メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

ランキング・おすすめ・人気

購入前に知っておきたい男性バッグブランド24選

投稿日:

 

購入前に知っておきたい男性バッグブランドを厳選しました。

バッグ購入後に「他にもこんな魅力的なブランドがあったのか!?」とならないために、ぜひ知っておいてください。

 

男性バッグブランド24選

COCOMEISTER(ココマイスター)

ここ数年で一気に人気が急上昇している日本発のココマイスターを知っておいてください。

英国紳士に似合うようなテイストの重厚感溢れるバッグが揃っているのですが、メイドインジャパン品質の優秀なバッグを入手できることができるので、ビジネスマンにとって見逃せない存在です。

価格帯も安いわけではありませんが、不必要に釣り上げられていたりしないので、良心的で安心ができます。

安定して長年愛用できる相棒に出会えることでしょう。


 

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

オロビアンコはデパートのメンズフロアでも、ひときわ華やかな存在感を放っていて、飛ぶように売れていると評判のブランドです。

ファッションや革製品の本場であるイタリア発のブランドなので、それだけでも優越感を抱くことができるでしょう。

ビジネスシーンに向いているものから、カジュアルなシーンで活躍させられそうなものまで、バリエーションの幅も広いので、ショッピングをしている時点から、楽しい時間を過ごせることでしょう。


 

HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)

日本製の高品質で美しいバッグを入手できるブランドといえば、エルゴポックです。

エルゴポックのレザーは、オリジナルで開発されていたりするのですが、シボやグラデーションの質感がエレガントで、オーソドックスなバッグだからこそ、その素材の良さが光っています。

価格帯も良心的で、高過ぎも安過ぎもしないので、安心して手を伸ばすことができます。

定番として長く使っていきたいバッグを求めてみてください。


 

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

アニアリのバッグは、オーソドックスなのですが、それぞれのシリーズに職人のこだわりが詰まっています。

それ故、シンプルであっても特別な存在感の感じられるバッグに出会えることでしょう。

独自に開発しているというレザーは、発色が鮮やかで、肌触りにも特別な魅力があります。

カラーバリエーションが異常なほどに豊富なので、色味の違いで周囲の人と差をつけるという方向性についても考えてみてください。


 

TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)

TUMIのバッグを使ってみると、あまりにも便利であることに、優越感を抱けるでしょう。

過保護なまでに充実しているコンパートメントやポケット、キャリーと連結するためのベルト、PCのためのスリーブなどが完備されているので、快適なビジネスライフを送ることができます。

2WAY、3WAY、4WAYで使える機能性の高いバッグも揃っているので、様々な商品を1つ1つチェックしてみてください。

バックパックなどカジュアルなシーンで活躍させるアイテムもあります。


 

Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

抜群のバランス感覚で、使い勝手の良いオシャレでオーソドックスなバッグを展開してくれているブランド、ポール・スミスは、イギリスで誕生しています。

イギリスといえば、エレガントな紳士の国。そのため、お行儀の良さが求められるシチュエーションや、かしこまったビジネスの話において、ポール・スミスのバッグは、間違いなく大活躍してくれます。

それでいて、鮮やかなマルチカラーの要素もあるので、デートシーンにおいても重宝できるのが魅力です。


 

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

ペッレモルビダの世界観は、まるでヨーロッパの地中海沿岸に住むセレブが愛用していそうなイメージ。それでいて、誕生国は日本であるため、メイドインジャパン品質の優れたバッグを愛用することができます。

価格帯も良心的で、常識の範囲内の値段で優良なブリーフケースやトートバッグ、ハンドバッグを入手することができるのです。

洗練された、高貴な雰囲気のバッグに施されている、船底のようなラインに魅せられてみてください。


 

HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

職人がこだわって造り出す、珠玉の革製品を愛用してみたい!という人は、ヘルツでショッピングをすべきでしょう。

ヘルツのバッグは、とにかく存在感抜群。革そのものの表情、質感、魅力が主役として光っているので、デニムスタイルや、シンプルなコートスタイルに、バチッとアクセントとしてハマるわけです。

