メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

ランキング・おすすめ・人気

4万・5万・6万円で選ぶおすすめなメンズバッグ・鞄ブランド27選

投稿日:

 

4万・5万・6万円で選ぶおすすめなメンズバッグ・鞄ブランドを厳選しました。

 

4万・5万・6万円メンズバッグ・鞄ブランド

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

ほどよい価格帯で、高級感のあるメンズバッグが欲しい、というイメージを持っている人にとって、オロビアンコは絶妙な選択肢となることでしょう。イタリアからやってきたオロビアンコには、華やかさやゴージャス感もあるので、特に若いビジネスマンとの相性が最高です。街でもよくオロビアンコのバッグを持ったスーツスタイルの男性を見掛けるので、それだけ評価されている使い勝手の良いブランドであるということがうかがえるわけです。商品のバリエーションも豊富なので、是非、一度覗いてみてください。


 

HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)

日本製で確かな品質のバッグを入手できるエルゴポックは、価格帯も良心的です。4万円〜6万円があれば、エルゴポックの中でも高級ラインの商品をゲットすることができるでしょう。シンプルなだけのバッグであれば、どこにでもありますが、オーソドックスだからこそ、究極にシルエットの美しいバッグ、革の質の良さが際立ち、発色や色ムラを存分に楽しむことのできるバッグを求めたくはなりませんか?ブランドの知名度というよりも、商品の中身で人と差をつけたいという人にオススメできるブランドです。


 

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

アニアリの商品をチェックしていると、1つ1つのバッグに対して、いかにこだわりを持っているか、ということに驚かされることでしょう。熱量のこもった解説のテキストを読んでいれば、自然とその商品を試してみたくなるはずです。オリジナルで開発している皮革素材は、触り心地が滑らかで耐久性にも優れており、さらにはカラーバリエーションが豊富であるという魅力もあります。10種類以上のカラーが揃っていることも多く、個性的な色彩で人を差をつけることができるでしょう。


 

HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

いかにも職人が手作りしている、という感じの革製品らしい革製品に興味があるという人は、ヘルツを覗いてみてください。注文を受けてから製作に入るというヘルツのバッグからは、並々ならぬこだわりや、職人の魂、愛情が感じられることでしょう。それぞれのバッグが、計算し尽くされたコンセプトの元に設計されていて、シンプルなバッグであっても、存在感がハンパではありません。持っていて様になるバッグ、ツウな人のための「大人カワイイ」バッグを、ヘルツで探してみてください。


 

Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

ポールスミスは、幅広い層、幅広い世代のメンズから高く支持されているイギリスのファッションブランドです。シンプルな中にもちょっと尖っている独特の配色がなされていたりするので、ほどよく個性をアピールしたいという感性に、見事にマッチしてくれるのです。使い勝手も良く、ビジネスシーンから、デートなどの、カジュアルなシーンにまで対応してくれるところが魅力でもあります。価格帯も求めやすく、4万円〜6万円くらいで、高級路線のバッグを入手することができるでしょう。


 

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

自らの持つレザーのバッグを選ぶ時、安易に海外のハイブランドでチョイスするよりも、本当に質の良い、日本のブランドで選びたい、という願望を持っている人は、ガンゾを狙う傾向にあります。ガンゾは、革製品にうるさいマニア達も納得するような、素晴らしい出来栄えのバッグや財布を展開しているブランドなのです。他ではなかなか見掛けることができないような、希少価値の高いレザーのバッグも揃っているので、ご注目を。10万円を超えるような商品もありますが、メインは5万円前後となっています。


 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

職人がこだわって生み出すような、究極のレザーバッグを求めている人が、最後に辿り着くブランド…というイメージを持たれているのが、東京の万双です。万双のバッグには、重厚感、存在感があり、ベテラン世代の渋いメンズが好むファッションにピッタリとマッチすることでしょう。ブライドルレザーや、コードバンなどの他、万双が独自に開発したオリジナルの美しい皮革素材を楽しむこともできます。4万円〜6万円くらいの価格帯で、贅沢な品質の商品を手に入れることができるでしょう。


