メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

ランキング・おすすめ・人気

牛革カバン(メンズ)選ぶならおすすめの人気ブランド21選

投稿日:

 

牛革カバン(メンズ)選ぶならおすすめの人気ブランドを厳選しました。

 

牛革カバン(メンズ)ブランド

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

牛革のバッグで高級感のあるものを探しているということなら、日本発のブランド、ココマイスターを真っ先に覗いてみるべきでしょう。

特に、本格的なバッグをそろそろ本気で持ちたいと考えているビジネスマンにとっては必見なブランドです。

世界中から取り寄せている上質な皮革素材を日本の職人が丹念に縫製しているので、間違いがありません。

種類やカラーバリエーションも豊富に揃っているのでオススメです。


 

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

アニアリのバッグは、オーソドックスで使いやすく、上質である上にとにかく色のバリエーションが豊富です。

もちろん、ブラックや、ブラウンや、ネイビーといった定番は完璧に押さえられていますし、他にも、レッド、オレンジ、ブルー、イエロー、グレー、ホワイト、といったような鮮やかなカラバリが、心を鷲掴みにしてくれることでしょう。

価格帯も良心的なので安心してラインナップを覗いてみてください。


 

HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

本格的な牛革のバッグを狙っている人にオススメできるのが、日本発のヘルツです。

ヘルツでなら、いかにも革製品らしい革製品が手に入ります。そうそう、魅力的な革製品ってつまり、こういうことだよね!と誰もが納得できることでしょう。

コンセプチュアルなところも魅力的で、1つ1つのバッグに個性とアイデアが凝縮されています。

芸術的な感性の鋭い大人可愛いメンズにオススメしたいブランドです。


 

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

ネームバリューのある海外のハイブランド品を使うことで優越感を抱きたい!という方向性以外にも、日本製の本当に良質なバッグを持ち歩くことでお目の高い人であることをアピールしよう!という方向性が考えられますよね。

そこに狙いを定めている人は、ガンゾでバッグを購入してみてください。

ガンゾは革製品のマニアがこぞって絶賛しているハイレベルな存在です。

質の良さでバッグを選んでいるという実感が持てることでしょう。


 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

万双は、渋みのある本格的な美しい牛革のバッグが揃っている、大人向けなレザーグッズブランドです。

東京にしか実店舗がないというところもまた、レアで魅力的。人とかぶる心配が少ないので、優越感を頂きながら質の高いバッグを愛用していけることでしょう。

ブライドルやコードバンなど、定番のレザーが押さえられている他、独自に長年の月日を掛けて開発したというオリジナルなレザーにも注目していってください。


 

HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)

エルゴポックのレザーバッグは、洗練されていて、スタイリッシュで、都会的。

非常にシンプルな造りをしていることが多いのですが、シンプルなバッグだからこそ、素材の良さや、シルエットの美しさが光っています。

とにかく、計算し尽くされていることが伝わってくるような、メイドインジャパンの真骨頂を実感することのできるブランドです。

それでいて、価格帯は良心的。定番として持っておきたいアイテムは、エルゴポックで揃えましょう。


 

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

ソメスサドルは、他とは違う独特の存在感を放っているブランドです。

雄大な北海道の自然の中に工房を構えており、バッグと同時に馬具の製造も行っているのが特徴的。

馬具といえば、機種の命を預かるようなアイテムですから、そんな馬具の製造を行えるソメスサドルが、いかに実力のあるブランドであるか…容易に想像できることでしょう。

クラシカルで上品な馬具を思わせるベルトのデザインなどにも注目です。


 

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

ペッレモルビダは、日本で誕生したブランドです。

どことなく、ヨーロッパの街並みや地中海沿岸の雰囲気を思わせてくれるのですが、ちゃんとメイドインジャパン品質のバッグを楽しむことができるので、何重にもお得です。

エレガントな流曲線や、キラキラとしたテクスチャーが施されているところもペッレモルビダです。

通勤スタイルを垢抜けさせたいと願っている男女にオススメできるブランドです。


 

土屋鞄製造所(ツチヤカバンセイサクジョ)

土屋鞄製造所(ツチヤカバンセイサクジョ)

土屋鞄製造所の牛革バッグは、とにかく洗練されていてオシャレです!

大人向けのランドセルなども開発されているので、クラシカルでありつつも最先端な空気感をファッションに取り入れたいという人は是非、覗いてみてください。

老舗ブランドとしての実力も誇っているので、デザイン性に優れているだけでなく、しっかりと丈夫で耐久性の高いバッグを手に入れることができます。

価格帯も高すぎることがなく、良心的です。


 

dan genten(ダン ゲンテン)

dan genten(ダン ゲンテン)

同じシンプルな革製品のバッグでも、ちょっとしたディテールの違いでオシャレに見えるかどうかって変わってくるものです。

その点、ダンゲンテンのバッグは、1枚革の使い方や、ベルトの施し方がとにかく絶妙。

抜け感のある、セクシーでちょっと無骨な雰囲気のバッグに仕上げられています。

ゲンテンというレディースラインのブランドと棲み分けがされているので、男女でペア愛用するのもアリでしょう。


 

dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

ダンヒルは、イギリスで誕生したセレブな大人のメンズのためのハイブランドです。

際立った個性があるというよりも、シンプルなのにひたすらにラグジュアリーで高級感のある表情が魅力的。

自分を磨きに磨いた、一流の男性だけが、ダンヒルのバッグを手にした時、様になるわけです。

価格帯はかなりお高めとなっていますが、確実にその価値を実感できることでしょう。

自己投資をしたいという人にもオススメです。


 

