メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

ランキング・おすすめ・人気

人気でおすすめの男性鞄(メンズカバン)ブランド26選

更新日:

 

人気でおすすめの男性鞄(メンズカバン)ブランドを厳選しました。

 

人気でおすすめ男性鞄(メンズカバン)

HushTug(ハッシュタグ)

HushTug(ハッシュタグ)

ハッシュタグは、モンゴルレザーの素晴らしさを伝えることで、モンゴルの恵まれない人々を救おうという高い志の元に誕生しているブランドです。レザーの魅力を引き立たせるために、バッグのデザインは、究極にシンプルとなっています。無駄の一切ないスッキリとしたデザインのバッグに惹かれるという人なら、必ずハッシュタグのテイストに心奪われることでしょう。


 

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

ビジネスシーンにふさわしい、エレガントで大人の気品に満ちたバッグを選びたいという人に、オススメできるのは、ココマイスターです。ココマイスターは品質の素晴らしさも抜群です。なにしろ、世界中の名だたるタンナーから取り寄せた珠玉のレザーを、日本の熟練された職人が縫製しているというスタイルで、マニア達からも高い支持を得ているのです。日本の革製品業界に新たな歴史を刻む存在です。


 

WONDER BAGGAGE(ワンダーバゲージ)

WONDER BAGGAGE(ワンダーバゲージ)

ワンダーバゲージのコンセプトは、クラシカルなものが持つ普遍性と、現代のファンクションを融合させるということです。機能、用途、素材という、様々な要素をフラットに捉え、スタイリッシュな革製品に昇華させているのです。時代に合ったテイストの使い勝手が良いバッグを欲しているという人は、一度、ワンダーバゲージのラインナップをチェックしていってください。


 

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

アニアリは、純粋な日本製のバッグを楽しむことができる、クオリティの高いブランドです。本物の革製品好きが納得する、良質な商品が揃っている上に、品揃えも豊富なので、公式サイトをただ眺めているだけでも楽しく充実した時間を過ごすことができるほど。オリジナルで皮革素材を開発しているため、カラーバリエーションが充実しており、10種類くらいあるのは当たり前、というところも魅力です。


 

HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)

エルゴポックは、日本の革製品ブランドです。シンプルでオーソドックスな王道デザインのバッグが多いのですが、シンプルだからこそ、革の素材の魅力であったり、シルエットの美しであったり、という1つ1つのクオリティに関して、質の高さが求められる、ということが言えるわけです。エルゴポックの開発するレザーは、グラデーションが効いていて、色ムラに味があり、発色もかなり良いので、他では見掛けないカラーの商品にも是非、挑戦してみてください。


 

TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)

その他のブランドと比較した時、TUMIは、圧倒的に機能性が高いと言えるでしょう。どんなバッグであっても、2WAY、3WAYで使えるのなんて、TUMIのバッグであれば、当たり前のこと。ビジネスマンにとって必要な要素をこれでもかというほど追求してくれているのです。その上、米軍のチョッキにも使用されるような、耐久性の高い素材が使われているというところもポイント。


 

Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

ポールスミスは、イギリスで誕生したポピュラーなファッションブランドです。ビジネスマンにとって手を伸ばしやすいデザインのものが多く、シンプルだけれど、でもちゃんと尖ったワンポイントのエッセンスも効いているというのが、人気の秘密になっています。ボディはブラックでクールだけれど、どこかにマルチカラーが配されている、というのが王道のパターンです。


 

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

オロビアンコは、イタリア発のファッショナブルなビジネスマン向けブランドです。オフィスで使えそうなアイテムは、とかく地味にまとまってしまいがちですが、オロビアンコの場合は、ほどよく華やかさがあり、ゴージャスな印象もあるので、若いビジネスマンに選ばれやすい存在となっているのです。価格帯もリーズナブルで比較的手を伸ばしやすいので、安心して購入することがきるというのも魅力です。


 

