メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

ランキング・おすすめ・人気

かばん(メンズ)ブランドで人気が高いおすすめ28選

投稿日:

 

かばん(メンズ)ブランドで人気が高いおすすめを厳選しました。

 

かばん(メンズ)ブランド

COCOMEISTER(ココマイスター)

日本製の高品質なバッグ、それも本格的で、紳士な男性に似合う、重厚感のあるバッグを探しているということなら、ココマイスターがオススメできます。

ヨーロッパから取り寄せた伝統的で上質な皮革素材を、熟練された日本の職人が丹精を込めて縫製するというスタイルで、今、ココマイスターは人気が急上昇しています。

もし、まだ未体験だという人はまず、ラインナップをチェックするところからスタートさせてみてください。


 

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

デパートのメンズバッグコーナーでも、飛ぶように売れていて、多くの若いメンズから圧倒的に支持されているのが、イタリア発のオロビアンコです。

イタリアといえばファションや革製品の本場ですから、この時点で多くの人が憧れを持つのですが、オロビアンコは高級感がある上に、価格帯が比較的リーズナブルなので、頭1つ抜けて人気が爆発しているというわけなのです。

品数やバリエーションもかなり豊富なので、贅沢に悩んでみてください。


 

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

生産を安価な海外に頼ってしまうブランドが多い中で、アニアリは徹底して国産であることにこだわり続けています。

また、1つ1つのバッグのコンセプトも非常に明確で、職人のただならぬこだわりやポリシーを感じることでしょう。

カラフルなバリエーションも魅力的で、定番のブラック、ブラウン、ネイビーだけでなく、ニュアンス感の強い混色系であったり、鮮やかな発色のレッド、グリーン、イエローなどにも出会ってみてください。


 

HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)

エルゴポックは、職人がこだわって生み出す日本製の高品質なバッグを入手することのできるブランドです。

基本的にオーソドックスで使い勝手に優れたバッグが展開されているのですが、シンプルなバッグというものは、シルエットや素材感が美しくないと、かえって持つのに抵抗を抱いてしまうわけで…。

エルゴポックであれば、そんな違いを見抜く目を持った人でも、高いレベルで満足をすることができるでしょう。


 

HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

職人の手によってこだわって造り出される、いかにも革製品らしい革製品が好き!ザ・革のバッグという雰囲気に惹かれる人は、ヘルツで納得のいく相棒を見つけることができるでしょう。

ヘルツのバッグには、独特の存在感があります。

コンセプトが明快で、なおかつディテールが凝っているので、サラリとしたシンプルなコーデの日に、ヘルツのバッグをプラスすると、大人として一気に垢抜けることができるでしょう。


 

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

ペッレモルビダの世界観は非常に洗練されていて、ヨーロッパのセレブ達が愛用していそうな空気感を漂わせています。

海、波、豪華客船という、特別に高級感のある世界観が構築されていて、通勤スタイルや、デート時のコーデを一気に何ランクもアップさせてくれることでしょう。

日本発のブランドで品質に信頼ができる上、価格帯に関しても良心的な値段で展開してくれているので、これを狙わない手はないでしょう。


 

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

ガンゾのバッグに興味を示す人は、革製品ブランドの中でも特に実力があり、マニア達から認められているような存在が気になる!というタイプの人です。

海外のハイブランド品を身につけるのも良いですが…、それよりもまずは、日本発の良質なバッグを愛用していきたい!という人にとって、ガンゾは最高の選択肢になり得るでしょう。

他では手に入らないような、レア度の高い究極な皮革素材も揃っています。


 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

重厚感があり、渋いテイストで、大人びた魅力に満ちているバッグを求めているなら、東京の万双がオススメです。

デパートのメンズフロアなどで頻繁に見掛けることのできるブランドではなく、2軒しかない実店舗かオンラインでないと入手ができないため、人とかぶる心配がありません。

それでもわざわざ万双のバッグを購入するということは、そこに価値を感じることのできる、こだわり派なメンズであるということの証になるのです。


 

土屋鞄製造所(ツチヤカバンセイサクジョ)

土屋鞄製造所(ツチヤカバンセイサクジョ)

日本に古くからある、老舗の優良革製品ブランドってどこ?ということを問われたら、多くの人は、土屋鞄製造所の名前を出すことでしょう。

ランドセルの開発を長年行っていることでも知られている実力のある存在です。

名前はちょっと古めかしいのですが、実際に開発している製品は非常に洗練されていてモダンで、若い世代の男女から高く評価されています。

大人向けのランドセルが最高のオススメ商品となっています。


 

