メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

ランキング・おすすめ・人気

メンズカバン(男性鞄)の人気おすすめブランド26選

投稿日:

 

メンズカバン(男性鞄)の人気おすすめブランドを厳選しました。

 

メンズカバン(男性鞄)ブランド

COCOMEISTER(ココマイスター)

人気が急上昇していて、勢いに乗っているブランドのバッグを購入すると、自分自身も自然と、同じ波に乗れそうな気がしませんか?そういった意味では、ココマイスターが圧倒的にオススメ。

ヨーロッパの上質な皮革素材を、日本の熟練された職人が丁寧に縫製するという最高のスタイルで、高品質かつラグジュアリーなバッグを連発している存在です。

価格帯も常識的なので、確かな買い物をして満足感を得たいという人に是非!


 

HushTug(ハッシュタグ)

HushTug(ハッシュタグ)

ハッシュタグのバッグは、リーズナブルな値段で、高品質かつシンプルなものを求めているというお目の高い男性にピッタリです。

余計な装飾が一切ないので、スッキリとエレガントなスタイルを実現できることでしょう。

レザーの魅力が引き立つだけでなく、その人自身の魅力まで引き立ててくれるような、独特の美学が感じられるようなブランドなのです。

モンゴルレザーが採用されており、現地の人々の生活を救うことができるというメリットもあります。


 

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

シンプルなバッグが欲しいけれど、職人のこだわりが感じられるようなものでないと納得できない!というお目の高い人にとって、アニアリは波長がバッチリ合うようなブランドです。

シルエットはオーソドックスだけれど、素材感に特徴があり、唯一無二のオーラを放っている、というような路線の商品がアニアリにはとても多いのです。

さらにはカラーバリエーションも異常と言えるまでに豊富だったりするので、色の面で人と差をつけたい人にもオススメ。


 

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

オロビアンコは、イタリアで誕生した大人気のバッグブランドです。

デパートのメンズフロアでも、オロビアンコのバッグは飛ぶように売れていると話題です。

人とかぶってしまうかもしれない可能性は高いのですが、オロビアンコのバッグはバリエーションが豊富なので、全く同じバッグでかぶってしまうという危険性はゼロに近いでしょう。

3色国旗の可愛らしいアクセントや、千鳥格子などの独特のテクスチャーもまた魅力的。


 

HERGOPOCH(エルゴポック)

エルゴポックは、日本製であることにこだわっているブランドであり、皮革素材の開発なども自ら行っている、志の高い存在です。

色ムラの効いたアンティーク調のレザーは、存在感たっぷりで発色も美しく、オーソドックスな造りをしているのに、個性的なワンアクセントとして、ファッションコーディーネートに加えられることでしょう。

ボディバッグやリュックサックなどバリエーションも充実しています。


 

WONDER BAGGAGE(ワンダーバゲージ)

WONDER BAGGAGE(ワンダーバゲージ)

都会的な印象のバッグを颯爽と持ち歩くことで、今風の雰囲気を醸し出したい!ということなら、ワンダーバゲージがオススメできます。

セレクトショップでさりげなく取り扱われているような、垢抜けた印象が魅力的で、ビジネスシーンはもちろん、普段使いにも応用させることができるでしょう。

耐久性が高いのに、リーズナブルなので、コスパを考えるとかなりお得です。


 

TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)

ビジネスマン必見!なTUMIは、アメリカで誕生しているブランドです。

ミリタリーテイストのものが中心なのですが、基本的にブラックを基調としているので、オフィスや通勤時にピッタリな優良バッグが手に入ります。

3WAYで使えるような利便性の高いものも多いですし、水や、汚れや、擦り切れなどに強い、超ハイスペックな素材のバッグが揃っています。

世界を飛び回っているような、アクティブなメンズにオススメです。


 

Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

上品な印象のオシャレバッグを手堅く入手したい人にとって、ポール・スミスは最高に惹かれる選択肢となることでしょう。

ブラックやブラウンやネイビーなど、ダークな色調のバッグが多いのかと思いきや、ポケットや内装やハンドル部分などに、必ずアクセントとなる奇抜なマルチカラーが施されているという絶妙なデザインは、ポール・スミスの真骨頂。

ありがちにまとまってしまいたくないけれど、悪目立ちだけはしたくないという常識的紳士な人に、是非!


 

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

オンオフ問わずに使える、大人っぽい印象の垢抜けたバッグが欲しい…ということなら、日本で誕生したペッレモルビダなんていかがでしょうか?

