メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

ランキング・おすすめ・人気 リュックサック・バックパック

人気のブランドから革(レザー)のメンズバックパック23選

投稿日:

 

人気のブランドから革(レザー)のメンズバックパックを厳選しました。

 

革(レザー)のメンズバックパック

レザーリュック

HushTug(ハッシュタグ)レザーリュック

ハッシュタグは、モンゴルの上質なレザーを優良な価格で製造し、展開するというコンセプトの元に立ち上げられている新時代のブランドです。

バッグのバリエーションは、いずれも究極といえるまでにシンプルです。

スッキリとした美しいシルエットのバッグで、上品なコーデを目指したいという人は是非、ハッシュタグのバッグを狙いにいってみてください。

モンゴルの人々の雇用問題を救うことにもなりますので、何重にも価値があります。


 

aniary(アニアリ)15-05000

aniary(アニアリ)15-05000

バックパックなのですが、2層で構成されているという、圧倒的な収容力を誇るアニアリのレザーバッグです。

それでいて、デカイの背負ってます…!という感じはゼロなので、スッキリとした都会的なシルエットを作ることができるでしょう。

背負ったまま中身を取り出せる左右のポケットも便利なので、これはもう一度ハマってしまうと手放せないでしょう。

カラーは豊富に6種類が展開されています。


 

ER-BPS(ミニバックパック)

HERGOPOCH(エルゴポック)ER-BPS(ミニバックパック)

エルゴポックから展開されているバックパックがミニサイズになって登場している、というのがこちらのバッグになります。

愛嬌のあるサイジングとなっていますが、国産のエンボスレザーからは高級感が漂っていて、全体的にエレガントな仕上がり。

ジェンダーレスに持つことができるので、彼女や奥さんとのペア愛用なども検討してみてください。

カラーは4種類あるのですが、ホワイトが特に印象的なので、狙ってみるべきでしょう。


 

Business Leather Factory(ビジネスレザーファクトリー)

Business Leather Factory(ビジネスレザーファクトリー)

BLFのバッグがいい!という噂を耳にしたことはありませんか?こちら、ビジネスマンにとって必要な要素を完璧に満たしているバッグが、圧倒的にリーズナブルな価格で展開されているという最強のブランドになります。

なにしろ、2WAYで使えてしまう牛本革のバッグが、1万円台で入手できてしまうのです。

カラーバリエーションも異常なまでに豊富なので、必ず手を伸ばしたくなってしまうことでしょう。


 

NALYA (ナリア)2Wayリュック

GANZO(ガンゾ)NALYA (ナリア)2Wayリュック

ショルダーをしまうことで、ブリーフケースに早変わりしてくれる、機能的なリュックサックです。

しかも、ガンゾと言えば国内でも有数の、質に定評があるレザーブランドです。

海外のハイブランドに頼ることに抵抗を感じる…なんて人は是非、ガンゾの良質なバッグに狙いを定めてみてください。

こちらのリュックサックは、特に存在感のある生地で仕立てられており、クラス感のある佇まいとなっています。


 

マルチストライプナイロンポケット バックパック

Paul Smith(ポールスミス)マルチストライプナイロンポケット バックパック

ポールスミスらしいテイストで、上品かつモダンに仕上げられているバックパックになります。

やはり、注目すべきはフロントのポケットに配されているマルチカラーです。

これは、ポールスミスに特有のデザインなので、見る人が見れば、すぐにポールスミス製であるということがわかります。

ブラックの方はクールに1色でまとめられていますが、ブラウンは濃淡のバイカラーになっているので、どちらにするか迷ってしまってください。


 

流線型リュック(R-2)

HERZ(ヘルツ)流線型リュック(R-2)

流線型のフォルムで、見た目が美しい上に、人間工学的に優秀で使い勝手も良い、快適なリュックサックです。

ヘルツは、いかにも革製品らしい魅力的な革製品を豊富に開発しているブランドなので、是非、ラインナップを楽しんで覗いていってください。

カラーは注文時に5種類の中からチョイスすることができるので、好みのものを選びましょう!

