メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

ランキング・おすすめ・人気

革ウォレット(メンズ)のおすすめ人気ブランド39選

投稿日:

 

革ウォレット(メンズ)のおすすめ人気ブランドを厳選しました。

 

革ウォレット(メンズ)

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

紳士っぽい、オーソドックスでクラシカルな財布を求めているのなら、ココマイスターから覗いてみるのがお薦めです。

ココマイスターは、ここ数年で一気に売上を伸ばしている大注目のブランドなのです。

ヨーロッパから厳選してきている皮革の種類もとにかく多いので、お気に入りのものを見つけやすいことでしょう。

 

Hallelujah(ハレルヤ)

Hallelujah(ハレルヤ)

ハレルヤは、日本で誕生した革製品の専門ブランドです。

本拠地は、モノづくりの本場、大阪の南堀江です。ハレルヤ以外にも、数多くの人気ブランドがひしめきあっているエリアです。

シンプルで無駄のないデザインや、明るくポップなデザインなど、使いやすいテイストの機能的な財布を、リーズナブルな価格で入手することが可能です。

 

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

ガンゾは、国産の優良品質な財布を入手することのできるブランドです。

ヴィトンやグッチなど、大人気海外ブランドに走る人が多い中、こだわりの強い、マニアックなブランドに手を伸ばしたいと考えるマニアックなメンズは、ガンゾで商品を選ぶ傾向にあります。

商品の種類も多く、ツウな大人を納得させてくれるブランドです。

 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

万双は、東京にしか実店舗を持たない、幻のような存在のブランドです。

しかし、その人気は、ネットなどを中心に、確実に高まっており、職人のこだわりが詰まった、希少価値の高い手作り財布を求めて、お目の高いメンズが次々に注目しているというわけです。

重厚感の渋いテイストで、ミドル層、シニア層にも受けています。

 

HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

ヘルツは、いわゆる革製品らしい革製品を生み出している、マニア御用達のブランドです。

商品は、ディテールが凝っていることもあり、芸術品のような独特の存在感を持っていて、アーティスティックな感性を持つ大人の男女から、高い支持を得ています。

大人カワイイ雰囲気を演出するのにも向いています。

 

CYPRIS(キプリス)

CYPRIS(キプリス)

キプリスは、日本で誕生した、上品な革製品ブランドです。

一般的な知名度の高さは、そこまでではありませんが、百貨店バイヤー賞を、10年連続で受賞するなど、知る人ぞ知る、実力派のブランドなのです。

コスパの良さで選ぶならキプリスというフレーズも、マニア達の間で合言葉のようにささやかれています。

 

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

アニアリは、徹底して国産であることにこだわっている、職人の思い入れがとにかく強いブランドです。

素材を厳選しているのはもちろん、定番の商品も、定期的にグレードアップを繰り返すなど、とにかく上昇志向が強いという特徴を持っています。

カラーバリエーションが異常なまでに豊富というところも魅力的なポイント。

 

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

オロビアンコは、イタリアで誕生した、ビジネスマン向けのカジュアルなブランドです。

遊び人の多いイタリアらしい、華やかで明るい世界観が魅力となっており、若い世代の男性から圧倒的な支持を得ています。

価格帯もリーズナブルなので、海外ブランドなのにお得感が強いというところもポイント。

 

GLENROYAL(グレンロイヤル)

GLENROYAL(グレンロイヤル)

グレンロイヤルは、ブリティッシュメイドの、上品でクラシカルな革製品を楽しむことのできるブランドです。

英国といえば…の、有名なブライドルレザーの財布も、多数揃っているので、ブライドルの、あのアンティーク調な質感が好きだ、という人は、グレンロイヤルで商品を探してみてください。

 

土屋鞄製造所

土屋鞄製造所

グレンロイヤルは、ブリティッシュメイドの、上品でクラシカルな革製品を楽しむことのできるブランドです。

英国といえば…の、有名なブライドルレザーの財布も、多数揃っているので、ブライドルの、あのアンティーク調な質感が好きだ、という人は、グレンロイヤルで商品を探してみてください。