ARMANI(アルマーニ)

ARMANI(アルマーニ)

イタリアのハイブランド、アルマーニは世界的にメジャーな存在で、ラグジュアリーなアイテムを幅広く展開しています。

スーツやジャケット、シャツやネクタイなどが豊富に揃っているので、バッグと合わせて全体をアルマーニでコーディネートできてしまうところも魅力。

手を伸ばしやすい、エンポリオ・アルマーニも人気となっていますが、大人なメンズが狙うのであれば、本家のジョルジオ・アルマーニがオススメ。


 

GLENROYAL(グレンロイヤル)

GLENROYAL(グレンロイヤル)

海外発の優良な革製品、本格的な革製品を手に入れたいのであれば、スコットランドからやってきたグレンロイヤルを狙ってみてください。

クラシカルな雰囲気で、お行儀の良いバッグや財布を手に入れることができます。

イギリスといえばブライドルレザーが有名なので、アンティーク調で優雅な雰囲気に満ちたブライドルのバッグを探してみるというのもオススメ。

発色の良さも魅力なので、あらゆるカラーでグレンロイヤルの経年変化を試してみてください。


 

Bally(バリー)

Bally(バリー)

スイスからやってきたバリーは、センシティブな若いビジネスマンと相性の良い、都会的な雰囲気のレザーブランドです。

ブラックのボディに、赤と白のストライプというのが、バリーの王道デザインなのですが、これはシックなスーツスタイルにも、カジュアルな日常のコーデにも、バチッと合うことでしょう。

奇抜な路線のバッグも揃えられているので、公私ともにバリーのお世話になってみてください。


 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

ボッテガ・ヴェネタは、イタリアで誕生した超セレブ仕様なブランドです。職人が手作業によって編み込んでいく、レザーのイントレチャートがボッテガの象徴。

最近では、細かい編み込みの作品だけでなく、マキシサイズで編み込んでいるような、斬新なデザインのものも増えてきているので、バリエーションを隅々までチェックしてみてください。

色調はダークなものが中心で、メンズのシックなスーツスタイルにバシッと似合います。


 

VERSACE(ヴェルサーチ)

VERSACE(ヴェルサーチ)

ヴェルサーチの世界観には、良い意味で毒々しさがあります。

華やかなのですが、夜の雰囲気や悪な雰囲気も加わっていて、性的な魅力をより一層、引き立ててくれることでしょう。

ビジネスシーンで使えるようなバッグもありますが、それよりは、オシャレな高級デートなどのシーンで活躍させられる、アダルティーなテイストのバッグが揃っているというイメージです。

威張りが効くので是非、ヴェルサーチとわかりやすいものを狙ってみてください。


 

STEFANOMANO(ステファノマーノ)

STEFANOMANO(ステファノマーノ)

ステファノマーノのイメージは、とにかく実直で丁寧。

職人さんが魂を込めて製作していることが、ディテールから伝わってくるような、マニアが反応するブランドです。

こういったブランドのバッグを持つ人はおそらく、自分自身もそういった姿勢で日々、仕事に取り組もうとするのでしょう。

コツコツと目の前の仕事に誠実に向き合うようなタイプの人にこそ、ステファノマーノの素晴らしいバッグを愛用して欲しいものです。


 

Calvin Klein(カルバンクライン)

Calvin Klein(カルバンクライン)

ニューヨークで誕生したカルバンクラインは、セクシーな男性の魅力を引き立ててくれるような、ヌケ感のあるオシャレブランドです。

かしこまり過ぎていないですし、価格帯も気張っていないので、ナチュラルな印象、ふわっとしていて優しい…けれど洗練されている、といったイメージをアピールしたい人にオススメです。

香水のブランドとして認知している人も多いので、あえてバッグを持つというのは、斜め上感があってオススメ。


 

BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

イギリスのロンドンを代表するハイブランド、バーバリーは、世界中の老若男女から愛されている存在です。

上品でキュートなタータンチェックは好感度が高く、大事な取引先の人や、彼女の両親からの視線が気になるようなシーンでも、安心して携えていくことができます。

ただ、最近ではちょっと毒々しさのある、斬新なモノグラム路線なども展開されているので、この機会にバーバリーを見直してみてください。


 

Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

オシャレな若いメンズが、こぞってお世話になろうとしているメジャーブランドといえば、それはイギリス発のポールスミスです。

どこのブランドでバッグを調達すればよいのか、迷ってしまった時には、ポールスミスに頼っておけば間違いない!といえるでしょう。

シンプルなのに、マルチカラーが施されていて、ほどよく尖っているという絶妙なバランスがポールスミスの魅力です。


 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

コーチは、日本国内において、圧倒的な人気を誇っているニューヨークのハイブランドです。

ハイブランドでありながら、価格帯はヴィトンやグッチよりも安価なラインに設定されているので、お得感や安心感を抱いているという人も多いことでしょう。

デザイン性が高く、耐久性にも優れているので、迷ってしまったら、コーチのバッグを選んでおけば絶対に大丈夫です。

 

-ランキング・おすすめ・人気
-, ,

Copyright© メンズ財布.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.