メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

メンズバッグ ランキング・おすすめ・人気

人気が高いメンズバッグ・鞄ブランドの公式通販サイト28選

投稿日:

 

人気が高いメンズバッグ・鞄ブランドの公式通販サイトを厳選しました。

 

メンズバッグ・鞄ブランドの公式通販サイト

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

海外系ハイブランドの代名詞的存在で、圧倒的知名度と人気を誇る…といえば、それは言わずと知れたルイヴィトンでしょう。

フランスで誕生したルイヴィトンは、ラグジュアリーなバッグや財布が、世界中のセレブ達に人気となっています。

経済的にそれほど余裕のない層の人々であっても、ヴィトンのアイテムを1つは持っておこうと手を伸ばしたがるほどの存在です。

公式サイトで通販購入もできるので、チェックしてみてください。


 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

職人が手作業によって生み出す、イントレチャートのバッグや財布を楽しむことのできるブランド、ボッテガ・ヴェネタは最高級にラグジュアリーな存在です。

編み込みのバッグや財布…といえば、ボッテガを持つのがセレブの間では、ステータスと言えます。

キラキラと遠目にも美しく輝く編み込みのバッグを持ちたい!という願望があるなら、まずはボッテガを狙うべきでしょう。


 

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

ココマイスターは、日本のビジネスマン達の間で、今、人気が急上昇している革製品ブランドです。

オーソドックスで高品質なバッグの種類が豊富に揃っているので、サイトを覗いた瞬間、必ずここで運命のバッグが見つかるだろう…という安心感に包まれるはず。

コードバンや、ブライドル、マットーネ、などなど、世界中から集められた上質な皮革素材を、日本の職人が丁寧に縫製しています。


 

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

イタリア発のビジネスマン向けブランド、オロビアンコは、華やかなテイストとリーズナブルな価格帯で、若いメンズから非常に高い支持を受けています。

デパートの紳士鞄コーナーでも、オロビアンコのバッグは飛ぶように売れていると言われています。

地味にまとまってしまいがちなスーツスタイルに明るさや爽やかさを加えてみたい、という人は、オロビアンコでブリーフケースやトートバッグを購入してみるといいでしょう。


 

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

革製品マニア達の間で、必見と言われているのがガンゾです。

ガンゾのレベルの高さは圧倒的で、他では絶対に手に入らないような、希少価値の高い皮革素材も巧みに取り扱っているのです。

価格帯は決して安いわけではないのですが、その品質の素晴らしさを思えば、海外ブランドに走るよりも、お得であると言えるでしょう。

お目の高いメンズになりたかったらガンゾに決めるべきです。


 

Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

ポールスミスは、ビジネスマンにとって、使い勝手の良いブランドナンバー1であると言っていいでしょう。

イギリスからやってきたオシャレブランドなので、どんなアイテムを手に取っても洗練されていますし、それでいて価格帯は比較的抑えめになっている…、というところがポイント。

特徴的なのは、ブラックやブラウンなどのダークなボディに、鮮やかで大胆なマルチカラーの要素が施されているというところです。


 

HERMES(エルメス)

HERMES(エルメス)

海外発の高級ブランドの中でも、一際ラグジュアリーな存在感を放っており、庶民は決して手を伸ばせない…という格調高い雰囲気をまとっているのが、エルメスです。

エルメスのバッグは、一見すると、目立った特徴がないように思えるかもしれませんが、とにかく品格とオーラが半端ではないのです。

エルメスのバッグを使って通勤するようになったら、それは一流ビジネスマンになった証といえるでしょう。


 

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

世界中のオシャレセレブ達がこぞって愛用したがるブランドといえば、イタリア発のグッチです。

グッチのバッグは、エレガントなだけでなく、ファッション性も高く、日々のコーディネートに、プラスワンアクセント、パンチを加えたいという願望もしっかりと満たしてくれます。

落ち着いたデザインのものから、奇抜なものまで、テイストの幅も広いので、ショッピングサイトを覗いているだけでも楽しい時間を過ごせます。


 

【aniary(アニアリ) [メーカー公式通販]】

aniary(アニアリ)

アニアリは、日本で誕生した革製品の専門ブランドです。

非常に志と理想の高いブランドで、徹底してメイドインジャパンにこだわっているというところ、オリジナルでこだわり抜いた皮革素材を開発しているところなどがポイントです。

特徴的なのは、カラーバリエーションが非常に豊富であるというところ。10種類以上も揃っているのが当たり前だったりするので、色づかいで人と差をつけたい人にもオススメできます。