1人の職人が、工程の最初から最後まで携わるという徹底ぶりも、他のブランドにはなかなかない魅力です。


 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

万双は、自らの持つ革製品に対して、強いこだわりを持つマニアックなメンズから支持されているブランドです。

東京にしか実店舗がないので、入手が難しいというところもツウが心惹かれてしまうポイント。

ネット経由でバッグを購入するというのは、人によっては抵抗のあることかもしれませんが、万双のバッグにはその壁を越えさせようとする強い魅力があるのです。

メイドインジャパンの真骨頂を味わってみてください。


 

GLENROYAL(グレンロイヤル)

GLENROYAL(グレンロイヤル)

グレンロイヤルでイギリスで発祥している由緒正しき革製品ブランドです。

入学祝いや、就職祝い、昇進祝い、などなどおめでたい場面でプレゼントするのに最適な、気品溢れる世界観が魅力です。

イギリスといえば、乗馬文化のある国ですので、グレンロイヤルの商品の多くには、馬具に採用されているブライドルレザーが用いられています。

独特の味わい深い経年変化も、しっかりと堪能できることでしょう。


 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

ボッテガ・ヴェネタの世界は非常にシックでクラシカルです。

奇抜で目立つ要素があるわけではないので、ボッテガのバッグを使っているということは、自ら言葉でアピールしないと伝わりづらかったりしますが…。

象徴的なイントレチャートのテクスチャーは、見る人が見ればすぐに超一流品であることがわかるようなものです。

ボッテガらしい色調といえば、ダークなカーキや、ブラウンやネイビーです。この機会に、セレブの仲間入りを果たしてください。


 

BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

バーバリーは、幅広い世代の人々から長年に渡って強く支持されている、本物の一流ブランドです。

お上品でかしこまったような印象を持っている人や、可愛らしいタータンチェックの模様をイメージする人が多いかもしれませんが、最近のバーバリーはさらに洗練されていて、ハイブランドならではの象徴的なモノグラムがあしらわれている商品が大人気となっています。

家族全員で愛用するのにも向いていますし、コートやマフラーとコーデを合わせるのも素敵です。


 

dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

一流のビジネスマン、ダンディーでセクシーな大人のメンズがさりげなく愛用しているブランドといえば、それは英国発のダンヒルです。

サッカー日本代表のオフィシャルスーツを手掛けるなど、信頼度の高さと話題性も抜群。

バッグのテイストは基本的にオーソドックスで、奇抜な要素はありませんが、だからこそ計算し尽くされている、どこまでもエレガントなシルエット、素材感、佇まいに魅了されてみてください。


 

Bally(バリー)

Bally(バリー)

バリーは、洗練された都会的なイメージの漂う、スイス発のブランドです。

上質なレザーで仕立てられているブラックのボディに、赤と白のストライプというのが、バリーの王道のデザインです。

ストライプに赤白が用いられているのは、スイスの国旗からインスピレーションを得ているからなのですが、赤白といえば日本の国旗もそうですから、どこかシンパシーを感じてしまうという人も多いことでしょう。

スタイリッシュなイメージを目指している大人なメンズに、是非。


 

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

高級感のあるバッグが欲しいけれど、他のバッグとは完全に違う、独特の個性があって欲しい!という願う人にとって、ヴィヴィアン・ウエストウッドは、大注目できるような存在です。

ヴィヴィアンは、イギリスの女性デザイナーによって立ち上げられたファッションブランドなのですが、独特でちょっと毒のあるロックテイストなアイテムが、コアなファンの心を掴んでいます。

女性ウケの良いブランドなので、気になる異性がいる人は狙ってみてください。


 

Felisi(フェリージ)

Felisi(フェリージ)

イタリアで誕生した革製品のブランド、フェリージは、手堅く好感度の高さを狙っているビジネスマンにオススメできます。

メジャー過ぎるハイブランドに手を出すと、先輩や上司から妬まれてしまったりすることもあるかもしれませんが…、フェリージはそのあたりのバランスが絶妙なのです。

オールレザーのものだけでなく、シルクのようになめらかで美しいナイロン素材を巧みに組み合わせているようなバッグがお得なので、是非、リサーチしていってください。


 

PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)

プラダには、エレガントでシックなテイストのものから、奇抜で華のあるタイプのものまで、幅広い需要を満たすバッグが揃っているので是非、隅々までチェックしていってください。

プラダっていうと、女性向けのブランドなのでは?ということを思い描く人も多いかもしれませんが、最近のプラダはメンズラインに力を入れているので、今、プラダのバッグをメンズが愛用していると、非常にオシャレに見えることでしょう。


 

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

イタリアのハイブランド、フェラガモは、クラシカルで上品なイメージが持ち味です。

象徴的なガンチーニのモチーフは、アクセントとして金具になっていたり、モノグラムとして全体を覆うテクスチャーになっていたりします。

ファッションアイテムも豊富に展開されているので、全身をフェラガモでコーディネートしてみてはいかがでしょうか?

特にオススメなのは、バッグとシューズでテイストを合わせることです。


 

ARMANI(アルマーニ)

ARMANI(アルマーニ)

アルマーニは、ベテラン世代のメンズに特にオススメしたい、高級感と気品溢れるイタリアのハイブランドです。

アルマーニのスーツを着て、アルマーニのバッグを持ち歩いていたら、それはもう一流ビジネスマンに認定して間違いありません。

先行投資型で、若いうちからアルマーニのバッグを購入してしまう!というのもアリでしょう。

特に、本家のジョルジオアルマーニで、落ち着きあるテイストのバッグを狙ってみてください。


 

Saint Laurent(サンローラン)

Saint Laurent(サンローラン)

フランス発祥のサンローランは、シックでエレガントなテイストが魅力です。

基本的にモノトーンで構成されているバッグが多いので、毎日のコーディーネートの色調を考える際、苦心する必要がありません。

そのため、サンローランのバッグは幅広い世代、ジャンルの人々から支持されており、親子3代に渡って愛用しているというケースも多いのです。

スーツにも似合いますし、シンプルなデニムスタイルなどにも似合うので、公私に渡って使えるところが魅力です。


 

LOEWE(ロエベ)

LOEWE(ロエベ)

ロエベの気品溢れるテイストは、本物です。なにしろスペイン王室の人々も愛用しているほどなので、その信頼度の高さについては、あらためて語るまでもないでしょう。

最近では、ドラマの主人公が通勤バッグとしてロエベのものを使っていたり、インスタで人気となっているファッショニスタ達もロエベのバッグをハードに愛用している傾向があるので、この機会に最先端のトレンドを取り入れてしまってください。


 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

ハイブランドのバッグが欲しいけれど、どこを見回しても予算オーバーでげんなり…という人にとって、コーチは救世主的存在となってくれることでしょう。

コーチのバッグはデザイン性が高く、造りも非常にしっかりしているのに、価格が一回り安く設定されているのです。

だからこそ、コーチは爆発的な人気を誇っており、象徴的な「C」のモノグラムが施されているバッグは、街で見掛けない日がない…!というほどになっているわけです。


 

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

やっぱり、威張りの効くバッグで周囲の人を圧倒したい…!という思いがあるのなら、結局はルイヴィトンに落ち着くというのがオススメです。

ルイヴィトンには、無限とも思えるほど多数のバリエーションが揃っていますし、価格帯は張りますが、やはりそれだけの人気と知名度を誇っているブランドですから、買って後悔をするようなことは絶対にないでしょう。

流行り廃りもないので、いつまでも優越感を抱きながら、大事に愛用していけるバッグに出会えます。


 

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

ファッションセンスに自信のある人は、グッチでデザイン性の高い、華やかなバッグを狙ってみてください。

弱気な人が持ってしまうと、バッグに負けてしまうかもしれませんが…、しっかりと負けない圧のあるオーラを放っていれば、グッチのバッグはあなたを最強に魅力的な人として演出してくれることでしょう。

予算は10万円以上が必須となりますが、グッチの世界を自身の中に取り込めるのですから、損をすることは絶対にありません。

 

-ランキング・おすすめ・人気
-, ,

Copyright© メンズ財布.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.