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

ソメスサドルは、北海道の雄大な自然の中で馬具の製造を行っているブランドです。

騎手の命を預かる馬具…、そんな馬具の製造を任されているというだけでも、ソメスサドルがいかに実力のあるブランドか、ということがうかがい知れるでしょう。

馬のなめらかな肌質や、エレガントな流曲線、クラシカルなベルトの雰囲気を感じさせてくれるなどなど、ソメスサドルならではの独特なテイストにも魅せられてみてください。


 

YUHAKU(ユハク)

YUHAKU(ユハク)

日本発のユハクは、その染色技術の高さが海外からも評価されているような存在です。

アーティスティックな佇まいのバッグには、多くの人が一瞬で心を奪われてしまいます。

ディテールも凝っており、特に馬具っぽいテイストの施されているアンティーク調のバッグは必見!まるで映画の主人公が愛用しているかのような美しさに魅了されることでしょう。

日本人の誇りを思い出すことのできるブランドなので、この機会に是非、知っておいてください。


 

Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

シンプルだけれど、どこか斬新で奇抜な要素もプラスされていて、安心してスーツに合わせることのできるオシャレバッグ…といえば、それはポールスミスのバッグでしょう。

デザイン性が高くて、ちゃんと高級感があるのに、価格帯は他と比べて意外に安価!というところが、若いメンズから圧倒的に支持されている理由です。

デパートにもインショップとして必ず入っているので、親しみを持っているメンズも多いことでしょう。


 

TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)

ノートPCや、タブレットなど、デジタル機器を持ち運ぶ機会の多い現代人なメンズには、TUMIがオススメできます。

TUMIのバッグはとにかく高機能!2WAYや、3WAWで使えることなんて当たり前ですし、コンパートメントやポケットもこれでもか!というほどに充実しています。

さらには、耐久性の高い特別な生地が採用されていたり、世界のどこで落としても持ち主が誰だかわかるIDが付属しているなど、とにかくいたれりつくせりです。


 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

高級感があって、耐久性に優れていて、それでいて、何よりデザイン性が高くてオシャレなブランドがいい!という贅沢な望みを持った男女には、コーチのバッグがオススメできます。

ニューヨーク発のコーチは日本人との親和性も抜群な存在。街を歩いていても、多くの人が「C」シグニチャーの施されたバッグや財布を嬉しそうに身につけています。

価格帯に関して、ちょっぴりお得感を抱かせてくれるところがまた、コーチの魅力であると言えるでしょう。


 

dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

ダンヒルはイギリスで誕生した世界的に高く評価されているハイブランドです。

サッカー日本代表のオフィシャルスーツを手掛けるなど、話題性も抜群。一流を目指す人は皆、ダンヒルのバッグや財布にこぞって手を伸ばしたがります。

バッグの世界観は、とにかくシンプルでクラシカル。本人に魅力があってこそ、お互いに共鳴し合えるような雰囲気の特別なバッグが揃っています。

是非、スーツとも併せて購入を検討してみてください。


 

Felisi(フェリージ)

Felisi(フェリージ)

イタリアで誕生したファッションブランドには、独特のギラギラ感が漂っていたりしますが、フェリージの場合は、どこまでも明るく、エレガントで爽やかです。

そのため、職場での好感度を気にする人や、これ見よがしなファッションに抵抗を感じるタイプの人に、フェリージは特にオススメができます。

本格的なレザーブランドなので、品質の素晴らしさにも信頼ができます。

ナイロン素材とレザーのコラボレーションを得意としているので、チェックしてみてください。


 

STEFANOMANO(ステファノマーノ)

STEFANOMANO(ステファノマーノ)

ステファノマーノは、革製品の本場、イタリアで誕生した本格的なレザーグッズブランドです。

とにかく素材にこだわっていて、最高レベルのタンナーでAランクを獲得しているような皮革しか採用していませんし、あえて速度の遅いミシンで正確な手縫いを徹底するなど、ステファノマーノは本物を求める人にグサッと刺さるようなブランドなのです。

それでいて、価格帯はとても良心的。これは今すぐチェックするしかないでしょう。


 

Bric's(ブリックス)

Bric's(ブリックス)

ブリックスは、イタリアのミラノで誕生したブランドです。

ラグジュアリーで機能性の高いスーツケースが展開されており、世界中のセレブ達がブリックスのバッグで旅行を楽しんでいます。

ブリックスというと、旅行用バッグのイメージが強いので、是非、そちらとセットで日常使い用のバッグもコーデ購入してみてください。

日本ではあまりメジャー感が強い方のブランドではないため、最先端な雰囲気を醸し出せることでしょう。


 

ETTINGER(エッティンガー)

ETTINGER(エッティンガー)