 

土屋鞄製造所(ツチヤカバンセイサクジョ)

土屋鞄製造所(ツチヤカバンセイサクジョ)

日本で古くからランドセルの製造などを行っている、信頼度の高いブランドです。

クラシカルな老舗ブランドでありながら、常に最先端の商品開発を行っており、洗練されていて、ファッショナブルであるという印象を受けることでしょう。

ビジネス向けのカチッとしたバッグから、プライベートなお出掛けに使えるものまで、大人の本格的な革製品アイテムが揃っていますから、チェックしてみてください。


 

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

イギリスの女性デザイナーによって立ち上げられたブランド、ヴィヴィアン・ウエストウッドは、コアなファンを多く持つ、カリスマ性の高いブランドです。

ロックでパンクな印象があって、近寄りづらい…と思っている人や、高価で手が出せない…と思っている人もいるかもしれませんが、実際にそのようなことはありません。

使い勝手の良い落ち着きのあるデザインのものがリーズナブルな価格で展開されていたりするので、ラインナップをチェックです。


 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

コーチは、日本人から深く愛されているニューヨーク発のハイブランドです。

ハイブランドでありながら、価格帯は他のブランドに比べて比較的安価…というところが、絶妙にそそってくるポイントなのです。

一昔前は、大人世代の女性から愛されているという印象でしたが、最近は、若いメンズ向けの、奇抜なデザインで構成されたバッグなども展開されているので、目が離せない存在であると言えるでしょう。


 

IL BISONTE(イルビゾンテ)
IL BISONTE(イルビゾンテ)

イルビゾンテは、イタリアで誕生した本格的な革製品ブランドであり、ファッションや流行に敏感な、若い世代から高く支持されている存在です。

アパレルの一貫としてバッグや財布を展開しているのではなく、革製品の専門店であるため、品数やカラーのバリエーションが豊富です。

高価なイメージがあるわりに、実際の価格帯は良心的なので、狙い目であると言えるでしょう。

プレゼントにも最適なブランドです。


 

BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

バーバリーは、多くの層の人々から好感を持たれている、イギリスのラグジュアリーなブランドです。

バーバリーといえば、おきまりのロンドンチェックをイメージする人がほとんどでしょうが、最近は一見するとバーバリーであるとはわからないような、奇抜な路線のアイテムもどんどんと開発されているので、見逃せません。

キッズラインも充実しているなど、家族で楽しめるところが魅力です。


 

Cartier(カルティエ)

Cartier(カルティエ)

カルティエは、ラグジュアリーな宝石のブランドとして有名です。

メインが靴や宝石など、別アイテムのブランドで、あえてバッグを購入すると、斜め上の発想を持っているという印象を演出することができるでしょう。

その上、実際に、カルティエのバッグは高品質ですので、大人として、本格的でエレガントなバッグを持って垢抜けたいという人にオススメできます。

指輪とお揃いで購入するのも素敵です。


 

吉田カバン

吉田カバン

日本国内において、圧倒的な信頼度の高さとシェア率を築いているのが、吉田カバンです。

ポーターなどのオリジナルブランドを有しており、多くのメンズが一度はお世話になったことがある、というほどの存在です。

ブリーフケースにしても、トートにしても、リュックにしても、どこで購入するべきか、迷ってしまった時の最適な答が、吉田カバンにはいつでも揃っていると思っておいてください。


 

JIMMY CHOO(ジミー チュウ)

JIMMY CHOO(ジミー チュウ)

ジミーチュウは、感性の鋭い多くのセレブから高い支持を受けている、ラグジュアリーなハイブランドです。

最も王道的なデザインは、ブラックのボディにシルバーのマルチスタッズというパンクなテイスト。もちろん、カラーバリエーションも展開されています。

芸能界にも多くのファンを持つブランドで、メンズのオシャレにマッチしやすい世界観なので、是非、愛用してみてください。


 

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)
Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

イタリアで誕生した、サルヴァトーレ・フェラガモは、落ち着きのある、エレガントなバッグや財布が揃っているブランドです。

元々は、女性向けの高級なシューズショップとして創業したという経緯があるのですが、今ではメンズ向けのアパレル等も、幅広く展開されています。

ガンチーニのロゴマークが象徴的で、これがモノグラムのように全体に施されているタイプのバッグは、非常にラグジュアリーな印象です。


 

HUNTING WORLD(ハンティングワールド)

HUNTING WORLD(ハンティングワールド)

