メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

メンズバッグ ランキング・おすすめ・人気

7万~8万~9万円ぐらいで選ぶメンズバッグ・鞄ブランド15選

投稿日:

 

7万~8万~9万円ぐらいで選ぶメンズバッグ・鞄ブランドを厳選しました。

 

7万~8万~9万円のメンズバッグ・鞄ブランド

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

ガンゾは、革製品に対して深いこだわりを持つ、ツウなメンズが好むようなブランドです。

質で選ぶならガンゾ、というフレーズをマニアなら一度は耳にしたことがある、という具合です。

バッグを選ぶ時、安易にブランドネームに吸い寄せられて決定したくはない、という人にオススメ。

きちんと上質な革製品を選びたい、良心的な価格設定のブランドで選びたい、という意志の強い人と相性の良い存在です。


 

【yuhaku】

【yuhaku】

ユハクのバッグは、芸術的な感性の鋭い人にオススメしたいブランドです。

独特の色彩感覚が魅力的で、美しく焼け焦げたようなグラデーションには、透明感があり、特別な気分に浸らせてくれることでしょう。

優れた染色技術には、海外からも注目が集まっているほど。出会った瞬間、一目惚れして購入していく人も多いような存在です。

予算が10万円ほどあれば、エレガントなバッグを購入することができます。


 

TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)

圧倒的に機能性に優れたバッグを求めているということなら、TUMIで商品を探してみてください。

TUMIのバッグに使い慣れてしまうと、もうその他のバッグには移行できなくなってしまうのではないか…というくらい、充実しているので、出張が多いビジネスマンや、ガジェット類、精密機器類を持ち運ぶ機会の多いメンズには特にTUMIがオススメできます。

価格帯もわりとリーズナブルです。


 

IL BISONTE (イル ビゾンテ)

IL BISONTE (イル ビゾンテ)

イルビゾンテは、イタリアで誕生した本格的な革製品ブランドです。

オシャレで洗練されているイメージであり、ファッションや流行に敏感な若者達からも高く支持されています。

クオリティが高いのに価格帯はリーズナブルなので、かなり狙い目。予算が10万円近くあれば、イルビゾンテなら相当贅沢な仕様のバッグを入手することができるはずです。


 

土屋鞄製造所

土屋鞄製造所

日本製の優れた品質のバッグを手に入れたいのであれば、土屋鞄がオススメできます。

老舗ブランドなのですが、古臭いイメージは一切なく、むしろ常に最先端で洗練された印象のバッグが揃っています。

耐久性のことや、機能性のことについてまで、深く考え抜かれた商品が多いので、是非、商品を隅から隅までチェックしてみてください。

7、8、9万円の予算があったら、楽しくショッピングできることでしょう。


 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

海外のハイブランドバッグを入手したい…と思ったら、10万円以上は絶対に必要になってきてしまいますが、コーチなら、7万円〜9万円くらいでも充分に高級感のあるバッグを購入することができます。

そのため、コーチに対する日本人の愛情の深さは絶大で、街でもよくコーチのバッグを見掛ける機会があるでしょう。

デザインのバリエーションも豊富なので、隅から隅までチェックしてみてください。


 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

職人がこだわって生み出す、本格的な革製品に出会いたいという欲求がある人は、万双でバッグを探してみてください。

チャラチャラしたようなブランドとは一線を画す、本当に重厚感のあるバッグに出会うことができるでしょう。

ブライドルやコードバンといった有名な人気素材の他、万双ではオリジナルで皮革素材を開発してもいます。

実店舗が少ないため、人とかぶる心配がないのも魅力的なポイント。


 

Felisi(フェリージ)

Felisi(フェリージ)

フェリージは、予算10万円以内で贅沢なビジネスバッグを探しているという人にオススメできる、イタリアのブランドです。

ハイブランド過ぎるバッグだと嫌味になってしまわないか心配…という人でも、フェリージなら爽やかなイメージなので、安心できることでしょう。

フェリージの特徴は異素材をミックスして商品を作り出すのが得意、ということです。

レザーに高級感のあるナイロンを組み合わせたバッグがオススメです。


 

STEFANOMANO(ステファノマーノ)

STEFANOMANO(ステファノマーノ)

ステファノマーノは、イタリアの高級ブランドです。

最高峰と言われているタンナーの中でも、さらに選び抜かれたAランクの素材しか使わない、というほどクオリティにこだわっているブランドなので、見る目のある人は確実に反応することでしょう。

欧州産の高級外車で使われているハンドルのように、グリップ感が素晴らしい!と評価されているので、手提げスタイルのバッグを狙ってみてください。


 

Daniel&Bob(ダニエル&ボブ)

Daniel&Bob(ダニエル&ボブ)

イタリアのダニエルボブは、職人気質の強いブランドです。

たとえ、商品の価格が高くなってしまったとしても、手縫いでこだわり抜いたバッグを提供したいというプライドを持ち、それを貫いているので、クオリティの高さは天下一品!国内外に多くのファンが存在しています。

メジャー過ぎるブランドではないため、ツウであることをアピールするのにも向いていると言えます。


 

FUJITAKA(フジタカ)

FUJITAKA(フジタカ)

フジタカは、確かな仕事ぶりを見せてくれる、メイドインジャパン品質の楽しめる老舗ブランドです。

安心できるバッグを長年に渡って使っていきたい、と思うのであれば、フジタカはまさにオススメできるブランドです。

特徴的なのは、独特の豊かな色彩感覚に溢れているということ。他では見掛けないような色のバッグに出会うことができるので、興味がある人はさっそくチェックしてみてください。


 

Bally(バリー)

Bally(バリー)

バリーのイメージは、都会的で垢抜けています。

どこの国のブランドなの?ということが気になっている人も多いかもしれませんが、バリーはスイスのブランドです。

特徴的なのは、ブラックのボディに赤と白のストライプが施されているということ。

これが、バリーの王道デザインになります。最近では、バッヂをあしらったようなポップなテイストのものも揃っているので、チェックしてみてください。


 

FARO(ファーロ)

FARO(ファーロ)

ファーロは、純日本産のブランドです。

海外のハイブランドに飽きてしまった…という革製品マニア達が、こぞってファーロに注目していると言われているので、まだ未チェックだったっという人は、この機会に知っておいてください。

ファーロは、超薄型の財布を開発していることでも有名です。せっかくなら財布とセットでビジネスバッグを購入してみてください。


 

LAST CROPS(ラストクロップス)

LAST CROPS(ラストクロップス)

ラストクロップスは、革製品に対して質の高さを求める人々が最後に行き着くような、究極のブランドであると評価されています。

日本で誕生した革製品ブランドの中でも、最高ランクの品質を楽しむことができるので、お目の高い人は見逃せないことでしょう。

直営店が少ないため、人とかぶる心配がない…という意味においても、ラストクロップスは特別感のあるブランドです。


 

BREE(ブリー)

BREE(ブリー)

ブリーのバッグを愛用している人は、「ヌメ革」の魅力に取り憑かれている、本物の革製品マニアというケースがほとんどでしょう。

ナチュラルな色の革が、使い込むに連れて、自分好みの味わい深いテイストに変化していく様を是非、ブリーのバッグで堪能してみてください。

良心的な価格帯で展開されているブランドなので、予算が7〜9万円くらいあれば、相当に贅沢な仕様のものが手に入るはずです。

 

-メンズバッグ, ランキング・おすすめ・人気
-, , , ,

Copyright© メンズ財布.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.