ペッレモルビダの世界観といえば、地中海沿岸でリゾートを楽しんでいるセレブが愛用していそうなイメージ…という路線です。

豪華客船のモチーフも登場するので、そんな休日を過ごしてみたい!という憧れのある人は是非、ペッレモルビダのバッグを手に取ってみてください。


 

HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

職人が並々ならぬ愛情を注ぎ、こだわって作り出した珠玉の革のバッグに興味はありませんか?

もし、そういった路線のバッグを長年に渡って愛用していきたい!という思いがあるのなら、ヘルツはダントツでオススメができます。

ヘルツのバッグは1つ1つのコンセプトが明確で、何を言わんとしているのかが、ひしひしと伝わってきます。

それ故、どんなシンプルなコーディーネートの日に合わせても、バシッと全体を締めてくれるような魅力に満ちているのです。


 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

こだわりの感じられる、渋いテイストの味わいあるバッグを持ち歩きたいという人には、万双がオススメできます。

万双は、東京にしか店舗を持っていない、ある意味で幻のような存在なのですが、そこがまたツウでマニアックな人の心をくすぐってくるのです。

ブライドルやコードバンといった王道の伝統的なレザーのみならず、オリジナルで開発したとっておきの革素材も採用しているので、是非、念入りに万双のバッグのラインナップをチェックしてみてください。


 

GLENROYAL(グレンロイヤル)

GLENROYAL(グレンロイヤル)

日本製バッグのように、確かな品質のものを求めたくあるけれど、やっぱり海外発のブランドに特有の、洗練された華やかなイメージが欲しいという人は、グレンロイヤルでバッグを購入してみてください。

グレンロイヤルの革製品は、現地の職人が1点1点手づくりしているため、温かみがあり、好感が持てます。

価格帯が常識的で良心的な設定になっているというところも魅力であると言えるでしょう。

昇進祝いや、進級祝いに使うこともできるような、きちんとした存在です。


 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

ボッテガ・ヴェネタの世界に、何故ここまで人は魅せられてしまうのでしょう。

わかりやすいアイコンがあるわけではなく、奇抜なデザインで他を圧倒しているわけでもなく、ただただエレガントな佇まいと、その品質の魅力で、超ハイブランドへの上り詰めているのですから、その実力は本物です。

職人が丁寧に編み込んで作るイントレチャートの美しさは特に必見。誰もが憧れるボッテガモザイクを、今こそ手にしてみてください。


 

BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

バーバリーは、イギリスで誕生した由緒正しきブランドです。

タータンチェックが可愛らしく、親しみやすいイメージがあるのにも関わらず、価格帯はしっかりとハイブランドなので、ちゃんと購買欲を煽ってきてくれます。

最近は、ストライプなデザインや、高級感のあるモノグラムのバッグもどんどん登場しており、目が離せない存在となっています。

老若男女問わず人気があるので、誰からも愛されたいという理想を掲げている人にオススメです。


 

dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

英国で誕生した、ハイブランドのダンヒルは、特別にエレガントな佇まいを実現している存在です。

ダンヒルのスーツを着て、ダンヒルのバッグを持って、颯爽と通勤できたら…というのは、世の男性の誰もが憧れを抱くような世界観でしょう。

奇抜な要素や、これ見よがしなサインというものがないので、控えめに主張しつつも、しっかりと高級感を演出していきたいというタイプの人にオススメです。


 

Bally(バリー)

Bally(バリー)

バリーは現代を生きる、都会的でスタイリッシュなビジネスマンと波長の合う、オシャレ系ハイブランドです。

誕生国はスイスなので、その点においても、そのほかのブランドと差別化ができています。

ブラックを基調とした商品が多いので、メンズの多くがバリーのバッグに対して「コーディーネートしやすい」という印象を抱くことでしょう。

王道なのは、赤と白のバリーストライプが施されている商品です。

テンションの高いバッヂがデザインされているものもオススメ!


 

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

女性人気の高いヴィヴィアン・ウエストウッドのバッグをあえて狙うことで、セクシーな印象を醸し出してみるという路線はいかがでしょうか?

