メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

ビジネスバッグ ランキング・おすすめ・人気

高級メンズビジネスバッグおすすめ人気ブランドランキング

投稿日:

 

高級メンズビジネスバッグ、おすすめ人気ブランドランキングを掲載しています。

 

1~10位 高級メンズビジネスバッグブランド

COCO MEISTER(ココマイスター)

日本製の高級メンズビジネスバッグを狙っているということなら、ココマイスターがオススメできます。

品質で選びたいのであれば、ココマイスターは最適。世界中の上質な皮革素材を、日本の職人が丁寧に縫製するという黄金のスタイルで、多くのファンを獲得しており、口コミを中心としつつ、日本の定番ブランドとして、確固たる地位を築いていっている存在です。

品数もバリエーションも豊富なので、選び甲斐もあることでしょう。


 

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

メンズビジネスバッグの品揃えがとにかく豊富で、しかも明るい世界観でテンションを上げてくれるのが、イタリア発のオロビアンコです。

オロビアンコは、若い世代のビジネスマン達から高い支持を受けており、実際に、デパートのメンズバッグコーナーでも、オロビアンコのバッグは飛ぶように売れているといいます。

あまりにも人気があるため、人とかぶってしまう可能性はありますが、それだけ安心できるクオリティが約束されていると解釈してください。


 

Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

スーツに似合う、シックでオシャレなビジネスバッグを探しているのであれば、イギリスのポールスミスがオススメです。

ポールスミスのテイストはとてもシンプルなのですが、必ずどこかに尖った配色が施されているので、「普通のバッグではない」という、独特の雰囲気を演出することができるのです。

価格帯的にも安心ができ、安定して飽きることなく使っていける、使い勝手のよい相棒に出会うことができるでしょう。


 

TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)

TUMIのバッグは、他のブランドのバッグと比べ、圧倒的に利便性が高く、耐久性も高いので、便利なビジネスバッグを探しているという人にとっては、最高の選択肢となるでしょう。

一度TUMIのバッグを使い始めてしまったら、他には戻れないというくらい、TUMIのバッグには「使いやすい」という魅力が詰まっています。

品数も非常に豊富なので、自分に最も合っている機能のバッグを見極めてください。


 

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

メイドインジャパン品質のバッグが、やはりコスパも良くて最高!ということに気づいている人は、アニアリを放っておけないでしょう。

アニアリはオリジナルで皮革の開発を行うくらい、高い理想を持って革製品の展開を行っているブランドです。

1つ1つのバッグに関して、徹底的にコンセプトから追求しているので、こだわりの詰まった贅沢な逸品を相棒とすることができます。

カラーバリエーションが豊富なところもアニアリならではの魅力です。


 

dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

クラシカルで気品に満ちたメンズバッグ、ラグジュアリーなハイブランドのバッグでセンスのいいブランドはどこ…?という感じで探しているのであれば、イギリス発のダンヒルがオススメです。

ダンヒルのバッグを愛用していれば、それは一流ビジネスマンとして成功している証です。

価格帯はかなり高価になるので、コスパで選ぶのではなく、ダンヒルというブランドネームと、存在感、オーラに代金を支払うというイメージで購入するのが良いでしょう。


 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

作りがしっかりとしていて、なおかつセンスも良く、ハイブランド感のあるバッグを使いたい、ということなら、ニューヨーク発のブランド、コーチがオススメできます。

コーチのバッグというと、高齢の女性が愛用しているというイメージが昔はあったかもしれませんが、最近では若いメンズが、コーチのバッグを様々なシーンで愛用しています。

オーソドックスなものから、奇抜なものまで種類も豊富なので、楽しいショッピングタイムを過ごすことができるでしょう。


 

土屋鞄製造所

土屋鞄製造所

日本で古くからランドセルの製造などを行っている老舗ブランド、土屋鞄製造所もオススメができます。

まず、製品のクオリティに関して、信頼度が高いというところに加え、イメージが洗練されていて、オシャレです。

クラシカルなテイストのものから、ヌケ感のあるラフなものまで、全てのバッグがハイセンスにデザインされています。

ビジネス向けの耐水性に優れたバッグも多いので、詳しくチェックしてみてください。


 

HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

本物の革製品愛好家は、ヘルツのバッグを注文したい!と思うことでしょう。

ヘルツとはドイツ語でハートを意味します。その名の通り、ヘルツでは職人が1点1点、愛情を込めて珠玉のバッグを作り出しています。

ヘルツのバッグを入手することができたら、その日から、いかにもこだわりの詰まった、革製品らしい革製品を愛用することができるでしょう。

コンセプチュアルで個性的なバッグも多いので、商品を見ているだけでもワクワクします。


 

BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

バーバリーのバッグには、他にはない上品でキュートな魅力が詰まっており、誰からも愛される人になれるので、かなりオススメです。

人気も知名度も圧倒的。あのロンドンチェック柄を選ぶもよし、斜め上なテイストのデザインをチョイスするもよしでしょう。

親しみやすい雰囲気でありながら、価格帯をチェックすると、しっかりハイブランド!というギャップが、バーバリーの魅力でもあったりします。

 

11〜20位 高級メンズビジネスバッグブランド

Saint Laurent(サンローラン)

Saint Laurent(サンローラン)

フランス発のラグジュアリーなブランド、サンローランは、シックな世界観が魅力です。

モード調のキレイめ系なファッションを好む人にとって、サンローランは非常に使い勝手のよいハイブランドであるといえるでしょう。

ブラックのボディにシルバーやゴールドの装飾は、あくまでもさりげなく…というテイストが、極めて上品。

クラシカルであり、現代的でもあると、解釈も幅広くできるので、是非、コーディネートに取り入れてみてください。


 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

ボッテガといえば、職人が手作業によって編み込んで作る、独特のイントレチャートが特徴的です。

非常にエレガントなので、スーツスタイルにボッテガのバッグをあわせるというスタイルに憧れているビジネスマンは多いことでしょう。

あまりにも高級感があるので、周囲の人とのバランスには気を配った方がいいかもしれません。

ラグジュアリーなテイストのバッグを好む人が多い職場であれば、ボッテガのバッグで颯爽と通勤すべきでしょう。


 

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

ルイヴィトンのバッグは、セレブが休日に愛用しているイメージかもしれませんが、バリバリに働くビジネスマンが通勤用に使うバッグとしても適しています。

ヴィトン自体には、華美なイメージがあるかもしれませんが、ビジネスバッグの路線は、非常にクラシカルでエレガントです。

知的なテイストのバッグも多いので、よく吟味してみてください。オススメはスリムなシルエットのブリーフケースです。


 

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

グッチのバッグで通勤することができたら、オシャレセレブの仲間入り、といったところでしょう。

ポイントは、どのバッグを選ぶのか決める際に、いかにもグッチ!という華やかな路線を選ぶのか、一見するとグッチとはわからない渋いテイストのものにするのか、その中間のバランスが良いバッグを選ぶか、といったところでしょう。

周囲の人から浮かないような、それでいて差のつくバッグを是非、グッチで探してみてください。


 

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

ヴィヴィアン・ウエストウッドは、イギリスの女性デザイナーが立ち上げた、カリスマ的存在のブランドです。

奇抜なファッションを好む女性から愛されているイメージですが、実はメンズ向けのビジネスバッグも充実しているので、ラインナップをよくチェックすべきでしょう。

オーブのロゴが特徴的で、これがさりげなく刻印されているものや、ゴールド、シルバーの金具でワンポイント装飾されているものなどを巧みにチョイスしてください。


 

Berluti(ベルルッティ)

Berluti(ベルルッティ)

ベルルッティのバッグには、重厚感があり、説得力もあり、なおかつ芸術性も高いため、エグゼクティブな地位にいる、一流のビジネスマンにオススメできます。

アーティスティックな仕事をしている人にも、ベルルッティのバッグは向いているといえるでしょう。

色ムラとグラデーションの美しいバッグには、独特のカリグラフィーが刻まれています。

このテイストを手に入れることができるのは、限られた存在のメンズだけ。その価値を噛み締めてみてください。


 

HERMES(エルメス)

HERMES(エルメス)

エルメスのビジネスバッグを購入するとなると、普通のサラリーマンであれば、かなり思い切りが必要でしょう。

それくらい、エルメスは高級で、なかなか手の届かない存在です。

グッチやヴィトンのように、いかにも…!という威張りを効かせられるような奇抜なワンポイントもなく、ただひたすらに上質でエレガントというところがエルメスの特徴なので、それでもエルメスのバッグを選ぶというのは、よほどのことです。


 