 

ETTINGER(エッティンガー)

ETTINGER(エッティンガー)

英国で誕生したエッティンガーは、イギリス王室の人々も愛用しているという、伝統的な老舗ブランドです。

コアなファンが多く、実店舗が少ないながらも、わざわざ遠方から訪れる人もいる、とのこと。

ダークな色のブライドルレザーに、鮮やかなイエロー、パープル等の内装、というスタイルが王道になっています。

 

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)

英国で御三家と言われている革製品ブランド、その一角を担うのが、ホワイトハウスコックスです。

気品溢れる雰囲気で、大人への第一歩を踏み出すタイミングで購入していくという人も多いようです。

発色の良いレザーに、鮮やかなステッチというテイストで、クラシカルでありつつも、日々のテンションを上げてくれるような財布が揃っています。

 

dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

ダンヒルは、言わずと知れた英国の超高級ブランドです。

世界的にも有名で、いつかはダンヒルのスーツを着て、ダンヒルのバッグを持って、ダンヒルの財布を使いたい…、と憧れている若いビジネスマンも多いはず。

エグゼクティブな、デキる大人の男性に似合う、いわゆる本格志向のブランドです。

 

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

北海道で馬具の製造を行いつつ…という、他とは毛色の違うスタイルで革製品の製造を行っているのが、ソメスサドルです。

ユニセックスなブランドで、シンプルかつ上品、そして、少しだけ独特なテイストが漂っているという、ハイセンスなバッグや財布を展開させています。

馬に思い入れのある人にも向いているブランドです。

 

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

ペッレモルビダは、日本で誕生した、コンセプチュアルな革製品ブランドです。

いわゆる革製品っぽい革製品というよりも、垢抜けたい大人の男女が、さりげなくファッションに合わせて満足できるような、洗練された空気感の財布やバッグが揃えられています。

豪華客船の旅に出掛けたくなるような、セレブチックな世界観が魅力です。

 

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)

ワイルドスワンズは、日本の高級革製品ブランドです。

ハイブランドですが、チャラチャラした感じは一切なく、とにかく質の高さで勝負している感じがマニアに受けています。

ワイルドスワンズの商品は、丈夫で壊れにくいという点が最大の魅力であり、かつ、独特のエレガントな流曲線なども特徴的。

 

Berluti(ベルルッティ)

Berluti(ベルルッティ)

ベルルッティは、数ある高級ブランドの中でも、トップクラスに高級な、本物のセレブのためのブランドです。

焼き焦がしたかのような、独特の味わいあるグラデーションの効いたレザーに、異国チックなカリグラフィーというのが、王道のスタイル。

まるで芸術品のような美しさが、1つ1つの商品にオーラとして漂っています。

 

Felisi(フェリージ)

Felisi(フェリージ)

上品で洗練されている、イタリアのブランド、フェリージは、若い世代のビジネスマンに圧倒的にお薦めできる、ブランドです。

海外発のブランド、というと、どうしてもチャラチャラ、ギラギラしたようなイメージがつきまといますが、フェリージは、爽やかでどこまでも好感度が持てるのです。男女問わず愛用できる点も魅力的。

 

ARMANI(アルマーニ)

ARMANI(アルマーニ)

アルマーニは、イタリアで誕生した、高級ブランドです。

鷲のロゴマークが有名で、いわゆるハイブランドと言えば…的な感じで、世間から認知されている知名度の高い存在。

最近では、エンポリオアルマーニなど、廉価版の路線も人気になっていて、ますますメジャーになっている、安定感のあるシックでエレガントなブランドです。

 

DIESEL(ディーゼ

DIESEL(ディーゼル)