エッティンガーは、マニアックな固定ファンの心を虜にしているような、気品溢れるイギリスのレザーブランドです。

何しろ、あのチャールズ皇太子も愛用しているほどですから、それくらい、品質には信頼ができるわけです。

エッティンガーの魅力は、店舗数が少ないというところにもあると言えます。

だからこそ、レア度が高く、人とかぶる心配もなくて、持っていると特別な優越感を味わうことができるのです。


 

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

レディースに向けたファッションブランドだと思って、ノーチェックで済ませている人もいるかもしれませんが…、実はヴィヴィアンウエストウッドからは、多くのメンズ向けなバッグや財布が展開されています。

しかもデザイン性も高く、いずれも皆、クールで斬新で特別なオーラを放っているものばかりです。

かといってビジネスシーンで浮き過ぎてしまうような感じでもないため、是非、絶妙なテイストを狙いにいってください。


 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

ラグジュアリーなレザーグッズで、一流な大人の男性の仲間入りをしたい、と思ったらその時は、ボッテガ・ヴェネタのバッグに頼るべきでしょう。

ボッテガといえば、職人が手作業によって生み出す、エレガントで美しいレザーの編み込み「イントレチャート」が特徴的です。

この編み込みのテイストがどんなバランスで施されているバッグを選ぶのか…というのが、またセンスの魅せどころになってきます。


 

Berluti(ベルルッティ)

Berluti(ベルルッティ)

芸術性の高いバッグで、人の目を惹きたい!と思ったら、ベルルッティに注目すべきでしょう。

ベルルッティは、かつてあのピカソも愛用していたというブランドで、他にはない、特別な世界観に世界中のセレブ達が魅了されています。

美しく焼け焦げたようなアンティーク調のレザーに、クールなカリグラフィーが施されており、まるで、美術館でガラスケースの中に飾られているかのような格調の高さを放っているバッグが手に入ります。


 

BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

バーバリーは、世界中の男女から愛されているイギリスのハイブランドです。

有名なのは、エレガントでかつキュートなタータンチェックですが、最近では、独特な存在感を放っているモノグラムや、ポップで斬新なテイストのアイテムもどんどんと世に贈り出されているので、全く目が離せません。

巷のファッショニスタ達もこぞって自身のコーデに取り入れ、SNSで発信していますので、そちらも参考にしてみてください。


 

Giorgio Armani(ジョージ アルマーニ)

Giorgio Armani(ジョージ アルマーニ)

アルマーニといえば、世界的に有名でセレブ達が愛用しているハイブランドです。

若いメンズはエンポリオ・アルマーニを重宝しているようですが、大人として重厚感のある本格的なバッグを身に着けたいという願望があるのなら、ジョルジオ・アルマーニのアイテムを狙いにいくべきでしょう。

奇抜な個性が欲しい…というよりも、とにかくシルエットの美しさと素材の良さで人と差をつけたい!という価値観に共鳴できる人は。是非。


 

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

フェラガモの世界観は、洗練されていて、ちょっと毒があって、デザイン性が高く、非常にオシャレです。

元々はレディース向けのシューズの開発を行っていたブランドなので、ちょっと斜め上なセンスを発揮できるところも魅力であるといえます。

フェラガモといえば、ガンチーニのロゴマークとシグニチャーの施されたモノグラムが象徴的です。

このエッセンスをどこまでコーデに取り入れるのがいいのか、是非研究をしてみてください。


 

PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)

昔から世界的に有名なハイブランドとして、絶対的な地位を確立しているのが、プラダです。

女性人気の高いブランドだからこそ、あえてそんなプラダのバッグを身につけていると、フェミニンでセクシーな色気をアピールできることでしょう。

シンプルなデザインのものから、ちょっと奇抜で毒のある雰囲気が魅力的なバッグまで、バリエーションは豊富に揃っていますから、今すぐラインナップを覗いていってください。


 

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

グッチといえば、その名を知らない人はいないほど、メジャーで人気も知名度も高いハイブランドです。

「G」のシグニチャーが施されているものや、赤と緑のストライプが王道のデザインとして定着していますが、グッチからは実に幅広いテイストのバリエーションが展開されています。

確実に威張りを効かせることもできるので、自己投資を検討している人はまず、候補にグッチを入れておいてください。


 

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

フランス発のルイヴィトンは、世界中のセレブ達がコーデに取り入れている大人気のハイブランドです。

ブランドものの代名詞にもなっているような存在なので、あるモノグラムをいつか、自分のコーディネートの中に取り入れてみたい…と憧れている時間があったら、今すぐにピン!と来たアイテムを購入してしまいましょう!

自分への投資は早ければ早いほど、効果を発揮しますよ!価格帯はもちろん高いですが、だからこそ得られる優越感を是非、味わってみてください。

 

-ランキング・おすすめ・人気
-, ,

Copyright© メンズ財布.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.