メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

ランキング・おすすめ・人気

スーツによく似合う人気のカバンブランド(メンズ)21選

投稿日:

 

スーツによく似合う人気のカバンブランド(メンズ)を厳選しました。

 

スーツのカバンブランド(メンズ)

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

ココマイスターはヨーロッパ発の洗練されたブランド…というような雰囲気を醸し出していますが、実は日本で誕生したブランドです。

そのため、日本のビジネスマンが求めるような要素をギュッと凝縮することに成功しています。

重厚感と高級感に満ちた、大人っぽい風格あるバッグを探しているのであれば是非、ココマイスターを覗いていってください。

価格帯も高すぎることがなく、良心的です。


 

Orobianco(オロビアンコ)

オロビアンコは、イタリアのブランドです。遊び心に満ちているような、洒落た雰囲気のバッグや、シックなのにちゃんと華やかさもあるような、贅沢仕様のバッグが手に入ります。

若い世代のビジネスマンにとって、オロビアンコは救世主的存在となっていて、デパートのメンズフロアでも飛ぶように売れていると言われています。

通勤時のテンションをアップさせてくれるような、ブリーフケースやトートバッグを探してみてください。


 

HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

ヘルツのバッグは、革製品愛好家の心を絶妙にくすぐるテイストに仕上げられています。

注文を受けてから製造に入るというスタイルで、世界に1つしかない、自分だけのバッグを入手できているという気分にさせてくれるのです。

バッグのラインナップをチェックしていても、非常にコンセプチュアルであるということが伝わってきます。

こだわりの強い、存在感ある革バッグで人と差をつけたい!というメンズにオススメできます。


 

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

ガンゾは、とにかく革の質にこだわっているブランドです。

メイドインジャパンの本格的なバッグを求めているという人は是非、ガンゾで相棒を探してみてください。

ブライドルやコードバンなど紳士から人気のある定番レザーアイテムが揃っているだけでなく、本物のクロコダイルやリザードなどもラインナップに存在しているので、マニアほど納得できるブランドであると言えます。


 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

万双を知っている人は、かなりの革製品ツウです。

東京にしか実店舗を持っていないので、その存在は幻のようですが、レザーグッズをコレクションしているような人は、確実に万双に惹かれることでしょう。

こだわりの強い職人が、長年の月日を掛けて開発しているという、オリジナルのレザーや、渋くて重厚感に満ちたバッグ、財布などが手に入ります。

ベテラン世代の、見る目が確かな紳士にオススメしたいブランドです。


 

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

日本発のブランド、アニアリはレザーの質が高く、徹底してメイドインジャパンであることにこだわっているという特徴を持っています。

商品の雰囲気は、基本的にオーソドックスなのですが、必ず明確なコンセプトに裏打ちされていたり、とにかくカラーバリエーションが豊富だったりと、ユーザを飽きさせないところが魅力です。

定番として長年使っていけるような相棒を見つけてみてください。


 

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

北海道を拠点としているレザーグッズブランド、ソメスサドルは一風変わった独特な存在です。

なにしろ、日本で唯一馬具の製造をしているバッグのブランドなのです。

そのため、商品のテイストにも、馬具のモチーフが応用されており、独特で洒落た印象に仕上がっているのです。

男女問わず人気のあるブランドなので、カップルでペア愛用したり、共用したりするのにも向いているといえるでしょう。


 

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

革のバッグが欲しいけれど、どうすれば大人っぽく、垢抜けた雰囲気になれるのかわからない…、迷子になってしまいかけている、という人はペッレモルビダに救いを求めてみてください。

ペッレモルビダは、日本発のブランドなので、まず品質に安心ができる上、ヨーロッパのセレブ達が愛用していそうな雰囲気のバッグに仕上げてくれているので、ここに魅力を感じてみてください。

価格帯も良心的です。


 

土屋鞄製造所(ツチヤカバンセイサクジョ)

土屋鞄製造所(ツチヤカバンセイサクジョ)

本格的ないわゆる革のバッグを、サラッとスーツに合わせてみたい…という欲求があるのなら、土屋鞄製造所で相棒を探してみてはいかがでしょうか?

土屋鞄製造所は、古くから日本で紳士向けのバッグを展開している老舗ブランドなのですが、常に最先端な空気感を醸し出していて、とにかくオシャレなのです。

大人向けのランドセルブームに火を付けた存在でもありますから、是非、この機会に注目していってください。


 

dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

イギリス発のハイブランド、ダンヒルのバッグは究極にエレガントです。

シンプルなのに、ここまで別格な雰囲気を醸し出せるか…!というくらい、ただものでないオーラが漂っているバッグに出会えるはずです。

クラシカルで重厚感のあるダンヒルのバッグに魅せられないメンズはいないことでしょう。

スーツも展開しているブランドなので、是非、バッグと合わせてコーデしてみてください。


 

ARMANI(アルマーニ)

ARMANI(アルマーニ)

