メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

ビジネスバッグ ランキング・おすすめ・人気

人気でおすすめのブリーフケース(メンズ)ブランド29選

投稿日:

 

人気でおすすめのブリーフケース(メンズ)ブランドを厳選しました。

 

ブリーフケース(メンズ)ブランド

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

ブリーフケースに高級感や重厚感、本格的なテイストを求めているのなら、日本発のココマイスターで探してみてください。

ヨーロッパの貴族的な紳士が愛用している、といったイメージの気品溢れるバッグが揃っています。

人気、知名度共に急上昇しているブランドなので、間違いがありません。

皮革素材の種類や、カラーバリエーションなども豊富ですし、まだラインナップをチェックしたことがないとう人は必見です。


 

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

ブリーフケースでの通勤スタイルを華やかかつスタイリッシュにキメたい!という人には、オロビアンコがオススメできます。

イタリア発のブランドで、高級感があるのに価格帯がリーズナブルであるため、若い世代のビジネスマン達から圧倒的な支持を得ています。

特徴的な3色リボンを街で頻繁に見掛けるという人も多いのではないでしょうか?作りも凝っていて、存在感のある素敵な相棒に出会えることでしょう。


 

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

アニアリでブリーフケースをゲットしようとしたら、カラーバリエーションで贅沢に悩むことができるでしょう。

普通なら揃っていないような、オレンジ、ブルーなどなど、周囲の人と確実に差をつけることのできるような色調のバッグが豊富に揃っています。

メイドインジャパンであることに徹底してこだわっている骨太なブランドなので、品質もズバ抜けて優れています。

価格帯も良心的なので、安心して購入することができるでしょう。


 

HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)

エルゴポックは日本発のブランドで、オリジナルのレシピで皮革素材も開発しているような、こだわりの強いブランドです。

シルエットにしても、テクスチャーの表情にしても、とにかく美しさが際立っているため、どんなにシンプルなバッグであっても、きちんと様になってしまうのです。

スーツスタイルにバシッと似合うようなブリーフケースが揃っていますから、是非、ラインナップに注目していってください。


 

HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

ヘルツのバッグには、いかにも革製品らしい独特の存在感があります。

いわゆる大人顔のシュッとしたブリーフケースもいいですが、革の表情が全面に押し出されていて、装飾のベルトなども凝っているような、芸術性の高いバッグを持ち歩いてみませんか?

ヘルツでは、オーダーを受けてから職人が縫製に入るので、入手できるまでの期間が待ち遠しいのも、魅力の1つです。

世界に1つだけのバッグを、自分色に染めていく楽しみを見出してください。


 

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

垢抜けたファッション性の高い大人として、洗練されたビジネスバッグを持ち歩きたい!ということであれば、ペッレモルビダがオススメできます。

海外のハイブランドに安易には頼りたくないな、というタイプの人にも、ペッレモルビダは最高の選択肢となり得るはずです。

豪華客船の旅に連れていけるバッグを…というようなコンセプトで展開されているため、船底を思わせるエレガントな流曲線を楽しめたり、他にはない魅力が詰まっています。


 

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

ガンゾから販売されているバッグは、とにかく質が高いので、お目の高いマニアックな人々にも絶対的にオススメすることができます。

皮革素材のバリエーションも豊富で、安定して人気の高いブライドルやコードバンが揃っている他、なかなか見掛けることのない、本物のリザードやクロコダイルなども展開されています。

それもこれもガンゾの実力が本物である証。メイドインジャパンの真骨頂を味わってみてください。


 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

こだわりの強い本格志向のメンズは、万双で買い物をすれば納得するはず。万双のバッグには、唯一無二で代え難いような渋さと重厚感があります。

1点1点手づくりされているということがひしひしと伝わってくるでしょう。

作りもしっかりしていて、長年に渡って相棒として活躍してくれるような、質の高いブリーフケースを入手することができます。

使い込むほどに自分色へと染まっていく美しい経年変化も楽しみにしていてください。


 

土屋鞄製造所(ツチヤカバンセイサクジョ)

土屋鞄製造所(ツチヤカバンセイサクジョ)

信頼度と知名度の高い、安定した人気ブランドで、適性な価格の革製品を購入したいと考えている人にオススメなのが土屋鞄製造所です。

しかも土屋鞄製造所のバッグは、洗練されていてスタイリッシュで文句なしにオシャレです。

若者からシニア層の人にまで、誰にでもバシッとキマるような、エッジの効いたレザーグッズが展開されているのです。

雨にも強い特殊なレザーのブリーフケースが特にオススメですので注目していってください。


 

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

ソメスサドルは馬具の製造を行っているブランドですから、その縫製技術の高さについては語るまでもありません。

さらには、馬具を彷彿とさせるようなクラシカルで気品溢れるディテール、皮革素材から漂う独特な表情にも注目していってください。

馬が好きな人、乗馬ファン、競馬ファン、午年な人、名前に馬がついている人、などなど…。馬と縁のある人にとって、目が離せない特別な存在でもあります。


 