 

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

革製品に対して、普通とは違うこだわりを持っている人、特別感のあるレザーを狙いたい、とあ考える人なら、必ずソメスサドルに注目することでしょう。ソメスサドルは、馬具を製造しているという肩書きも持っており、その技術力の高さは圧倒的です。何しろ騎手の命を預かるようなレザーグッズを製作しているわけですから、信頼度が高くなければ努まらないわけです。そんなソメスサドルのバッグには、馬具や馬の肌を彷彿とさせるような要素も施されています。男女問わず、幅広い層に愛されるブランドです。


 

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

日本製で高品質な、4万円〜6万円台くらいのバッグを求めているということなら、ペッレモルビダの存在は放っておけないっでしょう。ヨーロッパ発のような、エレガントな世界観を構築しているブランドですが、実はメイドインジャパン品質を満喫することのできる、贅沢なブランドなのです。コンセプトは、豪華客船の旅。だからこそ、セレブが休日に愛用しそうな雰囲気の、ラグジュアリー感溢れるバッグの数々が展開されています。大人としてワンランク上のステージへ上がりたい人にオススメです。


 

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

ヴィヴィアンウエストウッドは、コアな女性ファンを持つ、イギリスのパンクでロックなブランドです。奇抜なイメージを持っている人も多いかもしれませんが、意外にメンズ向けのシックでクールなバッグも数多く展開されているので、ビジカジ問わず、日々のコーディネートに合わせやすいバッグを探してみてください。高級ブランドという感じの雰囲気ですが、価格帯は抑え目となっており、4万円〜6万円くらいがあれば、かなりゴージャスな路線のバッグを入手することができるはずです。


 

DIESEL(ディーゼル)

DIESEL(ディーゼル)

ディーゼルは、イタリア発のファッションブランドです。デニムを基調としたデザインのアイテムが多く、店舗の雰囲気も含め、誰にとっても親しみやすい、カジュアルな雰囲気が魅力です。バッグのデザインは、オーソドックスなものから、奇抜なテイストのものまで様々で、品数の多さやバリエーションの豊富っぷりも魅力となっています。職種によっては、通勤バッグとして活躍させられるような商品にも出会えることでしょう。もちろん、デートで使える王道のバッグも揃っています。


 

FUJITAKA(フジタカ)

FUJITAKA(フジタカ)

本格的なレザーのバッグを探しているという人にオススメしたい、日本製のブランド、それがフジタカです。歴史のある老舗ブランドなので、まずその時点で信頼度が高く、安心して手を伸ばすことができるでしょう。その上、フジタカには特筆すべき魅力があります。それは、色彩のセンスが抜群に良いということ。自然界に存在しているような、一言では表現し難い、情緒豊かな色合いのバッグが展開されているので、一度是非、フジタカの世界観を堪能してみてください。


 

青木鞄

青木鞄

青木鞄は、日本で最古の歴史を持つ、一流の老舗ブランドです。ビジネスマンのための、高品質なバッグが揃っているので、未知だったという人は是非、青木鞄のラインナップをチェックしてみてください。青木鞄は、数々のシリーズを有しています。1つ1つ、コンセプトも雰囲気も違うので、最もピンと来るテイストのバッグに辿り着くことを目指しましょう。単に利便性を追求しているだけのバッグではなく、持っていて様になるバッグ、大人の色気を感じさせるようなバッグが揃っています。


 

Kiefer neu(キーファー ノイ)

Kiefer neu(キーファー ノイ)

キーファーノイのバッグには、独特の雰囲気があります。艶と光沢感のある色ムラが効いたレザーに、編み込みの要素があったり、装飾、ディテールが凝っていたり。ビジネスバッグというと、どうしても地味にまとまってしまいがちですが、キーファーノイのバッグなら、ファッションのアクセントになってくれることでしょう。多くのシリーズを有しているので、1つ1つ、念入りにチェックしていってください。価格帯も抑え目で、若いビジネスマンにとってもありがたい存在であると言えるでしょう。