ナチュラルなキャメルが最もヘルツらしさを味わえます。


 

エンジンターン ラゲッジキャンバス バックパック

dunhill(ダンヒル)エンジンターン ラゲッジキャンバス バックパック

ダンヒルといえば、クールで大人っぽいクラシカルな世界観が魅力の一流ハイブランドですが、こちらのバッグに関しては、ちょっとスポーティーな印象で、オシャレな抜け感が漂っています。

エンジンターン柄のキャンバスは幾何学的で、近未来をイメージさせてくれることでしょう。

都会派なビジネスマンには、こういったバッグがよく似合うはずです。

価格は15万円ほどと高額ですが、その価値は確実に実感できるでしょう。


 

プランス バックパック

SOMES SADDLE(ソメスサドル)プランス バックパック

スッキリとした表情で洗練された佇まいに仕上げられている、ソメスサドルのリュックサックです。

こちらは、ソメスサドルでは初となる防水加工の施されているビジネスバッグになります。

外ポケットには、アウトドア向けのバッグで採用されるような止水ファスナーも使われているので、雨の日でも安心して背負うことができるでしょう。

ソメスサドルは、馬具を製造しているブランドなので、その実力は本物です。


 

Onda ON012-リュックサック

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)Onda ON012-リュックサック

ラグジュアリーな世界観でおなじみ、日本発のペッレモルビダ製リュックサックです。

春夏のカジュアルなスタイルにも差をつけることができる、ペッレモルビダの自信作となっているので是非、公私問わずに愛用してみてください。

カラーバリエーションは2種類となっており、バイカラーのタイプがより、明るいイメージでオススメ。

サブポケットは、折り返すことで表情に変化をつけることも可能です。


 

ホーク リュック Japan Limited model No.615731

FUJITAKA(フジタカ)ホーク リュック Japan Limited model No.615731

ビジネスで使えるのはもちろん、アウトドアなシーンでも、スタイルを何ランクか格上げしてくれそうな、フジタカのリュックサックです。

クシュッとした独特の質感は、ホークシリーズのハイブリッドなレザーによるもの。

美しいゴールドのパーツは、日本がオリンピックで金メダルを獲得できるように…という願いも込められている、縁起の良いものです。

是非、そのオーラとパワーにあやかってみてください。


 

口折れバックパック Dorso No.2203

青木鞄(アオキカバン)口折れバックパック Dorso No.2203

口折れ式になっていることから、背中に背負うと、独特な表情を生み出す青木鞄のバックパックです。

このテイストは滅多にお目にかかれないものなので、ほどよく個性をアピールしたいという人にもしっくりくることでしょう。

カラーバリエーションがブラック以外に3種類ほど揃っているので、ワンポイントの差し色が欲しい人は是非、狙いにいってください。

価格が3万円ほどと、機能性の割ににかなりリーズナブルなのも魅力です。


 

SPYNEA

DIESEL(ディーゼル)SPYNEA

イタリア発のオシャレ系カジュアルブランド、ディーゼルから販売されているリュックサックです。

黒1色でクールに統一されているので、ビジネスシーンにおいても重宝することでしょう。

エンボスで刻印されているロゴも魅力的。大きく開くトップは、遠くから見るとニッコリと微笑んだ口元のような印象でもあり、テンションを上げてくれることでしょう。

キーホルダーをつけるなどして、オリジナルで遊び心もプラスさせられそうです。


 

Ciao series ディパック KFN1649C

Kiefer neu(キーファー ノイ)Ciao series ディパック KFN1649C

キーファーノイのファンにとっては、いかにも!これこれ!という感じで、キーファーノイらしい魅力が凝縮されているバックパックになります。

艶っとした味わい深いボディに、継ぎ接ぎっぽい加工、編み込みのディテールなどなど、贅沢な雰囲気が漂っています。

こちらは、カラーバリエーションが3種類となっています。

いずれも、嬉しいバイカラー仕上げで、それぞれ違ったニュアンスを楽しむことができます。


 

STRUT

CORBO(コルボ)STRUT

コルボがデビューした当時から人気商品としてコルボを支えてきたバックパックです。

このシルエットは独特なので、唯一無二っぽいイメージがあり、一目惚れしてしまう人も多いことでしょう。

ビートルを思わせるようなフォルムで、この立体感がたまらない人にとっては、どストライクでグッと来ることでしょう。

価格は4万円ほどです。高すぎず、安すぎないので、安心して手を伸ばせるのが魅力です。


 

