メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

ブランドの特徴・評判・口コミ

LANVIN en Bleu(ランバン オン ブルー)メンズ財布の特徴、評判、口コミは?

投稿日:

 

LANVIN en Bleu(ランバン オン ブルー)

ランバンオンブルーは、フランスで誕生した高級老舗ブランド、ランバンが展開させているオリジナルブランドです。登場したのは、2004年秋冬のことになります。

出典:https://www.mens.lanvin-en-bleu.com/

 

ランバンオンブルーは、特に日本人にターゲットを絞って展開されているというところが特徴になります。

日本の男女であれば、より、ランバンの魅力をわかってくれる!ということに、ランバン本家は期待を寄せているのでしょう。

ランバンオンブルーでは、次世代のカジュアルラインといった方向性を強く打ち立てており、本家の持つエレガントでラグジュアリーな雰囲気とはまた違う、親しみやすい、抜け感のある、ユーモラスな仕上がりが特徴的となっています。

 

商品の特徴は?

ランバンオンブルーのメンズ財布の特徴は、都会的で洗練されています。

ランバンオンブルーのメンズ財布

色使いなどにパンチがあり、ブラックやホワイトなどのモノトーンが中心ではあるものの、奇抜なほどに鮮やかなイエローや、ブルー系、オレンジ系、深みのあるレッドなどが目立ちます。

本家の財布よりも、装飾が凝っている印象で、素材全体に特殊な加工が施されているものや、大胆なエンボスロゴがあしらわれているものなど、バリエーションは様々で、バラエティ豊かとなっています。

 

価格帯や購入層は?

ランバンオンブルーのメンズ財布の価格帯は、本家と比べるとかなり入手しやすくなっています。

長財布であっても2万円台くらいがマックスで、小さめの小銭入れなどであれば、数千円で入手することも可能です。

フランスの老舗優良ブランドが手がける商品に、たったそれだけの値段で手が伸ばせるのですから、これは反応しないわけにいかないでしょう。

 

購入層は、20代〜30代くらいの若いメンズが中心です。

価格帯はお安めなのに、大人びた雰囲気があるので、ちょっと背伸びをしてカッコつけたい、なんて学生や新社会人にもピッタリです。

 

世間の評判は?

ランバンオンブルーは、本家のランバンありきで展開されているブランドなので、基本的に世間の人々からの信頼度は高いです。

しかし、「どうせ、ライセンスブランドなんでしょ?」という先入観を持って見てしまう人も多いようです。

そのため、悪い噂が流されていることもあるようですが、実際に品質がよくないといったようなことはなさそうです。

日本人がどのようなファッションを好んでいるのか、綿密にリサーチを行った上で立ち上がっているブランドなので、素直にそのセンスを受け入れるのが良策なのではないでしょうか!

 

オススメの商品は?

“テクノロゴ” ラウンドジップ 長財布

“テクノロゴ” ラウンドジップ 長財布

立体感のある「テクノロゴ」が施されている、スタイリッシュな長財布です。

アパレルにも採用されているロゴシリーズになるので、そちらとセットで購入するというのもオススメ。

軽量な樹脂素材でありながら、メタリックに見えるという、特殊なファスナーが使われているところもポイントです。

カードスロットは、大容量の13枚分ですので、機能性も抜群と言えるでしょう。

 

“ハイデ” BOX型小銭入れ

“ハイデ” BOX型小銭入れ

1万円以内で購入できる、スタイリッシュな小銭入れです。

ボックス型なので視認性も抜群。プレートに施してあるロゴには、微妙にカラーリングもプラスされており、ほかにはない特別感が漂っています。

もっちりとした柔らかい革にオリジナルでエンボス加工してあるという、絶妙な触り心地のボディにも酔いしれてみてください。

 

どこで購入できる?

ランバンオンブルーは、全国の大手有名デパート店内にて展開されています。高島屋や、伊勢丹や、そごうや、マルイなどに入っていることが多いので、お近くの店舗をまずは検索してみましょう。

公式サイトの方に、ショップに関する情報が掲載されているので、そちらを見るのが手っ取り早くてオススメです。

また、わざわざ実店舗まで足を運ばなくても、自宅で気軽にオンラインショッピングを楽しむこともできますので、公式サイト内にアクセスしたら、お気に入りの商品がないかどうか、さっそくチェックしてみてください。

 

まとめ

以上、フランスで誕生した、老舗の高級ブランド、ランバンから展開されている、ランバンオンブルーについて、特徴や魅力、世間の評判などをまとめさせてもらいました。

本家のランバンで財布を買おうとすると、最低でも5万円は掛かってしまうので、同じランバンでも、オンブルーなら1万円前後で入手可能!と考えると、とてもお得であると感じることでしょう。

日本人の感性に合わせて発信してくれているブランドなので、その恩恵を是非とも積極的に受けましょう!

-ブランドの特徴・評判・口コミ
-,

Copyright© メンズ財布.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.