メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

ランキング・おすすめ・人気 リュックサック・バックパック

大人な男性によく似合う人気のリュックブランド18選

投稿日:

 

大人な男性によく似合う人気のリュックブランドを厳選しました。

 

大人な男性によく似合うリュックブランド

Orobianco(オロビアンコ)

オロビアンコはイタリアで誕生した、大人な男性に向けたフレッシュなイメージのビジネスバッグブランドです。

ブリーフケースや、トートバッグ、リュックサックなどなど、バッグの種類もバリエーションも豊富に取り揃えられていますから、必ずやニーズに合ったお気に入りのアイテムに出会うことができるでしょう。

価格帯もリーズナブルで安心して入手することができます。デパートのメンズフロアでも飛ぶように売れているイチオシブランドです。


 

HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

ヘルツであれば、いかにも革製品らしい革製品を、良心的な価格で入手することができます。

クラシカルで上品な上に、こだわりが強く、アーティスティックなイメージのバッグに出会うことができるでしょう。

大人向けのランドセルのようなバッグも展開されています。

映画に登場する小道具のような、世界観に満ちた佇まいが魅力的ですよ!

職人が手作業によって生み出す愛情たっぷりのバッグを求めてください。


 

dan genten(ダン ゲンテン)

dan genten(ダン ゲンテン)

男性ならではのワイルドで無骨な魅力を引き立ててくれる…そんなイメージのバッグが揃っているのは、ダンゲンテンです。

ナチュラルな革の魅力をそのまま体現しているような、風合いの素晴らしいリュックサックが手に入ることでしょう。

通勤にも通学にも、タウンユースにも向いていて、飾っていないのにスタイリッシュです。

ダンゲンテンは環境にも配慮しているブランドなので、何重もの意味で安心して購入することができるでしょう。


 

C6(シーシックス)

C6(シーシックス)

英国発のシーシックスは、デジタルな世界で生きる現代人なメンズにピッタリの最先端な空気感を放つブランドです。

ブラックやネイビー、グレーを貴重としたシンプルかつスタイリッシュなイメージで、男性のお出掛けスタイル、スーツスタイルにもバシッと似合います。

価格帯も1万円〜2万円台くらいが中心なので、気軽な気持ちでワードローブに加えてしまってください。

バリエーションも豊富です。


 

master-piece(マスターピース)

master-piece(マスターピース)

オシャレな若いメンズにとって御用達ブランドといえば、マスターピースがメジャーです。

大阪南堀江発のブランドで、デザインの凝った華やかなアイテムが揃っています。

耐久性にも優れたバッグが多く、タウンユースとして愛用している際に、雨に降られてしまったとしても安心でしょう。

摩擦や引き裂きにも強いので、タフな相棒が欲しい、ビジネスバッグとしても使える汎用性の高いバッグが欲しいという人にオススメです。


 

INCASE(インケース)

INCASE(インケース)

インケースは、アップルユーザーと密接な関わりを持っているブランドです。

公式でも認定されているほどなので、その実力はまさに折り紙付きということです。

ブラックを貴重としたクーリッシュなバッグは、実用的でどんなスタイル、シーンにも似合ってしまい、現代を生きるメンズのニーズにバッチリとマッチすることでしょう。

大容量なのにスリムで、かつリーズナブル、さらには経済的でコスパも良いので、すぐさまインケースの魅力にハマってみてください。


 

SAMSONITE(サムソナイト)

SAMSONITE(サムソナイト)

サムソナイトはアメリカ発のブランドです。

スーツケースなども展開しているため、長距離の移動に適しているバックパックや、旅行時に使える収納面に特化したバッグなどが豊富に揃っています。

真面目にビジネスと向き合う、大人な男性にピッタリなイメージの堅実なバッグを入手することができますから、是非、ラインナップを覗いてみてください。


 

BRIEFING(ブリーフィング)

BRIEFING(ブリーフィング)

そのデザイン性の高さから、若くて感度の鋭いメンズより高評価を得ているブランド、ブリーフィングをご紹介します。

ミリタリー色が強いという特性を持っているのですが、普通にビジネスシーンにおいても重宝できるような、シックなイメージのバッグが揃っているというメリットもあります。

収納面において利便性が高く、実用的でなおかつコスパも良いのがブリーフィングの魅力です。

実は日本で企画されているブランドなので、日本のビジネスマンの使い勝手について考え抜かれているというわけです。


 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

コーチは、ニューヨーク発のハイブランドです。値段に関して、高いといえば高いのですが、その他の海外系ハイブランドと比較すると、比較的手を伸ばしやすいゾーンに設定されているので、ここに目を付けている若者から絶大な支持を得ています。