YUHAKU(ユハク)

【yuhaku】

ユハクのバッグは芸術性が高く、一目惚れしてしまう人も多いほどにとにかく美しいので、まずはラインナップを隈なくチェックしていってください。

何が美しいかというと、まず、ハイレベルな染色技術が織りなす、グラデーションの効いたアンティーク調のボディです。

色を重ねているにも関わらず、圧倒的な透明感を誇っており、これは他のブランドには真似ができないと言われています。

ハッと人の目を惹くような、特別なバッグに出会ってしまってください。


 

Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

ポールスミスは、多くの若いメンズが一度はお世話になったことがあるような、超大人気メジャーブランドです。

イギリスで誕生したポールスミスのバッグには、気品があるのに洒落も効いていて、とにかくオシャレ。

基本的にはブラックやブラウンやネイビーが主体となっているので、使いやすさバツグンなのですが、それだけでなく、斬新なマルチカラーの要素が施されていて、しっかりと個性もアピールできるのが魅力なのです。


 

TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)

ビジネスマンの持つバッグにとって、重要なのはとにかく機能性の高さであり、耐久性の高さである!という信念が伝わってくるような、ストイックなブランド、それがTUMIです。

アメリカ発TUMIの魅力は、バリバリ働いている男性であれば確実に実感できることでしょう。

右脳派よりも、左脳派!という感じで、デジタル機器を持ち運ぶのに適している、出張にも行けてしまうタフなブリーフケースを探しているという感じの人にオススメできます。


 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

コーチのバッグには、多くの日本人にとってちょうどいい、ドンピシャな魅力が詰まっているといえるでしょう。

ハイブランドの風格が漂っているのに、価格帯が案外リーズナブルで、その上耐久性も高く、なによりデザインが優れていてバリエーションも豊富!というわけで、あれこれ迷ったけれど、結局コーチに落ち着いた!という道を辿る人は非常に多いわけです。

女性向けのブランド…という印象が強かった時代はもう終わっていますので、若いメンズこそコーチに手を伸ばしてください。


 

dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

男から憧れられるような男になりたかったら、ダンヒルでブリーフケースを購入すべきでしょう。

イギリス発のダンヒルは、世界的に人気の高いハイブランドです。テイストはとにかくエレガントで、クラシカル。大人びていて、どこかセクシーな魅力に満ち溢れています。

もちろん価格帯はそれなりにお高めとなっていますが、ダンヒルのバッグであれば、一生威張りが効くので、ここに投資をするのは賢明な判断であると言えるでしょう。


 

Felisi(フェリージ)

Felisi(フェリージ)

ファッションの本場であるイタリアからやってきたフェリージは、好感度の高い優良レザーブランドです。

ブリーフケースなどは、フェリージにとって得意中の得意ですから、是非、ラインナップを全てチェックしていってください。

オールレザーの贅沢な商品も良いのですが、フェリージの真骨頂といえば、高級感のあるナイロンを巧みに組み合わせているタイプのバッグです。

価格帯も絶妙なラインに設定されていますから、衝動的に購入を決意する人も出てくるでしょう。


 

STEFANOMANO(ステファノマーノ)

STEFANOMANO(ステファノマーノ)

ステファノマーノは、とにかく素材と縫製にこだわり抜いている、本格志向なマニア向けブランドです。

職人が1点1点、愛情を込めて生み出すようなバッグに強い魅力を感じる…というタイプの人は是非、ステファノマーノで長年連れ添えるような相棒を探してみてください。

あえて速度の遅いミシンで丁寧に施しているというステッチは必見です。

名門タンナーから取り寄せている、Aランクの皮革素材にも優越感を抱けることでしょう。


 

Bric's(ブリックス)

Bric's(ブリックス)

ブリックスは、日本ではそこまで有名ではありませんが、世界中のセレブがスーツケースのブランドとして高く評価している存在です。

生成りのようなカラーに、味わい深いレザーのコントラストというデザインが王道で、このテイストのスーツケースを一度は見たことがある!という人も多いはず。

そんなブリックスで、あえてクールなブリーフケースを購入するというプランについて検討してみてください。

斜め上感のあるオシャレが狙えることでしょう。


 

ETTINGER(エッティンガー)

ETTINGER(エッティンガー)

エッティンガーは気品で満ちており、ロイヤル感の溢れるレザーブランドです。

なにしろ、あの英国王室のチャールズ皇太子も愛用しているほどなので、いかに間違いのない存在であるかということがうかがいしれるでしょう。

エッティンガーなんて名前は、聞いたことがない!という人も、中にはいるかもしれませんね。

何しろ実店舗が極端に少ないので人とかぶる心配はありません。是非、そんなエッティンガーのバッグをオンラインで入手してください。


 

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

ヴィヴィアンウエストウッドって、女性向けのブランドなんじゃないの?と思った人は、まだまだ甘いです。

実は男性向けの、しかもビジネスシーンに適しているバッグが展開されているので、しっかりとラインナップをチェックしていってください。

ありきたりな黒のバッグではなく、ちょっと尖った要素があって、洗練された魅力を放っているようなブリーフケースが手に入ることでしょう。

異性からの視線も、これで釘付けにできるはずですよ!