カジュアルな雰囲気なのに、しっかりと高級感があり、セレブが休日に愛用していそうなブランドと言えば、ディーゼルです。

アメカジっぽいテイストに感じられるかもしれませんが、実際はイタリアで誕生しています。

デニム生地を巧みに取り入れたアイテムを開発するのが、ディーゼルの得意技。

 

Saint Laurent(サンローラン)

Saint Laurent(サンローラン)

サンローランは、とにかくシックでエレガント、かつ洗練されたモード系の空気感が漂っているフランスの老舗ブランドです。

ブラックにシルバーという、単調なモノトーンの世界観で展開されているのですが、これが、ファション上級者の感性にマッチするのです。

芸能感にもファンが多い、特別感のあるブランドです。

 

Cartier(カルティエ)

Cartier(カルティエ)

カルティエと言えば、有名なのは、指輪などのアクセサリーでしょう。ジュエリー系のブランドとして認知されているだけに、カルティエの財布をあえて使うというのは、「その手があったか!」というような、ハイレベルなセンスを演出するのに最適です。

女性ウケも良いので、話題作りのキッカケにもなるブランド、と言えるでしょう。

 

Dior(ディオール)

Dior(ディオール)

ディオールは、世の女性達がこぞって憧れる、フランスの上品なハイブランドです。

財布のブランドというよりも、化粧品や、香水のイメージを持っている、という人の方が多いかもしれませんね。

だからこそ、そんなディオールの財布を使うというのは、穴場のオシャレを狙っている感があってお薦めできるというわけです。

 

JIMMY CHOO(ジミー チュウ)

JIMMY CHOO(ジミー チュウ)

ジミーチュウは、無国籍感の漂う、不思議な世界観が魅力となっている、今、若者に超人気のハイブランドです。

ブラックのベースにシルバーのスタースタッズというのが、王道のデザイン。

これを基調としつつ、バリエーションも多く展開されていて、ジミーチュウらしいバッグや財布には、多くの人が憧れを抱いています。

 

Calvin Klein(カルバンクライン)

Calvin Klein(カルバンクライン)

カルバン・クラインは、アメリカで誕生した、セクシーなブランドです。

ボクサーパンツや、香水のイメージが先行しているかもしれませんが、実は財布やバッグなどの革製品も、揃っているのです。

メンズが主流のブランドですが、女性ウケがとにかく良いですし、キレイ目系のファッションにも合わせやすいので、お薦めです。

 

HUNTING WORLD(ハンティングワールド)

HUNTING WORLD(ハンティングワールド)

アメリカで誕生したブランド、ハンティングワールドは、日本で、バブルの時代に大流行したという過去を持っています。

ただ、時代は巡り、今また、若者の間で大ブレイクの兆しを見せているという段階にあるので、是非、注目してみてください。

ポイントは、コロンとしたアースカラーのボディに、象のロゴマークです。

 

BREE(ブリー)

BREE(ブリー)

いわゆる革製品らしい革製品が好きな、マニアの注目するブランド、それがブリーです。

ブリーの魅力は、なんといっても、ナチュラルなヌメ革でしょう。

ベージュ系の、淡いボディが、次第に飴色へと味わい深く変化していく様に、たまらない魅力を感じる…という人は、迷わずブリーで財布を購入してみてください。

 

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

ルイヴィトンは、日本人であれば、その名を知らない人はいない、というほど、知名度が高く、海外系ハイブランドの代名詞的存在を担っている、フランス発のブランドです。

イニシャルである「LV」を型取ったった、あの独特の「モノグラム」は、一目見れば、誰もが高級品と認知できるほどの威力とオーラを持っています。

 

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

ルイヴィトンと共に、大人気海外ハイブランドの一角を担っているのが、グッチです。

グッチの象徴は、ブラウン系のダークなベースに、赤と緑のストライプ。また、GGのシグネチャーにも、威力があります。

ただ、グッチのデザインバリエーションは、斬新でかつ幅が広く、シーズン毎に新しい世界観を展開しているので、目が離せません。

 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

コーチは、ニューヨークで誕生した、高級ブランドです。

日本人が憧れるブランドといえば、ヴィトンやグッチですが、実際に購入されている率で言うと、実はコーチがトップなのでは?というくらい、コーチは、使いやすさが魅力で、多くの人にイヤミのない安定感のあるブランドとして、重宝されています。

 

Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

メンズファッションに欠かせない存在といえば、それは英国のポールスミスです。

どんなデパートにもインショップとして入っているので、知らないうちにポールスミスの商品を購入していたというメンズも多いのではないでしょうか?

