メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

ビジネスバッグ ランキング・おすすめ・人気

人気の高級ビジネスバッグブランドのおすすめランキング25選

投稿日:

 

人気の高級ビジネスバッグのブランドおすすめランキングです

 

人気の高級メンズビジネスバッグ

COCO MEISTER(ココマイスター)

COCO MEISTER(ココマイスター)

高級なメンズビジネスバッグを探しているということなら、まずココマイスターを覗いてみるべきでしょう。ココマイスターは、世界中の名門タンナーから取り寄せた上質な皮革を、日本の熟練された職人達が縫製するというスタイルで、ベテラン世代のビジネスマン達から高い支持を得ているブランドです。安易にハイブランドに走るよりも、まずは大人として恥ずかしくない、重厚感のあるビジネスバッグをチェックしておきたい、という願望がある人にもオススメできます。


 

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

若いビジネスマンで、高級感のあるバッグが欲しい!と思っている人には、オロビアンコがオススメです。オロビアンコは、イタリア発のブランドなので、ファッション性が高く、ほどよいゴージャス感と、好感の持てる明るさを放っているという特徴があります。イタリア国旗を模した3色リボンがオロビアンコのアイコンだったりもします。このリボンが付いているタイプのバッグを街でよく見掛けるという人もいることでしょう。価格帯もリーズナブルなので、注目してください。


 

Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

イギリスのブランド、ポールスミスは、世界中のメンズにとって、親しみやすい存在であり、いざという時に頼りになるブランドだと思っている人も多いことでしょう。シンプルなのに、必ずどこかに尖った要素が配されており、普通なデザインのバッグじゃ物足りない!という、個性を求める人からも重宝されています。通勤に向いている、好感度の高いビジネスバッグを求めているなら、ポールスミスはまさに最適な選択肢であると言えるでしょう。価格帯も手頃です。


 

TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)

高級感のあるメンズビジネスバッグの中でも、特に機能性の高さを重視したいということなら、圧倒的にTUMIがオススメできます。一度、TUMIのバッグの使いやすさにハマってしまうと、なかなか他のブランドには移行できなくなってしまうことでしょう。2way、3wayで使えるということは、TUMIのバッグなら当たり前だったりしますし、ペンホルダーや、PC、タブレットのスリーブも充実しています。キャリーバッグとの連結まで完璧なので、一度試してみてください。


 

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

国産の良質なバッグを求めているということなら、アニアリがオススメです。アニアリは、徹底してメイドインジャパンであることにこだわっており、レザーも自ら開発しているという、志の高いブランドなのです。カラーバリエーションが豊富、というところもアニアリの大きな特徴です。オーソドックスで使い勝手の良いバッグが欲しいけれど、それだけじゃちょっと物足りない!という人は、アニアリのバッグの中から、個性的なカラーをチョイスしてみるといいでしょう。


 

dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

高級感のあるハイブランドのバッグを求めている、ということならダンヒルがオススメです。数あるハイブランドの中でも、ダンヒルは特に、ダンディーで風格のある、紳士なベテラン世代のメンズにオススメできます。いつか、ダンヒルのスーツを着て、ダンヒルのビジネスバッグを持って通勤したい!というのは、全ての男性にとっての夢であるといっても過言ではありません。クラシカルで、味わいある色気に満ちたダンヒルのバッグを是非、チェックしていってください。


 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

コーチのイメージは、一昔前だと大人な女性に受けているブランド、という感じだったかもしれませんが、最近では感性の尖った若いメンズからも高く支持されているという傾向にあります。バリエーションが豊富で、オーソドックスなものから、奇抜なデザインのものまで、ビジネスバッグ1つ取っても、豊かな選択肢に恵まれています。ハイブランドの中では価格帯も比較的抑え目なので、まさに狙い目であると言えるでしょう。耐久性も高いので通勤バッグに向いています。


 

土屋鞄製造所

土屋鞄製造所

土屋鞄製造所は、日本で昔からランドセルの製造などを行っている老舗の一流ブランドなので、まず信頼度の高さが抜群です。老舗のブランドというと、デザインのセンスが古かったりしそう…と思うかもしれませんが、土屋鞄製造所は、むしろ最先端の空気感に溢れているのが魅力です。積極的に若い職人を採用しているので、常に洗練されているのです。技術力も高いので、通勤に向いている、耐久性の高いバッグ、高級感があって長年使えるバッグが手に入ることでしょう。


 

HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

職人が本気で作る、本格的な革製品、といったオーラに満ちたバッグが欲しければ、ヘルツがオススメできます。レザーグッズが本当に好きだという人は、ヘルツの世界観に確実にハマることでしょう。味わいのある経年変化を楽しむことができるというのも、ヘルツの魅力の1つです。バッグの種類や、各種バリエーションなども豊富なので、必ず、自分の感性に合った、お気に入りの商品が見つかるはずです。男女問わず、幅広い世代の人から愛されているブランドです。


 

BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

バーバリーといえば、あのロンドンチェック柄が有名です。そんなチェック柄が施されているものから、シンプルに仕上げられているものまで、バーバリーには豊富にビジネスバッグが揃っていますので、隅々までチェックしていってください。老若男女、誰からも愛される親しみやすいイメージですが、価格帯はかなり高く、超ハイブランドとして存在しているので、そんなギャップもまたバーバリーの魅力であると言えるでしょう。


 

Saint Laurent(サンローラン)

Saint Laurent(サンローラン)

サンローランのイメージは、黒と基調としたボディに、シルバーのさりげない装飾というラインなので、スーツに似合う、高級感溢れるビジネスバッグが欲しい、という人にはまさにバッチリハマることでしょう。シンプルなバッグがほとんどですが、シンプルだからこそ、サンローランの放つオーラに似合う人でなければ、手を出せないというところが、このブランドの奥の深さだったりします。芸能感にも多くのファンを持つサンローランの魅力に是非、ハマってみてください。


 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

イタリアのハイブランド、ボッテガ・ヴェネタのビジネスバッグであれば、確実に他とは違う高級感をアピールできることでしょう。ボッテガ・ヴェネタといえば、職人が手作業によって編み出す、イントレチャートが象徴的です。編み込みのバッグを使っていたら、ブランドに詳しい人は「それってボッテガ?」と尋ねてくることでしょう。その時にサラリと「そうですよ」なんて答えることができたら、カッコもつくというものです。


 

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

高級なビジネスバッグが欲しい!と思い立った人がまずチェックしたくなるのは、ルイヴィトンでしょう。知名度の高さでいったら、他のブランドはかなわないほど。圧倒的な存在感なので、とりあえず、手堅くルイヴィトンで通勤バッグをゲットしたい!と思う人も多いはずです。ポイントは、ヴィトンの中でもどんなデザインのバッグをチョイスするかでしょう。誰がどう見ても!というものもあれば、よく見ると…というラインのものもあるので、センスの見せ所です。


 

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

オシャレセレブや、芸能人にとって御用達のブランドといえば、それはグッチで決まりでしょう。グッチのバッグを通勤用のブリーフケースとして颯爽と持ち歩くことができたら、大人として成功できたのだという実感に浸れることでしょう。センスの良さも抜群ですし、グッチのバッグを1つ持っていれば、それに合わせて確実に自分自身のステージも上がるはず。様々なテイストが揃っているので、どれをチョイスするか、大いに悩んでしまってください!


 

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

ヴィヴィアン・ウエストウッドは、イギリスのブランドで、奇抜なイメージや、女性的なイメージを持っているという人も多いことでしょう。ただ、実際に展開されているアイテムをよくチェックしてみると、実はメンズ向けのビジネスバッグが充実しているので、これは狙い目です。超ハイブランドという印象もあるかもしれませんが、実際の価格帯はリーズナブルです。オーブのロゴが特徴的なので、ヴィヴィアンのアイテムであることをアピールしたいなら、意識してみてください。


 

Berluti(ベルルッティ)

Berluti(ベルルッティ)

本物のセレブや、芸術家達は、ベルルッティのアイテムを愛用したがります。なにしろ、あのピカソやアンディーウォーホルも愛用していたというくらいのブランドですから、いかに高級な存在かということは、それ以上語るまでもないでしょう。特徴的なのは、美しいアンティーク調のレザーに、独特の異国情緒溢れるカリグラフィーというスタイルです。ブラウン以外に、ブルーのバージョンなども存在しているので、たっぷりと吟味していってください。


 

HERMES(エルメス)

HERMES(エルメス)

エルメスは、世界中のハイブランドの中でも、頭1つ抜け出ているくらい、高級な存在です。一般の人々は手を出せないくらい、とにかく特別贅沢なバッグが展開されているので、そこは覚悟をしてから覗いた方がいいでしょう。エルメスのバッグが既にふさわしい存在になれている人も、これからそうなりたくて、自己投資をしておきたいという人も是非、本物のエルメスのバッグに注目していってください。シンプルなデザインであっても、やはりその存在感は別格です。


