メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

レビュー・評価・感想

Bellroy(ベルロイ)一番人気の薄い財布を購入した使用感レビュー!

投稿日:

Bellroy(ベルロイ)ノートスリーブウォレット

ベルロイのことは、誰に教えてもらったわけでもなく、ネット経由で知りました。

次に買い換えるなら、今度は薄い財布がいい!と思いつつ、あちこち探していたところ、たまたまベルロイの情報が目に入って来たので、そこから徐々に惹き込まれていったという感じです。

 

この財布の気に入っている点

とにかく「薄い!」「軽い!」というところが、まず何より気に入っています。

とにかく「薄い!」「軽い!」

カード8枚とお札が10枚以上入ってもこの厚みです。

ただ薄いだけの財布だと、妙に機能的になり過ぎていて、可愛気がなかったりしそうなものですが、ベルロイはブランドそのものの印象が良く、シンプルにオシャレだな、という印象を受けたので、購入を決意しました。

 

革質そのものも、表情がナチュラルで、いかにも上品な大人が使っていそう、という感じで。

革質そのものも、表情がナチュラル

僕は元々、イルビゾンテの財布を狙っていたんですが、それと近い印象を受けましたし、それでいて、さらに薄くて安いというオプションもついていたので、途中からはすっかりベルロイ派になりました。

 

ベルロイの財布は、カードを入れても何故薄いのか…?ということは、考えれば考えるほど、奥が深くて、ハッとさせられます。

カードを入れても何故薄いのか

まず、カードを使う頻度から考えてみよう!というところが知的で、僕は気に入っています。

よく使うカードに関しては、きちんとスリーブが設けられているのですが、たまにしか取り出さないくらいのカードについては、まとめて収容してしまえ、というのがベルロイの考え方なんですよね。

ベルロイの考え方

当たり前のような発想なのに、実際、これにより、かなりスペースを節約できていると思います。

 

また、小銭やレシートは、毎日取り出しましょう、ということを堂々と提唱しているところも、妙に納得させられたポイントです。

決して小銭の収容スペースは大きくないですが、たくさん入ればいい、というものではないと気付かされました。

小銭の収容スペース

ジャラジャラしたものを日々持ち歩いて、レジで「えーっと、1円1円…」なんてやっているのは、結論からいうとカッコ悪いということなんですよね。

たくさん持ち歩きたいから、たくさん入る財布を…なんてことをやっていたのでは、運が逃げてしまうのではないかな、というのがこの財布を使うようになった僕の感想です。

 

ベルロイの財布を使用してみた感想

僕はスーツで通勤をしているのですが、財布はすっかり内ポケットにしまうというのが定着しました。

内ポケットにしまうというのが定着

前は、ラウンドジップタイプの長財布を使っていたのですが、あんなにかさばる重いものをどうして、今までバッグの中にしまいこんでいたのかな…と、自分でも不思議になります。

別にミニマリストになりたいわけではないのですが、無駄な要素は削ぎ落としていった方が、スマートで判断力のある人間になれるような気がしています。

 

ちなみに、小さめの財布の場合だと、紙幣を折り畳まなくてはいけないケースも多く、僕はこれに関してかなり抵抗があったのですが…、このベルロイの財布の場合は、紙幣は折り畳まずに収容することができます。

紙幣は折り畳まずに収容

地味なポイントですが、僕と同じで、けっこうこれを気にする人って多いんじゃないでしょうか?

綺麗なピン札に、自分が折り目をつけてしまうのって、なんだか気持ちが良くないんですよね。

 

小銭入れから小銭を毎回取り出して使う…ということに関して、不便さを感じないだろうか…というのは、この財布を買う前に、一番気にしていたポイントですが、今のところは、全く問題ありません。

そもそも、毎晩のように財布の整理をせずとも、いらないレシートは受け取らなければいいし、駅の自販機でお茶やジュースを買う時は、ピッとカードをかざせば購入することができます。

 

コンビニでも、以前は現金払いが中心でしたが、最近では、このベルロイの財布に変えたことによって、積極的にスマフォの電子マネーを使用するようになりました。

そして、そのことがいかに便利かということにも気づけた次第です。

 

ベルロイのレザーについて

なんだか、どんどん機械化されていく流れの中にいるようでいて、このベルロイの財布は、ちゃんと味わい深いレザーの経年変化も楽しませてくれるので、愛着があって可愛いなぁ、と思います。

ベルロイのレザー

今では暮らしに欠かせない、大事な相棒です。

自然なままの表情が生かされているフルグレインレザーが素晴らしく、ベジタブルタンニン鞣しなので、革本来の風合いがさらに楽しめるという、革マニアも納得の仕様ということで、僕も大満足しています。

不自然につるつる、ザラザラしているのではなく、このナチュラルな質感がたまらないんですよね。

カラーも、落ち着きのある色を選んで、良かったなと思っています。

 

まとめ

薄い財布、というキーワードだけでいつの間にか辿りついていたブランドですが、ベルロイは、本当にいい仕事をしていると思います。

オーストラリアのブランドということで、革製品のイメージがあまりなく、レアな国なのに、ここまでのクオリティのものを展開しているというだけで、なんだかグッときます。

フクロウのマークが気になるので、他の商品にも手を伸ばしてみようかな、なんて考えていたりします。

 

ベルロイの在庫を見てみる

 

-レビュー・評価・感想
-, ,

Copyright© メンズ財布.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.