一流ビジネスマンとして、トップに立つような人には、イタリア発アルマーニのバッグが似合うことでしょう。

世界的に人気のあるハイブランドとして定着しているので、安心感や説得力が違います。

際立った個性があるということではなく、ただただエレガントな佇まいで、シンプルなのにラグジュアリーな雰囲気を醸し出している…そんな素敵なバッグが手に入ることでしょう。


 

TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)

TUMI のバッグは、これでもか!というほどに高機能です。

海外出張などで世界を飛び回っているような超行動派ビジネスマンにオススメしたい、最高のブランドといっていいでしょう。

2WAYや、3WAYで使える多機能で汎用性の高いバッグが多数揃っていますので、ラインナップを隅々までチェックしていってください。

キャリーバッグとの連携も完璧ですし、コンパートメントなども充実しています。


 

GLENROYAL(グレンロイヤル)

GLENROYAL(グレンロイヤル)

本格的な革製品を求めている人には、グレンロイヤルのバッグをオススメします。

職人が手作業で縫製しているような、愛情のこもった大人カワイイバッグが手に入ることでしょう。

カチッとしたクラシカルな雰囲気のバッグが特にオススメです。

伝統的な皮革素材であるブライドルに魅せられているという人も、グレンロイヤルに吸い寄せられるはずです。

発色も良いので、カラーバリエーションにも注目していってください。


 

Bally(バリー)

Bally(バリー)

バリーは、ヨーロッパの中でも「スイス」というレア度の高い国からやってきているオシャレハイブランドです。

ブラックを基調としたクールでシックなバッグが多いので、ビジネスマンのスーツスタイルにバッチリ似合うことでしょう。

象徴的な赤と白のストライプは国旗を模したものです。鮮やかでパンチの効いたバッヂが施されているデザインも魅力的。

周囲の人とセンスで差をつけられることでしょう。


 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

ボッテガ・ヴェネタのバッグをスーツに似合わせられるようになったら、そのビジネスマンはもう、間違いなく一流です。

これからトップに昇り詰めたい!とか収入を増やしたい!と考えている人も是非、ボッテガのバッグに注目し、最高の自己投資を行ってください。

象徴的な細かいレザーの編み込み、イントレチャートの施されているバッグをチョイスするのが王道です。


 

VERSACE(ヴェルサーチ)

VERSACE(ヴェルサーチ)

ヴェルサーチのバッグには、ちょっと危なっかしい夜の雰囲気が漂っています。

華があるけれど、毒もあるというような、セクシーな魅力と高級感に満ちているので、女性からの視線を釘づけにしたいメンズは是非、狙ってみてください。

ブラックのベースに独特のモチーフが施されているようなデザインのものや、ゴールドの装飾が際立っているものを選ぶと、ヴェルサーチらしさを満喫できることでしょう。


 

STEFANOMANO(ステファノマーノ)

STEFANOMANO(ステファノマーノ)

ステファノマーノのバッグは見るからに、実直な職人さんが手作業で丹念に造り込みました…という雰囲気に溢れていて、好感が持てます。

超メジャーで、ハイブランド過ぎてしまうところのバッグを持っていると、嫉妬されたり、バカにされたりするかもしれない…、なんて懸念を抱えている人には、ステファノマーノのバッグがとにかくオススメできます。

スーツに似合うバッグとして、最高の選択肢がいくつも提示されています。


 

Calvin Klein(カルバンクライン)

Calvin Klein(カルバンクライン)

カルバンクラインといえば、かつて香水でお世話になった、という人や、今でもよくボクサーパンツをはいている、なんて感じで身近にとらえているメンズも多いのではないでしょうか?

そういえば、カルバンクラインのバッグという選択肢もあったなぁ!なんて思い出すキッカケにしてもらえたら幸いです。

シンプルかつセクシーで、ヌケ感のあるオシャレなバッグが手に入りますし、価格帯も比較的安価で安心できることでしょう。


 

BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

取引先の人から、信頼されたい!好感を持ってもらいたい!という切実な思いを抱えている人には、バーバリーがオススメです。

バーバリーは、これ見よがしな感じがなく、ただただエレガントなのに、しっかりと価格帯はハイブランドなので、信頼度も高く、いざ!という時に重宝することでしょう。

モノグラムの路線がオシャレなのですが、スーツに似合わせるのであれば、コントラストの控えめなタータンチェックや無地のものもオススメです。


 

Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

ポールスミスは、イギリス発のオシャレブランドで、多くのメンズが一度はお世話になっていることでしょう。

価格帯が比較的リーズナブルなので、若い世代の男性から高く支持されています。

デザインも、基本的にシンプルでブラックを基調としたものが多いのですが、エッセンスとして奇抜なマルチカラーが施されているという、そのさじ加減が絶妙です。


 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

コーチのバッグには、品のいいモノグラムが施されていたりして、かなり高級感があるにも関わらず、実は価格帯が意外と安価なので、思わず購入してしまった!という経験を持っている人も多いことでしょう。

スーツに似合いそうな、ビジネス向けのバッグに関しても、バリエーションがかなり豊富で選び甲斐があるので、是非、ラインナップを隅々までチェックしてみてください。

 

-ランキング・おすすめ・人気
-, ,

Copyright© メンズ財布.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.