 

CORBO(コルボ)

CORBO(コルボ)

コルボは、ファッションや流行の発信源である、渋谷で誕生したブランドです。そのため、コルボのバッグには、他とは違うエッセンスが凝縮されています。普通のシンプルなバッグじゃ物足りなく感じてしまう…という人は是非、一度コルボを覗いてみてください。レザーの質からして、特別な山羊革を使っていたり、と、ありがちではないテイストを入手することができます。デザインやギミックも凝っていて、メンズがハッとさせられ、心を奪われるようなバッグが揃っているので、必見です。


 

吉田カバン

吉田カバン

吉田カバンは、ポーターなどのオリジナルブランドを有する、日本の超有名革製品ブランドです。他の有名ブランドに対し、素材や技術を提供しているなど、陰の実力者でもあります。ファッション性も高いので、オシャレ迷子になってしまった時は、とりあえず吉田カバンのバッグを持っておけば、誰からも好感を持ってもらえる、というくらい、信頼度の高い存在です。価格帯も良心的で、4万円〜6万円くらいで、ほとんどのラインナップを入手することができるはずです。


 

Calvin Klein(カルバンクライン)

Calvin Klein(カルバンクライン)

アメリカで誕生したカルバンクラインは、クールでセクシーで、ヌケ感のあるラフなオシャレが楽しめるブランドです。香水のイメージを持っているという人も多いのではないでしょうか?多くの女性は、カルバンクラインに対し、好印象を抱いているはずなので、硬派なバッグを狙って、自分の趣味や、らしさを追求するよりも、優しく異性に寄り添いたい…という願望を持っている人は是非、カルバンクラインでオシャレなバッグを入手してください。


 

TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)

TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)

タケオキクチは、日本中のデパートや、ショッピングモールにインショップとして入っている、巨大アパレルブランドです。明日、デートに持っていくバッグがない!という時でも、タケオキクチへ走れば、とりあえず、オシャレでリーズナブルなバッグがすぐ手に入るということで、これまでに何度もお世話になってきた、という人もいるのではないでしょうか?タケオキクチなら、2万円〜3万円くらいでも、充分に良質なバッグを狙うことができますので、4万円以上の予算があれば、かなり贅沢な路線のバッグを購入できるでしょう。


 

dan genten(ダン ゲンテン)

dan genten(ダン ゲンテン)

若い世代のメンズが、大人っぽい雰囲気を演出できるようなバッグを狙いたい、ということならダンゲンテンで購入するのがベストでしょう。海外のハイブランドだと、これみよがしな感じがしてしまうかもしれませんが、ダンゲンテンなら、ハイブランドっぽいテイストなのに、日本製の硬派なバッグを入手できるので、女性や先輩達からも好印象を持ってもらえるはず。革そのものの魅力を最大限に生かしたようなデザインが魅力的で、装飾も凝り過ぎていないところがオシャレです。


 

sot(ソット)

sot(ソット)

ソットは、日本で誕生した革製品ブランドです。機能性や利便性ばかり追求しているようなバッグではなく、ソットでは、バッグを「アクセサリーの1つ」として捉えている、という特徴があります。このコンセプトにピンと来た人は、是非、一度ソットのラインナップを覗いてみてください。本当に革を愛する人も、ソットのレザーの柔らかさや、触り心地に魅了されています。価格帯も抑え目なので、安心してショッピングを楽しむことができるでしょう。ネットでの購入にも向いているブランドです。


 

SLOW(スロウ)

SLOW(スロウ)

