メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

ビジネスバッグ ランキング・おすすめ・人気

コスパ重視のビジネスバッグ!人気おすすめブランド11選

投稿日:

 

コスパ重視のビジネスバッグ!人気おすすめブランドを厳選しました。

 

コスパ重視のビジネスバッグブランド

HushTug(ハッシュタグ)

HushTug(ハッシュタグ)

ハッシュタグは、新時代のニーズに合わせて誕生した、ビジネスマン向けの革製品ブランドです。

中間マージンを掛けないことで、リーズナブルな価格を実現しているのですが、ここのシステムに透明感があるので、安心して購入することができる、良心的なブランドです。

特筆すべき点は、モンゴルレザーを採用しているというところでしょう。

ハッシュタグのバッグを購入すれば、モンゴルの人々の社会問題にも貢献をすることができるので、一石二鳥です。

また、究極にシンプルであることの美しさ、魅力もたっぷりと感じることができるでしょう。


 

GOLDMEN(ゴールドメン)

GOLDMEN(ゴールドメン)

ゴールドメンのビジネスバッグには、とにかく高級感があります。

10万円以上するのでは…!?というたたずまいのバッグを2〜3万円くらいで手に入れられてしまったりするので、初めてゴールドメンに足を踏み入れた人は、えっ!?と驚いてしまうことでしょう。

それくらい、とにかくコスパ最強なバッグの数々が揃っているので、日常的に愛用するための良質な鞄を求めている人は、まずゴールドメンにアクセスしてみてください。

必ずや、お気に入りのバッグが見つかることでしょう。


 

Business Leather Factory(ビジネスレザーファクトリー)

Business Leather Factory(ビジネスレザーファクトリー)

シンプルで安定感のある、良質なバッグ、それでいてコスパの抜群に良いバッグを入手したいと考えているビジネスマンは、ビジネスレザーファクトリーを頼る傾向にあります。

安易にハイブランドに走りたがる派手思考なタイプの人ではなく、堅実に良いものを見抜く目を持っている守備的タイプの人が好むようなブランドでもあります。

こちらのバッグを購入すると、自動的にバングラデシュの貧困問題を解決する一助になる、というところも優良ブランドと認定できるポイントだったりします。


 

GUIONNET(ギオネ)

GUIONNET(ギオネ)

ギオネは、フランスで誕生したビジネスマン向けのファッションブランドです。

バッグだけでなく、時計の開発も行っており、こちらが楽天で圧倒的ナンバーワンを獲得するほどに話題となっていたりします。

本当に価値のあるものを、適正な価格で提供する…というのがギオネのコンセプトなので、その意味を実感したいという人は是非、一度ギオネでバッグや時計を購入してみてください。

使い勝手の良いブリーフケースなどが、2万〜3万円くらいで展開されていたりするので、これは凄い!と驚く人が多いことでしょう。


 

EVERWIN(エバウィン)

EVERWIN(エバウィン)

エバウィンは、徹底して日本産であることにこだわっている、ビジネスマン向けのバッグのブランドです。

創業したのは、今から70年も前のことになるので、いかに歴史と実績のあるブランドかということが、このことからだけでも実感できることでしょう。

スーツケースなどの開発も行っているので、出張が多いビジネスマンにとっても、長期に渡ってお世話になることのできる存在です。

主力商品は、軽量で静かな走行が特徴のキャリーケースですので、こちらも含めて購入を検討してみてください。


 

SANWA SUPPLY(サンワサプライ)

SANWA SUPPLY(サンワサプライ)

サンワサプライは、ビジネスマン向けの、オーソドックスなバッグや、あえてのニッチなバッグを展開しているブランドになります。

いわゆる、通勤向けのシンプルなバッグが欲しいというニーズにも応えてくれますし、特殊な精密機器を持ち運ぶ必要が生じているという人にとっても、サンワサプライは救世主的存在となることでしょう。

価格帯の割に、作りがかなりしっかりとしていて、耐久性も高く、大満足だと感じている人が多いようです。

コスパの良いバッグを探している人にとって、こちらは最良の選択肢の1つであると言えます。


 

GLEVIO(グレヴィオ)

GLEVIO(グレヴィオ)

グレヴィオは、徹底して「機能美」の魅力を追求している、日本発のブランドです。

ネームバリュー重視の人はどうしても、海外からやってきたハイブランドに走ってしまいたくなることでしょうが、一度、そういった先入観や常識を全て取っ払った上で、シンプルにバッグとしての魅力について考えてみてください。

そうした時、必ずグレヴィオのバッグは最高の選択肢として、浮上してくるはずなのです。

シンプルでありながらも上品なオーラをまとっていて、内装まで丁寧に作り込まれている良質なバッグの数々に、きっとハマってしまうことでしょう。


 

BAGGY PORT(バギーポート)

BAGGY PORT(バギーポート)

バギーポートは、知る人ぞ知る、神戸発の革製品ブランドです。

かなり本格的なので、革製品のことについて詳しい人にとっては、常識として押さえておくべき存在と言えるでしょう。

それでいて、一般的な知名度はそこまで高くないので、人とかぶらないオシャレ、ありがちでない佇まいを意識したい人からすると、放っておけないブランドというわけです。

使用感のレポートをチェックしてみても、バギーポートの場合は、くったりとしたエイジングが魅力で、リピートしたいと感じている人が多いようです。

価格帯も抑えめで、品数も豊富なので、一度覗いてみる価値があるでしょう。


 

SEAL(シール)

SEAL(シール)

シールの世界観は、かなり独特です。なにしろ、長距離を走り終えたトラックのタイヤが素材として使われているので、他にはないテクスチャーで仕上げられており、奇妙な存在感で周囲の人の視線を釘付けにできてしまうのです。

タイヤ素材には、実際に走っていた頃の、生々しい傷がそのまま残っていたりするので、ここに男性はロマンを感じてしまう、というわけです。

ありがちではない、唯一無二のバッグを入手したい!と考えている人は、シールのバッグを愛用しましょう。

環境問題にも貢献できるので、一石二鳥です。


 

森野帆布(MORINO CANVAS)

森野帆布(MORINO CANVAS)

森野帆布の世界観に、メンズは特に惹かれることでしょう。

帆船に使われている素材が、そのままバッグに採用されていたりするので、いわゆる一般的なレザーのバッグ、キャンバス地のバッグとは、一線を画する、独特のテイストに仕上がっているわけです。

それでいて、価格帯もリーズナブルなところが、さらなる森野帆布の魅力。適正な価格で、人とは違うオシャレを楽しむことができてしまうわけです。

もちろん、耐久性も高いので、長年に渡って便利に愛用していけることでしょう。タフな相棒に出会ってみてください。


 

Butler Verner Sails(バトラーバーナーセイルズ)

Butler Verner Sails(バトラーバーナーセイルズ)

バトラーバーナーセイルズは、国内の熟練された職人達が、巧みな技でバッグを開発している、というツウ向けのブランドです。

上質な素材が選び抜かれているので、その質は非常に高く、レビューでも高評価が連発されています。

主に、馬の革を採用しているなど、他とは違うテイストに仕上がっているところが魅力だったりもします。

クールなものから、フェミニンなものまで、雰囲気の幅も広いので、隅々までラインナップをチェックしていってください。

-ビジネスバッグ, ランキング・おすすめ・人気
-,

Copyright© メンズ財布.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.