールできるブランドなので、40代の男性が愛用していたら、若い女性とも話が合うはず。非常に手堅い選択肢ですよ!

シックな黒も良いですが、革製品の良さを感じられる「ヌメ」本来のカラーに注目してみてください。

 

BREE(ブリー)

BREE(ブリー)

BREEは、ドイツのブランドなのですが、海外ハイブランド特有のネームバリューを狙って、このブランドに辿り着く…という人は、稀かもしれません。そうではなく、BREEは、本物の革製品愛好家達から注目されるブランドなのです。

特に、顕著な経年化を楽しめる、淡い色のヌメを使った商品に人気が集まっており、使い込むほどに、自然と深まっていく色や風合いに、マニアはたまらないフェチズムを感じるといいます。

 

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

ペッレモルビダは、地中海でのクルーズや、豪華客船の旅を思わせる雰囲気のブランドなので、イタリア産?と思っている人も多いかもしれませんが、実は、正真正銘、日本発の国産ブランドなんです。

オトナっぽい、エレガントな空気感を持ったアイテムが中心なので、40代の男女に、とてもよく似合うことでしょう。船底のような、流曲線があしらわれた独特のフォルムにグッと来るものを感じる人は、迷わず購入してみてください。

大手デパートの店頭などでも、よく見かけるブランドとなっています。

 

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

ソメスサドルは、他とは一線を画す、馬具メーカーによる革製品のブランドです。北海道で、馬具を製造しつつ、財布やバッグなどの開発を行っているという、特殊な肩書きを持っています。

デザインは、シンプルかつ王道で、革の持つ本来の表情が主役となっているようなアイテムを楽しむことができます。

知名度があり過ぎず、好き嫌いが分かれることもないので、プレゼントにも最適ですよ!

 

Dakota BLACK LABEL(ダコタ ブラックレーベル)

Dakota BLACK LABEL(ダコタ ブラックレーベル)

ダコタは、女性向けのアパレル企業から誕生した革製品のブランドなのですが、2000年以降は、ブラックレーベルを立ち上げ、男性向けの商品開発にも力を入れています。

ダコタの革は「とても柔らかい」というのが、定評となっています。丈夫で長持ちするため、コスパも良いと言われていて、男女問わず、多くのファンを獲得しています。

カップルで愛用できる財布を探しているという人にも、是非!

 

Berluti(ベルルッティ)

Berluti(ベルルッティ)

ベルルッティは、本物を知っている、違いのわかる男が愛用する、超高級ブランド、といったイメージです。

知名度は、そこまで高くないので、ベルルッティの財布を持っていたとしても、「あっ!それって、ベルルッティの…」というように、気づいてもらえることは少ないかもしれませんが。ただ、その独特の美しさに魅せられる人は多いようで、ブランド名を知らない人でも、「その財布、綺麗ですね、どこのですか?」と尋ねてくるほどだといいます。

価格帯は10万円超えのものもあるなど、とにかく高級ですが、一生モノを探しているなら、是非。

 

ARMANI(アルマーニ)

ARMANI(アルマーニ)

アルマーニといえば、イタリアミラノ発の高級ブランドですが、最近は、若者でも手を伸ばせるような、エンポリオ・アルマーニも台頭してきているので、親しみやすいイメージも同時に獲得しているブランドと言えるかもしれません。

男らしいブランドなので、女性受けよりも、同期の男性や、後輩の男子達からの受けを狙いたいなら、アルマーニの財布に注目してみると良いでしょう。

人と差をつけたいなら、本家のジョルジオ・アルマーニを狙うべきですよ!

 

Saint Laurent(サンローラン)

Saint Laurent(サンローラン)

40代からの色気あるオシャレを、どう楽しもう…と考えている人に、サンローランは絶妙な選択肢であると言えるでしょう。

サンローランは、フランスのパリで誕生した、歴史のあるブランドで、50代、60代からの支持も熱いので、40代のうちからアイテムを揃えていく…って、非常に賢明なんです。

財布は、5年、10年と使って、味を出していくものでもありますので、サンローランデビューを狙うなら、今!といったところではないでしょうか?

 

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

フェラガモは、海外のハイブランドの中でも、高級過ぎて手が出ない…!というイメージを持たれているブランドの1つかもしれませんね。

ただ、財布の場合、10万円も20万円もする…ということはなく、およそ5〜6万円ほどで、入手可能なので、かなり狙い目です。

女性受けのいいブランドなので、社内の女子社員達から注目を浴びたい、という人は、フェラガモの財布をスッと…内ポケットから取り出してみると良いでしょう。

 

Dior(ディオール)

Dior(ディオール)

クリスチャン・ディオールは、半世紀以上に渡って、一流のポジションをキープし続けてきた、本物の高級ブランドです。

基本的に知名度は抜群なのですが、本当のオシャレポイントは、「最近メンズラインが誕生した」ということを知っているかどうか、でしょう。

「ディオールの財布って、男の人でも使うんですね」と突っ込まれた際に、「ディールって、最近、メンズもあるんだよ」なんて、サラリと言えるかどうか、そのあたりがモテ男への鍵となってくることでしょう。

 

HERMES(エルメス)

HERMES(エルメス)

エルメスは、人気、知名度ともに抜群の、本物の高級ブランドです。基本的に女性向けのブランドではありますが、男性がエルメスの財布を使っていると、色気をアピールすることができるので、落としたい女性がいるという人や、部下の女性達にモテたい、という人は、狙ってみると良いでしょう。

エルメスは、財布であっても、10万円台、20万円台なんて、当たり前であり、さらにそのことは、広く知られている事実でもあります。

エルメスの財布を使っていれば、金銭的に余裕があるオトナである、ということをアピールすることができますよ!

 

LOEWE(ロエベ)

LOEWE(ロエベ)

海外のハイブランド財布を使いたがる男性は多いですが、その中でも、ロエベをチョイスする男性は、ファッションに対して、強いこだわりを持っている人です。

スペインの王室からも正式に御用達として命名されているので、伝統的なブランドではあるのですが、そのデザインセンスは、かなり奇抜…!使う人を選ぶ、超個性的なブランドなので、自信があるという人は、思い切ってチャレンジしてみるべきでしょう。

価格帯は、6万円〜8万円くらいとなっています。

 

Calvin Klein(カルバンクライン)

Calvin Klein(カルバンクライン)

カルバン・クラインの財布を購入しよう、という人は、普段から異性にモテている男性なのではないでしょうか?

色気たっぷりの香水や、ボクサーパンツなどでメジャーとなっているブランドなので、女性はカルバン・クラインの名前を耳にすると、自然と過去のセクシーなシーンを思い浮かべることが多いはず。

価格帯が非常にリーズナブルというところも魅力ですよ。

 

-ランキング・おすすめ・人気
-, ,

Copyright© メンズ財布.com , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.