STREAM

master-piece(マスターピース)STREAM

ビジネスとカジュアルのちょうど中間を行くような、絶妙なテイストのバッグが豊富に展開されているブランド、マスターピースのバックパックです。

摩擦に強く、防水性も高いリュックサックで、厳しいモニタリング試験にも合格しているという優秀な商品ですから、これは是非、自信を持って購入してください。

いかにもデキるビジネスマンが愛用しそうな雰囲気で、価格は堅実な4万円台となっています。


 

RUCKSACK

PORTER(ポーター)RUCKSACK

日本古来の素材である和紙から生まれた糸によって製造されているという、ポーターのラックサックです。

留め具のデザインなどが特殊であるため、ほどよく個性もアピールすることができる絶妙な逸品です。

様々なライフスタイル、幅広い世代の人々のありとあらゆるシチュエーションを考慮してデザインされているので、安心して購入することができるでしょう。

ポーターといえば、老舗ブランドなので信頼度の高さも抜群です。


 

bono - flap rucksack -

SLOW(スロウ)bono - flap rucksack -

革製品愛好家達から高く支持されている、スロウのバックパックです。

大人向けのランドセルのような風貌となっていて、クラシカルなのに今風な感じで背負うことができるでしょう。

ランドセルスタイルのバックパックは、海外のセレブの間でも人気となっているので、是非、積極的にコーデに取り入れていってください。

棒屋根式のこだわり構造にも注目です。価格はちょうど10万円となっています。


 

トスカメン フラップリュック

dan genten(ダン ゲンテン)トスカメン フラップリュック

ダンゲンテンから販売されている、無骨な魅力に溢れるリュックサックです。

シンプルに革の表情が楽しめるようなデザインとなっていて、本物の革製品好きが反応するような商品であると言えるでしょう。

使い込むほどに味わい深い艶が増していくのも魅力の1つ。ダンゲンテンが得意としているベルト使いとはまた別の、フラットな仕様になっているところに注目してください。


 

サイドベルトバックパック

sot(ソット)NEW LUKEレザー サイドベルトバックパック

若者を中心に、ネットで人気を呼んでいるブランド、ソットのレザーバックパックです。

立体的でボリューム感のあるボディは、男女問わず大好評となっています。

サイドのベルトを調整することにより、シルエットや雰囲気に変化を与えることもできるので、長年に渡って飽きることなく愛用していけることでしょう。

収納が充実しており、ポケットも多いので、整理整頓上手にだってなれてしまいます。


 

LIBERAL II (リベラル セカンド)

UNISON DEPT.(ユニゾンデプト)LIBERAL II (リベラル セカンド)

雑誌にも掲載されている大人気のバックパックです。

各所に贅沢なオイルヌメが採用されていて、革製品好きにとってはたまらない逸品となっています。

堅牢な造りのボディは使い込むほどに味わいを増していくことでしょう。

背面の両側にあるファスナーから荷物の出し入れが可能なので、わざわざ背中から降ろしたりする必要がありません。

利便性、デザイン性、共に優れている超優良品です。


 

グローブレザー シリーズ

BAGGY PORT(バギーポート)グローブレザー シリーズ

神戸発の人気レザーブランド、バギーポートのバックパックです。

こちらのバッグは、革と帆布素材とがミックスされていて、独特な雰囲気に仕上がっています。

男性が持っても、女性が持っても様になるので、ペア愛用などを検討している人にもピッタリでしょう。

カラーが豊富に6種類も揃っているので、是非、色違いオソロなども考えてみてください。

1万円台なのでプレゼントにも最適です。


 

New Dulles Tech 2WAY F0 DS0-BLT

ARTPHERE(アートフィアー)New Dulles Tech 2WAY F0 DS0-BLT

近未来的なデザインでパッと人の目を惹くことのできる、ダレス式リュックサックです。

コンパクトなサイズ感で、魅力的な丸みを帯びているのが特徴的。クッション材入りなので、電子機器を持ち歩く人にも向いていると言えるでしょう。

自転車通勤をしている人など、真剣に検討してみてください。口金タイプのバッグはとても便利なので、一度ハマってしまうと、やめられなくなってしまうはずです。

 

-ランキング・おすすめ・人気, リュックサック・バックパック
-, , ,

Copyright© メンズ財布.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.