ハイブランドの中でも、アフリカンテイストという一際異色な存在感を放っているのが、ハンティングワールドです。

日本では、バブルの時代に大ブームを巻き起こし、ハンティングワールドのセカンドバッグを持って夜の街を歩くのがステータスと言われていました。

その後、ブームは落ち着きましたが、今またファッションや流行に敏感な若い世代の間で、ハンティングのバッグに注目が集まっています。


 

master-piece(マスターピース)

master-piece(マスターピース)

大阪の南堀江を拠点としているブランド、マスターピースは、パンチのあるファッションを好む若いメンズにとって、救世主的存在となっています。

カラフルで、ディテールが凝っていて、ガツンとしたボリュームのあるバッグが揃っているので、カジュアルなテイストのファッションによく似合います。

価格帯も手頃なので、日常的に愛用しているという人も多いのではないでしょうか?


 

Felisi(フェリージ)

Felisi(フェリージ)

フェリージの世界観は、とても明るく、爽やかで、洗練された大人のブランドといった感じです。

ファッションの本場、イタリアが発祥の地なので、海外系のブランドに憧れる人にとっても、目が離せない存在といえるでしょう。

オールレザーのバッグだけでなく、高級なナイロン素材との組み合わせによって仕立てられているバッグのクオリティが非常に高いので、こちらもオススメできます。


 

genten(ゲンテン)

genten(ゲンテン)

ゲンテンは、日本の高品質な革製品ブランドです。

馬具を彷彿とさせるような、クラシカルで高級感溢れるディテールがゲンテンの魅力です。

女性向けのラインとは別に、ダンゲンテンというラインが揃っているので、両者を合わせてチェックしてみてください。

カップルで愛用したいという人にもオススメできます。革そのものの魅力を引き出すようなデザインのものが多く、逆にセクシーな印象です。


 

dunhill(ダンヒル)
dunhill(ダンヒル)

イギリスで生まれたダンヒルは、世の男性達にとって、最高に憧れを抱くことのできる存在です。

いつかはダンヒルのスーツを着てみたい…、ダンヒルのバッグを持ち歩いてみたい…、ということを、若いメンズは夢として思い描いているわけです。

ダンヒルの革製品は、シンプルでありながらも、特別なオーラに満ちていて、クラシカルでラグジュリーなイメージだけでなく、男性的な色気にも溢れています。


 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

万双は、革製品を知り尽くし、マニアとして心から愛用したいと考えるベテラン世代の大人が愛用したがるようなブランドです。

実店舗が少ないため、商品そのものの希少価値が高い、というところにも、深い魅力が隠れています。

クラシカルで上品で、繊細…というよりは、重厚感のある本格的なバッグを探しているという人は、万双で商品を探してみてください。


 

HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

ヘルツは、いかにも革製品らしい革製品が大好き!経年変化の魅力にそそられる!という人が心惹かれるようなブランドです。

注文を受けてから商品の製造に入るというスタイルで、1人の職人が最初から最後まで1つのバッグの製造に関わる…というところが、ヘルツの魅力です。

手作業によって生み出される、高品質なバッグが入手できるのに、価格帯は良心的なので、一度狙ってみてください。


 

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)

英国発の格調高いブランド、ホワイトハウスコックスは、ブライドルレザーの魅力に取り憑かれた人がハマる存在です。

職人の手縫いによるステッチは均一で美しいため、あえてブラックやネイビーのボディに、白の糸で縫い付けられているデザインのものを選ぶのがオススメです。

表面の粉が磨き取れていくにつれて、奥から本物の輝きが満ちてくる経年変化に期待してみてください。


 

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)

究極の革製品を追い求めている、という人は、日本が誇るレザーグッズブランド、ワイルドスワンズに注目してみてください。

こちら、海外のハイブランド並に強気な価格となっていますが、マニアが見れば、必ずその価値がわかるというような存在です。

ワイルドスワンズといえば、深い色味や、エレガントな流曲線も魅力ですので、是非、そこにも注目しながらチェックしてください。


 

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

馬具の要素が施されているバッグ…と耳にして、ピン!と来た人は、ソメスサドルで商品を探してみてください。

ソメスサドルは、単に馬具のテイストに憧れているだけでなく、実際に日本で唯一馬具を製造しているブランドでもあるのです。

その本格的な肩書きにそそられる…という人も多いはず。男女問わず、長年愛用していけるバッグや財布が揃っているので、オススメです。


 

-メンズバッグ, ランキング・おすすめ・人気
-, , ,

Copyright© メンズ財布.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.