MCM(エムシーエム)

MCM(エムシーエム)

数あるブランドの中でも、MCMのバッグをビジネスバッグに選ぼう!というメンズは、かなり遊び心に溢れた若い心をもつ人でしょう。

MCMは、ドイツで誕生したのですが、その後、韓国の若手俳優や、K-POPアイドルがこぞってMCMのバッグを愛用したために、それを真似する日本人が一気に増えたという経緯があります。

いかにもハイブランドチックなモノグラムが、そこまで施されているバッグを選ぶのか、というのがセンスの魅せどころになってくるでしょう。


 

LOEWE(ロエベ)

LOEWE(ロエベ)

ロエベは、スペインで誕生したハイブランドです。

色彩が奇抜という印象を持っている人もいるかもしれませんが、元々、王室の人々も愛用しているだけあって、全体的にどのバッグも、エレガントで気品に満ちています。

大きなリボンが配されているようなデザインであったり、幾何学的にレザーがカットされているバッグであったり、ロエベならではの独創的な世界観にハマってみてください。

人とかぶることの少ない穴場ブランドというところもポイントです。


 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

万双のバッグは、革製品マニア達の中でも話題になっているほど、クオリティが高く、職人の強いこだわりが感じられるということで人気になっています。

といっても、万双は全国的に展開しているブランドではないため、希少価値が非常に高いのです。

マニアにとってはそこも購買欲を煽られてしまうポイントといえるでしょう。

見る目のある玄人が好むブランドのバッグに惹かれるという人は、万双に注目してください。

 

21〜25位の高級メンズビジネスバッグブランド

 

Calvin Klein(カルバンクライン)

Calvin Klein(カルバンクライン)

アメリカで誕生したカルバンクラインは、男が大人の色気をアピールするのに適しているブランドといえるでしょう。

なにしろ、ボクサーパンツや、香水のイメージがあるため、若い頃から女性の心にカルバンクラインのことは刻みつけられているのです。

しかも、価格帯はとても安心できるラインです。奇抜さもなく、モード調のファッションやスーツに似合わせやすい世界観なので、積極的に検討すべきでしょう。


 

Bally(バリー)

Bally(バリー)

バリーはスイスで誕生したブランドです。イタリアやフランスやイギリスのブランドは数多いですが、スイス発というのは、特別な存在であるといえるでしょう。

それでいて、世界観はとてもクールで、非常にビジネス向き。都会的で洗練されているため、長年に渡って飽きずに愛用していける相棒が見つかることでしょう。

特徴的なバリーストライプ、赤白のラインが施されているものをチョイスするのがオススメです。


 

ETTINGER(エッティンガー)

ETTINGER(エッティンガー)

エッティンガーはイギリスで誕生した、エレガントな革製品のブランドです。

伝統的な皮革素材、ブライドルレザーを巧みに使うのが得意で、昔から多くのコアなファンを獲得しています。

実際、イギリス王室の人々もエッティンガーのバッグを愛用しているといいます。

黒のボディに、黄色か紫の差し色というのは、イギリスにおいて最も高貴とされている象徴的なカラーリングですので、是非、ここも意識して選んでみてください。


 

Felisi(フェリージ)

Felisi(フェリージ)

フェリージは革製品の本場であるイタリアで誕生したブランドです。

価格帯は決して安くありませんが、高過ぎるということもないので、ビジネスマンが安心して購入することのできるブランドといえるでしょう。

高級感のあるナイロン素材を巧みにレザーと組み合わせることでコスパも良くなり、さらには凝った印象にもできるなど、とにかく技術力に長けているブランドなのです。

好感度も高いので、周囲の人から睨まれないバッグを求めている人にもオススメです。


 

BREE(ブリー)

BREE(ブリー)

ブリーは、本物の革製品好きが愛用するような、特別なブランドです。

革製品といえばヌメ革、ヌメ革といえば、ブリーを連想するといった具合です。

デパートのバッグコーナーでも、ブリーのバッグは一際、美しい存在感を放っています。

淡いカラーのヌメを、使い込んでいくに連れ、自分色に染めていく…、その楽しみを味わいたい!という人は、ブリーに注目してください。

意外にスポーティーな路線のバッグもあります。価格帯も良心的なのでオススメです。

 

-ビジネスバッグ, ランキング・おすすめ・人気
-, , , ,

Copyright© メンズ財布.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.