 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

エレガントなレザーの編み込みブリーフケースで、周囲の人と圧倒的な差を付けてみたいと思いませんか?もし、そんな願望がちょっとでもあるのなら、イタリア発のブランド、ボッテガ・ヴェネタでショッピングをしていってください。

ボッテガといえば、ハイブランドの中でも頭1つ抜けて高級なので、威張りを効かせられることは間違いありません。

最近では、斬新なデザインのものも多いので、ファッションセンスを存分にアピールできることでしょう。


 

Berluti(ベルルッティ)

Berluti(ベルルッティ)

かつて、あの世界的に著名な芸術家、ピカソも愛用していたというベルルッティのラグジュアリーなバッグに興味はありませんか?

ベルルッティの価格帯は、よほど経済的に余裕のある人でないと、とても手が出せないほどお高いのですが、確実にその価値を実感することができるはず。

ここぞ!という場面での自己投資を考えている人には特にオススメできます。

色ムラが美しいアンティーク調のバッグに施されているカリグラフィーという独特の世界観は、とにかくアーティスティック。


 

BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

ファッションリーダーとしての存在感もアピールしたいということなら、今、圧倒的にオススメできるのはバーバリーです。

バーバリーといえば、可愛らしくて上品なタータンチェックをイメージする人が多いかもしれませんが…、最近のバーバリーはどんどんと洗練されていっており、特別で尖った空気感が放たれていますから、目を離さないでください。

インパクトの強いカラーのものや、毒々しくも美しいモノグラムの施されているものが特に狙い目です。


 

Saint Laurent(サンローラン)

Saint Laurent(サンローラン)

ブラック基調のバッグに、さりげなく光るシルバーの装飾…というテイストは、昔からビジネスシーンにおける王道として重宝されています。

サンローランは、まさにその道のトップを走っているようなハイブランドなので、是非、そんなサンローランでエレガントなブリーフケースを探してみてください。

スムースレザーのバッグだけでなく、クロコダイルのエキゾチックなバッグにも注目すべきでしょう。


 

Giorgio Armani(ジョージ アルマーニ)

Giorgio Armani(ジョージ アルマーニ)

一流のビジネスマンとして、トップにのしあがりたい!という野心溢れるメンズには、ジョルジオ・アルマーニのブリーフケースがよく似合うことでしょう。

奇抜な遊び心を感じさせるような、ちょっとチャラっとしたブランドではなく、アルマーニのバッグはどこまでもエレガントでラグジュアリーでクラシカルです。

ストイックに仕事のできる男性、違いがわかり本物を見抜く目を持っているような色気のある男性と波長がマッチすることでしょう。


 

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

サルヴァトーレ・フェラガモのバッグをサラッと愛用できてしまうメンズは、究極にオシャレで、そして女性にも優しく紳士的…というイメージです。

フェラガモといえば、ガンチーニのマークが有名なので、このエッセンスをどこまで強調するのかが、センスの魅せどころ。

全体にシグニチャーモノグラムとして施されているものをチョイスするのも良いですし、金具にワンポイントであしらわれているタイプのバッグもエレガントです。


 

PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)

プラダは、世界的に女性人気の高いハイブランドなので、あえてそんなプラダでブリーフケースを購入しようと考えるメンズは、とにかくオシャレで、異性の扱いに慣れていそう…というようなイメージです。

信頼度の高い存在でありながら、ちょっとチャラっとした要素もあるので、そのバランスが絶妙!と感じる人は、今すぐラインナップをチェックしに行ってください。

彼女とのペア愛用なども検討できるのが魅力でしょう。


 

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

圧倒的な人気と知名度を誇る、超トップブランド群の一角を担っているのが、イタリア発のグッチです。

オシャレなセレブは皆、こぞってグッチのアイテムを身に着けています。…なんてことは、今更語るまでもありませんね。

ビジネスシーンでも堂々と活躍させられるような、気品溢れるブリーフケースが展開されていますから是非、購入を検討していってください。

「G」のシグニチャーや、赤の効いたグッチらしいストライプが優越感を刺激してくれることでしょう。


 

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

ヴィトンから展開されているブリーフケースは、とにかく芸術性が高く、ビジネスシーンを優雅に演出してくれそうです。

モノグラムがバン!と施されているタイプのものを狙うのも良いですし、ヴィトンの要素が控えめで、「あれ?よく見たらヴィトンのバッグだ!」というテイストのものを狙うのも、品があってオシャレです。

耐久性も高いですから、長年に渡ってラグジュアリーな気持ちを抱かせてもらえることでしょう。

 

-ビジネスバッグ, ランキング・おすすめ・人気
-, ,

Copyright© メンズ財布.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.