メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

レビュー・評価・感想 長財布

ブライドル アルフレートウォレット(ブラック)の使用感をレビュー!

投稿日:

ブライドル アルフレートウォレット(ブラック)の使用感をレビュー!

高級感のある本革の財布であれば、ブランドに関しては特にそこまでこだわらない…といった感じで、しばらくあちこち、商品を吟味して色々な店を回っていたのですが、ココマイスターには、特別な何かを感じました。

商品に対する作り手の思いが詰まっているな、という印象で、レビュー等を見ていても、革そのものの質が良いだけでなく、とにかく作りが丁寧でしっかりしている、ということのようだったので、直感を信じて、初挑戦してみることにしたんです。

 

この財布の気に入っているポイント

ココマイスターの中でも、僕が特に光るものを感じたのは、「ブライドル」という革のシリーズでした。

「ブライドル」という革のシリーズ

他にも、マットーネや、マルティーニ、コードバン、などのシリーズがあり、それぞれ気になりはしたのですが、なんとなく、一番ブランドして気合いが入っているように感じたのが、ブライドルレザーだったんです。

 

ブライドルには、シャシャシャっと引っ掻いたかのような傷跡が白く浮いているんですが、この質感が絶妙で、アンティークっぽいというか、ビンテージっぽいような、ヨーロッパの紳士が持っているかのような格調高い雰囲気を見事に表現できているなと思いました。

ブライドルレザー

ただの黒い革…としかイメージを持たずに財布を探していた僕ですが、そんな僕に、革の世界って、実はとても奥が深いんだぞ、ということを思い知らせてくれた財布でもあります。

 

ココマイスターのサイトでは、英国紳士風の男性が、商品を愛用している画像が使われていますよね?

英国紳士風の男性が、商品を愛用している画像

だからこそ、余計、憧れが強くなるんですが、僕が使っていても、この財布は、ちゃんと、僕という存在を格上げしてくれているように思います。

特に、誰かに見せるということがなかったとしても、持ち歩いているだけで、凛とした気分になれるような、今日も仕事を頑張るぞ!とテンションが上がるような、そんな財布です。

全体がジップで覆われているタイプの財布もあったんですが、僕はこの2つ折りタイプの財布の方が、より大人の財布としてのスマートさを感じられたので、こちらにしました。

 

ブライドル アルフレートウォレットの経年変化

とりあえず、半年ほど使用してみた今の状態が、こんな感じになっています。

ブライドル アルフレートウォレットを実際に使用してみた感想

手汗や皮脂による影響で、ツヤというか、光沢感が、購入当時よりも増していて、いい具合に変化してくれていると思います。触り心地も、少しクタッとして、滑らかというか、柔らかくなったように思います。

革のエイジングって、種類によっては、明るく淡い色でないと、その変化がわかりづらかったりもしますが、ブライドルの場合は、黒や、ダークな、ブラウン、ネイビー等であっても、比較的、質感の変化が分かりにくいほうかなと思います。

とても気に入っているので、ここからさらに愛用し、使い込んでいきたいと思っています。5年後の表情も、10年後の表情も、それぞれ違うんですかね。子供の成長記録のように、ちゃんと日々、写真を残していきたいと思うほど、愛着が湧いてきました。

 

ブライドル アルフレートウォレットを実際に使用してみた感想

革の質が気に入って購入した財布ですが、使い勝手も抜群に良いと思います。使う人のことをものすごく考え、細かいことまで計算して作っているな、という感じがしました。

革の質が気に入って購入した財布

カードは、縦に7枚、横に4枚ほど入れられる仕様になっていて、合計11枚も収容できますし、ポケットも多くて、レシート類や、チケット類、その他、ちょっとしたお店のポイントカードなんかも、問題なく分けて入れることができます。

 

小銭入れも、開きやすくて、中が見やすいです!

小銭入れも、開きやすくて、中が見やすい

内装が明るいベージュというのは、最初は特に気にしていなかったんですが、こういった色は、手垢なんかの汚れに対して、ちょっと弱いかもしれませんね。

外装が汚れている分には「味」という感じに見えるんですが、内装が汚れていると、ただ汚いだけになってしまいそうなので、ちょっと不安ではあります。

 

ただ、外側の黒とのコントラストが鮮やかで、横から見た時なんかに、「おっ!オシャレだな」という印象を受けるので、デザイン的には、黒とベージュの2トーンってとても相性が良いように思いました。

 

まとめ

ブライドルアルフレートウォレットの使用感についてレビューを書かせてもらいました。

ココマイスターが、特にどの商品に対して力を入れているのかは、ハッキリと明確にされていませんが、僕は個人的に、「ブライドル」という革が、このブランドの雰囲気をよく表しているというか、「象徴」であるかのように感じました。

どの革にしようか迷っているという人は、ブライドルから手を付けてみて欲しいな、と思います。

 

ブライドル アルフレートウォレットの在庫を見てみる

 

-レビュー・評価・感想, 長財布
-,

Copyright© メンズ財布.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.