キレイ目系のファッションやスーツに合わせやすい、シンプルかつ独特の配色が施された、ちょどいいアイテムを手にいれることができます。

 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

ボッテガは、イタリアの最高級ブランドです。

その特徴は、職人が手作業によって編み出す、独特のイントレチャート。編み込みの財布を使っていたら、「それってボッテガですか?」と声を掛けたくなるくらい、ボッテガと言えば、あのエレガントな編み込みが象徴的なのです。

セレブ御用達の本格的なブランドとして覚えておいてください。

 

IL BISONTE (イル ビゾンテ)

IL BISONTE (イル ビゾンテ)

イルビゾンテは、若者の間で、オシャレな革製品ブランドとして、プレゼント需要なども高まっている、イタリアのメーカーです。

アパレル系ブランドではなく、革製品の専門ブランドになるので、とにかく商品が多く、色や形のバリエーションが豊富、というところもポイントです。

価格帯も比較的リーズナブルなので、狙い目です。

 

BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

バーバリーは、英国で誕生した、高級ブランドです。上品なチェック柄が有名で、日本では冬になると、多くの人がバーバリーのタータンチェックが施されたマフラーを巻くようになります。

財布やバッグも種類が多く、万人ウケする安定感を誇っているので、困ったらバーバリーを頼れば良いと覚えておいてください。

ただし、価格帯は驚くほど高価です。

 

PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)

プラダは、イタリア発のハイブランドです。

どちらかというと、女性に人気のあるブランドですが、メンズラインも充実しているので、彼女とのペア愛用を望んでいるという人や、女性からの視線を集めたいなんて考えているメンズにお薦め。

基本的にシンプルかつエレガントですが、時々奇抜なデザインのものも展開しているので見逃せません。

 

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

本物のセレブのみが愛用している感のある、イタリアの高級ブランドといえば、サルヴァトーレ・フェラガモです。

ヴィトンやグッチは、ブランドのことをよく知らない女子高生や、地元のヤンキーまでもが愛用していたりしますが、フェラガモに目をつけるというのは、洗練された上級者というイメージがあるのです。

 

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

英国で誕生した、ダークかつパンクな世界観で構成されいる、大人気ブランド、それが、ヴィヴィアン・ウエストウッドです。

芸能界にもファンが多く、漫画『NANA』の中でも、ヴィヴィアンのアイテムが描かれていたりします。

女性人気が高いのですが、メンズラインも非常に充実しているので、是非、注目してみてください。

 

LOEWE(ロエベ)

LOEWE(ロエベ)

ロエベは、スペインで誕生した、独特のセンスが魅力的な高級ブランドです。

王室の人々も愛用していると聞くと、シンプルかつエレガントな世界観をイメージするかもしれませんが、実際のロエベの商品は、非常に奇抜で斬新。

誰もに似合うというわけではないのですが、ロエベのテイストに負けない華のある人にこそ、挑戦して欲しいブランドです。

 

Bally(バリー)

Bally(バリー)

バリーは、ヨーロッパでは珍しい、スイスで誕生しています。シンプルなのですが、独特の尖っていてクールなセンスが感じられる、モード系のファッション上級者なメンズにお薦めしたいブランドです。

ブラックを基調としたレザーに、赤と白のバリーストライプというのが王道のデザインなので、まずはここから狙ってみましょう。

 

-ランキング・おすすめ・人気
-, ,

Copyright© メンズ財布.com , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.