スロウは、革製品に対してこだわりを持つ、大人な男女から支持されているブランドです。スロウの工房は、大阪の南堀江にあります。南堀江といえば、ものづくりの聖地であり、文化や流行の発信源です。そんな中で日々、洗練されたバッグを開発している…と想像するだけで、品質の高さには信頼を寄せることができるでしょう。上質な革が、使い込むほどに味わい深い経年変化を遂げていってくれる…、そんな喜びを体感したい人は是非、スロウでお気に入りのバッグを探してみてください。


 

DEUX MONCX(デュモンクス)

DEUX MONCX(デュモンクス)

デュモンクスは、純国産のバッグを楽しむことができる、新時代のブランドです。贅沢な製品ばかりがリーズナブルな価格で楽しめるとあって、日本のビジネスマン達から熱い注目を集めています。同ブランド内に、様々なテイストのシリーズが揃っているなど、日々のコーディネートに似合わせやすい工夫がなされているところも魅力です。奥から滲み出るような、どこかセクシーな雰囲気もあるので、大人として垢抜けたいと考えているメンズの感性にもマッチすることでしょう。


 

UNISON DEPT.(ユニゾンデプト)

UNISON DEPT.(ユニゾンデプト)

ユニゾンデプトは、日本で長年の歴史を誇る紳士用バッグの問屋が、満を持してスタートさせたというオリジナルブランドです。ユニゾンデプトのバッグは、「薄化粧」であると言われています。そのため、他のブランドのバッグよりも、経年変化を遂げていくスピードは早いわけですが、それを「味」と捉え、自分のバッグを個性的に育てていきたいと考える人からは、とにかく重宝されているわけです。レザーの質感、手触りも最高で、コスパも良いため、多くの人がリピートを考えるようなブランドです。


 

SOLATINA(ソラチナ)

SOLATINA(ソラチナ)

大人の遊び心が感じられるような、ファッショナブルなバッグを入手することのできるブランドです。馬革をメインとしているという特徴があり、他のブランドのレザーバッグとは違う、独特のテイストを味わうことができるでしょう。また、ソラチナのバッグと言えば、象徴的なのはカラフルなファスナーです。スイスからわざわざ取り寄せているという特別なファスナーは、一般的なものの10倍近い仕入れ価格となっているそうですが、それでも、ソラチナの妥協しない精神が、そこにには詰まっているわけです。


 

Ryu(リュウ)

Ryu(リュウ)

革の魅力そのものを、最大限に引き出そうとしているような、こだわりの強いバッグが展開されているブランドです。デザイナー、職人の、革に対する深い愛情を感じることができるでしょう。微妙に濃淡のある美しいレザーのテイストには、一目惚れしてしまう人も多いはず。日常的なバッグ…というよりも、芸術品のようで、まるで映画の主人公が使う小道具のようだという印象を抱く人もいることでしょう。良質なバッグを5万円前後の価格帯で入手できて、オススメです。


 

Flathority(フラソリティ)

Flathority(フラソリティ)

フラソリティは、日本の歴史あるメンズバッグメーカーが手掛けているオリジナルブランドです。規模の大きなメーカーは、すぐに生産を海外に頼ってしまいがちですが、フラソリティの場合は、一貫して自社工房で製作を行うというポリシーを守っています。他の有名ブランドから委託を受け、OEMという形で商品を提供しているなど、陰の実力者的存在でもあるわけです。そのため、バッグの品質が異常に優れているということは、すぐに想像ができることでしょう。


 

ARTPHERE(アートフィアー)

ARTPHERE(アートフィアー)

アートフィアーといえば、鞄の聖地、兵庫の豊岡を拠点にしているバッグのブラックです。「大人の目的旅」をサポートするという、独特のコンセプトを元に展開しています。画材を持って旅に出る人がターゲットとなっていますが、そうでない人にとっても、アートフィアーの充実したバッグには、心惹かれることでしょう。現代的にアレンジされたダレスバッグや、馬革のトートなど、一風変わったテイストの商品が揃っているので、是非、注目していってください。

-ランキング・おすすめ・人気
-, , , ,

Copyright© メンズ財布.com , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.