ヴィヴィアンのバッグなんて、奇抜過ぎていて持てない!と思った人もいるかもしれませんが、実はシックでクールで控えめな印象のバッグも揃っているので、自らのニーズにピッタリと合う、ほどよいテイストのバッグを数あるバリエーションの中から自由に選び出してみてください。


 

Felisi(フェリージ)

Felisi(フェリージ)

フェリージは、男女共にオススメできる、好感度の高いブランドです。

独自に素材の開発を行ってもいる、本格的で志の高いブランドだったりもします。

特にオススメできるのは、バケッタレザーに加え、シルクのように高級感のあるナイロンを巧みに組み合わせているシリーズです。

色調が華やかでゴージャスな印象のあるバッグを狙うのが、フェリージの場合には王道と言えるでしょう。

価格帯も良心的です。


 

PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)

イタリアのハイブランド、プラダのバッグは、主に女性から憧れを抱かれがちですが、実は最近になってメンズ向けのバッグもどんどんとバリエーションが豊富になってきているので、この機会に一度、しっかりとラインナップに目を通していってください。

プラダといえば、黒のナイロンボディに三角のシルバーメタルロゴという路線が王道ですが、意外に奇抜で尖った印象のバッグも充実しているので、様々なニーズに対応してくれることでしょう。


 

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

いかにもセレブ!という鼻のつく感じに抵抗があるのなら、ちょっと斜め上でツウな印象を醸し出せる、上品なフェラガモのバッグに焦点を当ててみてください。

フェラガモはイタリアのハイブランドであり、知名度は高いのですが、元々はシューズのブランドとして展開してきた歴史があるので、そんなフェラガモでバッグを狙うというのが逆にオシャレというわけです。

ガンチーニのモチーフには説得力があるので、これの施されているものを手に取るといいでしょう。


 

ARMANI(アルマーニ)

ARMANI(アルマーニ)

アルマーニは、一流ビジネスマンが狙いたがる、本格的なイタリアのハイブランドです。

全ての世代の間で知名度が高い存在となっているので、威張りを効かせたいと思うのなら、狙っておいて間違いないでしょう。

それでいて、いかにもという主張の強いサインもないので、ただひたすらに気品溢れるイメージを演出することができるはず。

特に、本家のジョルジオアルマーニでシンプルなバッグを手に入れるというのが正攻法でオススメ。


 

Saint Laurent(サンローラン)

Saint Laurent(サンローラン)

フランス発、サンローランのバッグは、ビジカジ問わず、ありとあらゆるシーンにおいて、絶妙にファッションにマッチしてくれることでしょう。

奇抜な主張がなく、基本的にブラックが基調となっていて、装飾もシルバーでさりげなく…という路線なので、多くのメンズにとってサンローランのテイストは、使いやすい!ありがたい!と感じるはず。

知名度も高く、威張りも効かせられるので、まさに最高の相棒に出会えることでしょう。


 

LOEWE(ロエベ)

LOEWE(ロエベ)

ロエベのバッグには、独特の存在感と高級感があります。

かなり奇抜なテイストのアイテムもあったりしますが、メンズのスーツスタイル、セレモニーなどのシーンで登場するジャケットスタイルにしっくりくるような、高貴で華やかなバリエーションが揃っています。

実際に、スペイン王室の人々も愛用するほど、信頼度の高い存在ですし、ドラマの主人公や、インスタのファッショニスタ達も、こぞってロエベのバッグを愛用しています。


 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

ハイブランドのバッグを、手堅い価格で入手したいと狙っているのであれば、まずはコーチのラインナップから覗いてみるべきでしょう。

コーチのバッグは、シンプルかつエレガントで、高級感あるモノグラムのテイストも施されていたり…と、多くの人が憧れを抱くような要素で構成されています。

10万円以上は余裕でしそう!というような雰囲気のバッグが実は8万円くらいで購入できたりと、価格が一回りくらいリーズナブルに設定されているため、人気が圧倒的なのです。


 

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

ハッ…!と見る人が息を飲むような、独特の存在感で周囲を黙らせたかったら、そこはやはりルイヴィトンに頼るのが正攻法でしょう。

あまりにも人気があるため、ヴィトンなんて…と言い出してしまう人もいますが、それもこれも「嫉妬」から起きる現象であると解釈しましょう。

やはり、なんだかんだいっても高貴な人にはルイヴィトンのバッグがバシッ!と似合うのです。

また、一見するとヴィトンとはわからない路線のバッグも充実しているので、安心してください。


 

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

グッチのバッグは、ズバリ!「オシャレなセレブ」という表現がピッタリの男女に似合います。

流行り廃りのない安定感あるハイブランドなので、グッチで買って後悔するということはまずないでしょう。

海外のハイブランドに手を出したい…!と疼き出した人が、真っ先に購入を検討するような、象徴的存在でもあります。

価格はバッグなら予算、20万円〜40万円くらいは見積もっておきたいところ。これを機に最高の自己投資を実現してください。

-ランキング・おすすめ・人気
-, , ,

Copyright© メンズ財布.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.