 

MCM(エムシーエム)

MCM(エムシーエム)

MCMは、ドイツで誕生したブランドです。その後、韓国で大ブレイクしたという経緯があり、日本人の間でも、K-POPアイドルを追い掛けている若者達が、こぞってMCMのバッグを愛用し始めたため、ブームに火が着きました。特徴的なロゴマークのモノグラムには、独特の高級感があります。カラーは、キャメル系が王道ですが、ブルーのものや、ホワイトなど、様々なバリエーションも展開されているんので、迷いながらショッピングを楽しんでみてください。


 

LOEWE(ロエベ)

LOEWE(ロエベ)

ロイヤル感のあるバッグが欲しいけれど、ただエレガントなだけじゃ物足りない、という人にとって、ロエベは唯一無二の存在として映ることでしょう。ロエベは、スペイン王室の人々も愛用しているという気高いブランドなのですが、そのデザインセンスは、かなり独特で奇抜です。パンチの効いたバッグ、印象的なワンポイントの施されているバッグなど、芸術的な感性を刺激してくれるアイテムが揃っているので、隅々までチェックしていってください。


 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

本格感のある、マニアックなバッグを求めている人には、マンソウがオススメできます。マンソウは特に、革製品を心から愛していて、そのためには、わざわざ遠方まで足を運んでしまう、というような本格志向で、ベテラン世代のメンズに注目して欲しいブランドなのです。職人が心底こだわって造っている、贅沢な日本産のビジネスバッグを入手することができますので、オンラインショッピングのサイトにアクセスしてみてください。実店舗はレアな存在なので、ネットでの購入をベースに考えてみてください。


 

Calvin Klein(カルバンクライン)

Calvin Klein(カルバンクライン)

アメリカ発のブランド、カルバン・クラインは、ボクサーパンツや香水のブランドとしてもおなじみです。セクシーな魅力を放っていて、女性ウケも良く、シンプルでどんなファッションにも似合うので、かなりオススメできます。ビジネス向けのバッグも豊富に揃っています。ハイブランドとまでいかない、求めやすい価格帯で展開さているのに、上品で清楚なイメージがあるため、自らを素敵に演出することができ、コスパはかなり良いといえるでしょう。


 

Bally(バリー)

Bally(バリー)

ハイブランドの中でも、都会的で洗練されたイメージのバッグが多く揃っているのは、バリーです。バリーは、スイスで誕生したブランドなので、そもそも、独特な存在感を放っているとういところも魅力です。王道過ぎない立ち位置も、絶妙であると言えるでしょう。スーツやジャケットにによく似合う、クールなテイストのバッグが豊富に揃っています。赤と白のバリーストライプがブランドの象徴なので、これも是非、意識して選んでみてください。


 

ETTINGER(エッティンガー)

ETTINGER(エッティンガー)

高級感にプラスして、気品溢れる感じも欲しいということなら、イギリスで誕生した伝統的な革製品ブランド、エッティンガーに注目してください。エッティンガーは、実店舗が少なく、レアな存在なのですが、ファンがわざわざ遠方から訪れるほど、マニアにとってはたまらないブランドなのです。なにしろ、イギリス王室の人々も愛用しているくらいなので、その信頼度の高さは抜群であり、本物のエレガントなブランドなのです。差し色のイエローやパープルも魅力的。


 

Felisi(フェリージ)

Felisi(フェリージ)

フェリージは、イタリアで誕生したバッグや財布のブランドです。明るくて爽やかでエレガントな世界観が特徴的。ユニセックスなイメージで、彼女や奥さんとの共用にも向いています。レザーグッズはもちろん、高級感のあるナイロン素材を使うことが得意なブランドでもあります。フェリージで通勤向けのビジネスバッグを狙うなら、レザーとナイロンが巧みに組み合わさっているものをチョイスすると、お得です。


 

BREE(ブリー)

BREE(ブリー)

ヌメ革が、自分色に変化していってくれるその様に、たまらない魅力を感じるという人は、ブリーでビジネスバッグを選んでみてください。ブリーは、経年変化フェチ、革製品マニアな人々であれば、欠かさずチェックしているような、本格志向のブランドです。リュックスタイルのブリーフケースなどを選べば、よりブリーらしい印象をアピールすることができるでしょう。

-ビジネスバッグ, ランキング・おすすめ・人気
-, ,

Copyright© メンズ財布.com , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.