メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

ランキング・おすすめ・人気

社会人!スーツ姿のビジネスマンにピッタリなメンズ財布ブランド13選

更新日:

社会人!スーツ姿のビジネスマンにピッタリなメンズ財布ブランド12選

社会人!スーツ姿のビジネスマンにピッタリなメンズ財布ブランドを厳選しました。

社会人と言えば大人です。学生とは違うのでキチンとした持ち物で、他の人に差を付けましょう。

 

社会人、ビジネスマンのメンズ財布ブランド

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

国産の上質な財布を探しているということなら、今、ビジネスマン達からの熱い視線を浴び、急成長を遂げているブランド、ココマイスターをチェックするべきでしょう。

ココマイスターはヨーロッパ産の高級な皮革と、熟練された日本の職人技との掛け合わせが魅力のブランドです。

コードバン、マットーネ、ブライドル、クリスペルカーフなどなど、他にも数多くの素材が使われており、商品数も圧倒的に多いところが魅力となっています。

気に入る商品が、必ず見つかるはず。

 

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

若いビジネスマンの間ではもはやお馴染みのブランドとして定着している、イタリア発のオロビアンコです。

イタリアらしいデザイン性の高さと、手を伸ばしやすい価格帯が、人気となっている理由です。

おしゃれなビジネスアイテムを探しているなら見逃せないブランドのひとつです。

 

CYPRIS(キプリス)

CYPRIS(キプリス)

10年連続で百貨店のバイヤーが決める賞を受賞しているという、今、大注目のブランドがキプリスです。

素材は上質でありながら、比較的安価でコスパが良い、というようなものから、とにかく本格的で簡単には手が出せないような高級品まで、取り扱っている商品の幅が広いところも魅力です。

キプリスの財布で人気がある素材と言えば、コードバンです。大人っぽいツヤのある輝きを放つ、セクシーな財布を探しているということなら、キプリスを狙うしかないでしょう。

 

dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

セクシーでダンディーなデキる男が愛用しているブランド…と言えば、ダンヒルです。

ダンヒルはサッカー日本代表のオフィシャルスーツに採用されるなど、スーツのブランドとして有名ですが、もちろん、財布やその他、革製品の小物類等も商品が充実しています。

女ウケを狙う…というよりは、男が憧れる男になりたい…という路線で考えている人に、ダンヒルの財布はしっくりくることでしょう。

ベテランの域に入ってきた30代以降の男性に注目して欲しいブランドです。

 

ETTINGER(エッティンガー)

ETTINGER(エッティンガー)

エッティンガーはイギリスで誕生した、伝統的な由緒正しきブランドです。

英国王室の人々も愛用しており、あのチャールズ皇太子も、エッティンガーの商品を愛用しているといいます。

いかにも英国紳士らしい、シンプルだけれど、少しだけ大人の遊び心を感じさせてくれる配色センスが、たまらない魅力となっています。

店舗数は少ないものの、遠方からわざわざ本店まで足を運びに来るファンもいるというほど、エッティンガーは深く愛されているブランドです。

 

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

製品に使われている革の質がとにかく良い!ということで、革製品にうるさいビジネスマン達から密かに絶大な支持を集めているのが、ガンゾです。

ガンゾは、国産のブランドで、完全にオリジナルのメイドインジャパン品質を楽しむことができます。

エムブレムのような刻印もオシャレなので、知らなかったという人は、今のうちに予習しておいてください。

コードバンやブライドル、クロコダイルなど、本格的な素材を使った革製品が多数揃っています。

 

土屋鞄製造所

土屋鞄製造所

老舗ブランドでありながら、革新的な商品を発信し続けることで、今尚、若者からの圧倒的な支持を得ているのが、土屋鞄製造所です。

こちらのブランドは、元々ランドセルを開発していたのですが、海外でセレブ達がランドセルを愛用しているのを受け、日本人でも違和感なく使えるような「オトナランドセル」なる商品を展開させていたりします。

財布に関しても、経年変化を楽しむことができそうな、革らしい魅力が詰まった商品が多数揃っていますので、お見逃しなく。

 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

万双は、実店舗をほとんど持っていないタイプのブランドでありながら、革製品マニア達の間で絶対に名前があがるという、超実力派です。

職人が徹底してデザインにこだわっているということは、公式サイトの雰囲気からもビンビンに伝わってくることでしょう。

女性ウケするスタイリッシュなブランド…というよりは、地道にコツコツ、本物であることがわかる大人の男性に向けて、商品開発を続けてきた…というような、男気溢れるブランドです。

 

Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

ポール・スミスは英国のブランドですが、日本人との愛称がとにかく抜群です。

大手百貨店やデパートのメンズフロアへ行けば、ほぼ100%といっていいほど、ポール・スミスの店舗はインショップとして展開されていることでしょう。

オシャレを意識し始めた若い世代のメンズが、まず最初に足を踏み入れるブランドとしても、ポール・スミスは推奨されています。

シンプルで使い勝手の良いものばかりですが、ところどころに独特の鮮やかな配色がなされているところもまた魅力。

 

FUJITAKA(フジタカ)

FUJITAKA(フジタカ)

海外のハイブランドに簡単になびいてしまうよりも、日本人なら和の雰囲気を大切にしたい…、清く正しく美しく作られた、日本オリジナルの財布を持ち歩きたい、と願うビジネスマンには、FUJITAKAがピッタリでしょう。

上質な革素材を用いていて、縫製がしっかりしているというところだけでなく、日本古来からの絶妙な色彩が使われているというところも、他にはないポイント。

品揃えもかなり豊富なので、一見の価値あり。まずは公式サイトを覗いてみるのが良いでしょう。

 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

海外発のハイブランドは日本に数多く進出してきていますが、そんな中でもボッテガ・ヴェネタは、最高のランクに位置する、本物の高級ブランドです。

ボッテガの財布を持ち歩いているというだけで、かなり威張りを効かせられるはずです。財布において特徴的なのは、独特のイントレチャートというスタイル。細かくカットされたレザーが編み込まれている財布といえば、ボッテガなのです。

せっかくなら、ブランドのアイコン的カラーでもあるブルーを狙いましょう。

 

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

日本人が一番愛している、定番中の定番ブランドと言えば、それはやはりルイヴィトンでしょう。

あまりにも人気があり過ぎるので、ヴィトンに対してアレルギー反応を示してしまうアンチも存在するほどですが、それもこれも、日本人がルイヴィトンに対して強い憧れを持っているが故です。

ブランド品を使っていますよ、ということをアピールするためにヴィトンを愛用している人もいますが、これ見よがしでない、さりげないデザインのラインも存在するので、ヴィトンの品質を愛しているという人は、おとなしめの商品を狙ってみるべきでしょう。

 

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

ヴィトンと並ぶ、日本人に大人気のブランドといえば、グッチを忘れてはなりません。

ヴィトンほど強いモノグラムによる主張はないものの、赤と緑のリボンのラインが目立てば、その商品がヴィトンのものであるということは一目瞭然。

バッグは使い勝手や丈夫さを重視して国産のものを使うという人でも、財布だけはグッチを使いたい…という憧れって、やっぱり捨て切れないものです。

値段は張ってしまいますが、毎日、永く使うものなので、ここは投資をするべきでしょう。

 

-ランキング・おすすめ・人気
-, , ,

Copyright© メンズ財布.com , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.