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

ヨーロッパ発っぽいラグジュアリーな世界観でありつつ、実際は日本のブランドとして、安心感のある優良なバッグを開発しているのが、ペッレモルビダです。大人のための、ワンランク上に垢抜けることができるような、洗練されたアイテムばかりが揃っているので、気になる人は是非、ラインナップをチェックしていってください。商品の随所に、海や波や豪華客船を思わせる要素の配されているところが特徴的です。


 

HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

ヘルツは、本物の革製品好きが確実に反応する魅力に満ち溢れています。職人が心を込めて手作りしているような、革本来の魅力を楽しむことのできるバッグが揃っているのです。受注をしてから製作に入るスタイルなので、入手できるまでには時間が掛かるのですが、そこがまた、愛着をより掻き立ててくれるポイントでもあります。カッチリとしていて、お行儀が良く、デザイン性の高いバッグ達は必見です。


 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

万双は、日本が誇る本格派のレザーグッズブランドです。職人の並々ならぬこだわりや情熱が感じられるので、本物の革製品好きや、マニアックなベテラン世代の人々も満足することでしょう。実店舗が極端に少ないため、存在自体がレアとなっているところも、購買欲を掻き立ててくれるポイントです。人間工学に基づいたデザインや、上質なブライドルレザー、万双の開発したオリジナルレザーなど、見どころが満載なので、チェックしていってください。


 

GLENROYAL(グレンロイヤル)

GLENROYAL(グレンロイヤル)

職人の作り出す、味わい深い革製品に興味がある、それも海外製のものに憧れを感じる…という人には、グレンロイヤルがオススメできます。グレンロイヤルであれば、いわゆる革製品らしい革製品を楽しむことができるのです。発色の良いレザーは、独特の経年変化を味わうのにも最適です。価格帯も高すぎず、安すぎず、安心できるラインに設定されているので、未挑戦の人は是非、購入してみてください。


 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

ボッテガ・ヴェネタは、イタリアのハイブランドです。価格帯は、かなり高価となっていますが、職人が丁寧に編み込んで作り出す、象徴的なイントレチャートは、セレブ達の憧れの的です。王道の路線を狙うもよし、少し尖っている奇抜な路線を狙うもよし、でしょう。一流のビジネスマンとして、最高に高級な財布やバッグで自己投資を行いたいという人は、ボッテガ・ヴェネタを積極的にマークしてください。


 

BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

バーバリーは、日本人との親和性が特に高いブランドです。どんなデパートにもインショップとして入っていますし、お祝いでバーバリーのアイテムをもらうことができたら、老若男女、誰もが歓喜することでしょう。そんな安心感のあるバーバリーですが、実は驚くほど高価な価格帯で展開されているハイブランドなので、そんなギャップも魅力です。王道のロンドンチェック柄を狙うのも良いですが、奇抜で個性的なラインナップも展開されているので、お見逃しなく。


 

dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

イギリスで誕生した、紳士の憧れるハイブランド、ダンヒルをご紹介します。ダンヒルのスーツを着て、ダンヒルのバッグを持って、颯爽と通勤するというのは誰にとっても憧れです。バブリーな世界に生きている、ホストのような夜の職業のメンズも、ダンヒルのスーツに強い憧れを抱いているなど、死角を持っていないのが、ダンヒルの魅力です。大人として何ランクも上に駆け上がりたい時は、ダンヒルでバッグを探してみてください。


 

Bally(バリー)

Bally(バリー)

バリーの世界観は、洗練されていて、都会的です。クールなモード系のファッションに身を包みたいという人は、バリーと相性がマッチすることでしょう。そんなバリーですが、意外にも、スイスで誕生したブランドであるという背景を持っています。そのため、バリーのバッグの多くには、赤と白のバリーストライプと呼ばれるラインが施されています。せっかくなら、このストライプも込みで楽しんでみてください。


 

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

イギリスの女性デザイナーによって立ち上げられたファッションブランド、ヴィヴィアン・ウエストウッドは、独特の奇抜な世界観と、ロックでパンクな感性が魅力的です。ビジネスシーンで活躍させるには、少し尖り過ぎているのでは…?と心配になる人もいるかもしれませんが、実際はクールで落ち着いた路線のアイテムも多数展開されていますのでチェックしていってください。