ファッション性も高く、デザインの種類が豊富で、さらには耐久性にも優れているので、上質なバッグを長年に渡って愛用していくことができるでしょう。


 

Bally(バリー)

Bally(バリー)

バリーの世界観はクールで、モード系のファッションを愛するスタイリッシュなメンズによく似合います。

ヨーロッパ発なのですが、スイスで誕生しているという希少価値の高い背景を持っているところもバリーを推せるポイントとなっています。

特徴的なのはブラックのベースに赤と白のストライプラインという王道のデザイン。

バックパックはもちろん、ブリーフケースやトートバッグも豊富に展開されています。


 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

ひときわラグジュアリーな存在感を放っているイタリア発のハイブランド、ボッテガ・ヴェネタのバッグといえば、職人が手作業によって生み出す独特のイントレチャートが魅力です。

この編込みの要素には、世界中のセレブ達が魅せられています。

価格帯は、庶民には手が出せないほどお高くなっていますが、だからこそいつかはボッテガのバッグを手に入れたい!と憧れられるような存在なので、この機会に是非、エレガントなボッテガのリュックサックを入手してください。


 

dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

ダンヒルは英国で誕生した気品溢れる紳士のためのハイブランドです。

スーツによく似合う、エレガントで知的なイメージのバッグが展開されていますから、是非、ラインナップを隈なくチェックしていってください。

ダンヒルの世界観は基本的にシックでクラシカルでシンプルです。

しかし、だからこそ絶妙なシルエットの美しさや、素材の高級感が光っているので、確実の周囲の人と差をつけることができるでしょう。


 

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

圧倒的に威張りの効く、間違いのないブランドでバッグを選びたければ、フランス発のルイヴィトンをチョイスするのが確かでしょう。

ヴィトンのバッグはエレガントでバリエーションも豊富なので、どれにしようかと迷いながらショッピングをするだけでも波動を何ランクか上げてくれそうなイメージです。

大人の階段を昇るためには、いつかヴィトンのバッグを手に入れたいと思っているメンズも多いことでしょう。


 

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

海外発ハイブランド界の中でもひときわ華やかで、不動の地位をモノにしているブランドといえば、それはイタリアのグッチです。

若者から高齢層に至るまで、グッチの名を知らない人はいないでしょう。

エレガントな雰囲気でもありつつ、ちょっとチャラい要素もあるため、どんなシチュエーションにも似合ってしまう、汎用性の高いバッグを入手することができるでしょう。

異性からのモテを狙いたい人にも圧倒的におすすめができます。


 

ARMANI(アルマーニ)

ARMANI(アルマーニ)

アルマーニは、イタリアで誕生したラグジュアリーなハイブランドです。

地位のある男性が、ビジネスシーンにおいて颯爽と携えるようなイメージの、格調高いバッグを入手することができるでしょう。

アパレル系のアイテムも充実しているため、全身をアルマーニでコーディネートしていくことも可能です。

廉価版のエンポリオ・アルマーニとセットでオンの日もオフの日も、オシャレに着こなしてしまってください。


 

Berluti(ベルルッティ)

Berluti(ベルルッティ)

ベルルッティの魅力は、アーティスティックな感性を持つ、芸術家肌な人にこそ理解できるはずです。

アンティーク調の焼け焦げたようなレザーのボディに、独特の異国情緒溢れるカリグラフィーというスタイルは、まさに美術作品のようで、ガラスケースの中に飾られていそうなほどのオーラを放っています。

実際、あのピカソやアンディ・ウォーホルもベルルッティのバッグを愛用していたといいますから、お目の高いメンズに是非、おすすめしたいです。


 

BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

バーバリーは、気品溢れるお行儀の良いイメージが魅力的なブランドとして、安定感のあるポジションをキープし続けていましたが、ここ最近は尖った要素が目立っており、アーティスティックな感性を持つファッショニスタ達からも大注目されています。

特に、ちょっと毒々しさのある奇抜なモノグラムのバッグは、これまでのバーバリーのイメージを覆すようなものとなっているので是非、この機会に入手を検討してみてください。


 

JIMMY CHOO(ジミー チュウ)

JIMMY CHOO(ジミー チュウ)

芸能界にも多くのファンを持ち、ファッションセンスに満ちた若いメンズから圧倒的な支持を得ているのが、ジミーチュウです。

ブラックのベースに、シルバーのスタッズというデザインは、モード系のファッションにもよく似合いますし、カジュアルなシーンの格調を何段階もアップさせてくれます。

大人になりたいからといって、地味にまとまってしまいたくはないというこだわり派な男性にもオススメができます。

 

-ランキング・おすすめ・人気, リュックサック・バックパック
-, ,

Copyright© メンズ財布.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.