 

Felisi(フェリージ)

Felisi(フェリージ)

イタリア発のブランドの中でも、フェリージは特に洗練されていて、明るく、爽やかな印象です。男性でも女性でも、通勤時に活躍させられるような、好感度も利便性も高いバッグが揃っているので、未体験だという人は、欠かさずチェックしていってください。レザーの質が素晴らしいだけでなく、フェリージは、高級感のあるナイロン素材を開発しているという魅力も持っています。


 

PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)

プラダは、超一流の大人気ハイブランドです。映画のタイトルにも起用されるほど、その存在は世界中に広く知れ渡っています。一昔前までは女性のためのブランドというイメージでしたが、最近は、メンズ向けの個性豊かなアイテムも揃っており、感度の高い若い男性がこぞってプラダのバッグを愛用しています。彼女や奥さんとペアで愛用したい!という願望も叶えてくれることでしょう。


 

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

サルヴァトーレフェラガモは、イタリアのハイブランドです。世界的に有名で歴史もあるのですが、メジャーになり過ぎていないイメージがあるので、そこを狙ってくるか!という特別なオシャレを演出することができるでしょう。象徴的なのは、ガンチーニと呼ばれているロゴマークで、この装飾が施されているバッグや、モノグラムのテクスチャーで構成されているバッグを選べば、さらに説得力が増します。


 

ARMANI(アルマーニ)

ARMANI(アルマーニ)

アルマーニは、イタリア発の巨大なファッションブランドです。エンポリオ・アルマーニであれば、若いメンズでも気軽に手を伸ばせるのですが、本家のジョルジオ・アルマーニでバッグを購入するというのは、敷居の高いことであり、誰にとっても憧れです。何ランクも上の存在になりたい!自分を変えたい!と思う人は、思い切って自己投資のためにアルマーニのバッグを購入すべきでしょう。


 

Saint Laurent(サンローラン)

Saint Laurent(サンローラン)

フランス発のハイブランド、サンローランは、ブラックのボディにシルバーのさりげない装飾というスタイルが王道であり、エレガントで、フォーマルなファッションにも合わせやすいという魅力があります。スーツスタイルはもちろん、キレイめのモノトーンコーデでキメる日が多い、という人は、是非、サンローランでバッグを購入してみてください。芸能界にもファンが多いブランドです。


 

LOEWE(ロエベ)

LOEWE(ロエベ)

スペイン王室の人々も愛用しているという、ロイヤル感溢れるブランド、ロエベをご紹介します。ロエベには、奇抜なイメージがあるかもしれませんが、ビジネスシーン向けのシンプルでエレガントな路線も充実しているので、ラインナップは隅から隅までチェックしてみてください。ドラマで主人公がロエベのバッグを使っていたりもするので、そこから入って憧れている、という人もいるかもしれませんね。


 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

コーチは、ニューヨークで誕生したファッションブランドです。ハイブランドでありながら、比較的手を伸ばしやすい価格帯の商品が多いので、日本人の多くはコーチのお世話になっています。ビジネス向けのバッグも、カジュアル向けのバッグも、どちらも豊富に揃っています。品数の多さが圧倒的で、サイトをチェックしていると、あれも、これも…と欲しいものが次々に見つかることでしょう。


 

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

ルイヴィトンは、言わずと知れた、海外系ハイブランドの代名詞的存在です。迷ったらヴィトンでバッグを購入するというのが、日本では王道になっています。間違いのない買物をしたかったら、ヴィトンで決まりでしょう。後輩に威張りを効かせるためにも、ヴィトンでビジネスバッグを購入したいと考える人は特に多いです。


 

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

グッチは、オシャレセレブなら、誰もが手を伸ばしたくなってしまう、イタリアのハイブランドです。赤と緑のラインや、GGのシグネチャー、鎖のようなデザインのモノグラムが象徴的。こういった要素が全て凝縮されている、オーラ全開のバッグを選ぶもよし、わかる人だけがわかる路線のアイテムを選ぶもよしです。

 

-ランキング・おすすめ・人気
-,

Copyright© メンズ財布.com , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.