メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

ブランドの特徴・評判・口コミ

AYAME ANTICO(アヤメアンティーコ)の特徴や魅力、世間の評判は?

投稿日:

アヤメアンティーコの特徴や魅力、世間の評判は?

AYAME ANTICO(アヤメアンティーコ)は、2014年に日本で誕生したばかりの、真新しいブランドです。創業者の菖蒲智氏は、革製品の本場、イタリアのフィレンツェで、製造や販売に携わっていた経歴を持っています。

アヤメアンティーコの商品に使われている革は、「カルロ・バラダッシ社」という著名な革工房にて鞣されたもので、化学薬品を使わずに、伝統的な製法をもちいて、じっくりと丹念に造りあげられています。そして、その革を最終的に縫製しているのは、日本の職人です。

本場イタリアの本格的な皮革を使い、それを日本の熟練された職人が高度な技術で縫製するという、革製品界の中でも黄金とされている組み合わせを用いることでもって、アヤメアンティーコの商品は製造されています。

 

アヤメアンティーコの特徴は?

アヤメアンティーコの商品は、とにかく、シンプルで王道です。

デザインが奇抜であったり、カラーバリエーションが多かったり…、ということではなく、とにかく革が主役であり、革の表情そのものを楽しむということが、醍醐味になっている、そんなブランドです。

アヤメアンティーコの特徴は?

商品の種類自体はとても多いですが、カラーは、革本来の自然な色が楽しめるブラウンの他、ブラックと、ブルーがある程度、といった感じです。

革の質で勝負しているものは、カッコばかりつけていて、機能性は度外視…というケースも多かったりしますが、アヤメアンティーコに関しては、そのようなことはありません。

財布を使う人の状況というものを、真剣に追求し、カード入れや小銭入れ部分などもしっかり作ってあるなど、機能性としては、充分に高いとと言えるでしょう。

 

また、革だけでなく、装飾となるファスナーの金具部分なども、オリジナルでしっかり製造しているという特徴があります。

装飾となるファスナーの金具部分なども、オリジナル

財布は、ここが劣化してくると、安っぽく見えてしまったりするのですが、アヤメアンティーコでは、そのようなことがないよう、職人が何度も何度も丁寧に磨き上げられています。

 

革質や経年変化について

革質や経年変化について

アヤメアンティーコは「ミネルバボックス」などの、経年変化が期待できる革を使用しているブランドです。

使えば使うほどに、味わいのある色へと確実に深まっていくであろう素材を、惜しみなく使用しているので、今から購入しておけば、数年後に美味しい変化を遂げてくれることは、間違いありません。

アヤメアンティーコの経年変化している財布、というだけで非常にレアな存在ということになるので、先物買い!という感じで一つ持っておくと、いずれ鼻の高い気分を味わえるようになることでしょう。

 

知名度や世間のイメージは?

2014年に誕生したばかりのブランドになるので、世間での一般的な知名度はまだまだこれからです。

ただ、一部の革製品マニアからは、上々の評価がされており、アヤメアンティーコの財布は頻繁に売り切れになっています。

流行に敏感で、かつ、本物志向であるという人が手堅く選ぶ、最先端のブランドといったイメージが定着しつつあるようです。

 

価格帯や購入層は?

アヤメアンティーコの商品の価格帯は、2万円台後半〜4万円台くらいまでが中心となっています。

アヤメアンティーコの商品の価格帯

購入層は、20代前半〜40代前半くらいまで、といったイメージで、高過ぎず、安過ぎないということもあり、男女問わず、幅広い層から人気があります。

 

また、やたら男臭い…ということもなく、逆に、いかにも女性的!ということもないので、男女を選びません。

実際アヤメアンティーコの購入者は、6割が女性だと聞いています。

ユニセックスな上、ファッションの系統に関しても、カジュアル系の人から、スーツ系、きれい目系の人まで、誰もが買っていける印象です。

 

オススメの商品は?

イントルノ ポルタフォーリオ

イントルノ ポルタフォーリオ

経年変化にうってつけの革、ミネルバボックスを使用して作られている財布になります。

新品で購入時には、独特の「シボ」が表面を覆っているのですが、このシボは使い込むほどに、消えていきます。シボが薄くなっていくとやがて、艶が出始め、色合いがどんどん深くなっていくのですが、この変化の具合が、革製品マニアにはたまらないところです。

また、この財布は、内装も非常に凝っており、ヌバックという特殊な革が使われています。少しだけ革の表面が擦られていて、起毛しているのが特徴なのですが、ベロアやスウェードなどと違い、サラッとしているので、フカフカになり過ぎておらず、ほどよいエレガント感を楽しむことができます。

ヌバックを使用する場合は、コバ処理が難しくなると言われているそうなのですが、アヤメアンティーコの熟練された職人達は、このコバ塗りを美しく仕上げることにかけて、高い技術を有しているとのこと。そして、このヌバックも、経年変化を遂げると、色合いが美しく変化していきます。

カラーバリエーションは、ネロ(ブラック)、マッローネ(ブラウン)、アッズーロ(ブルー)の3種類となっています。いずれも、アヤメアンティーコでは定番となっているカラーです。価格は、税込みで、32,000円です。

フィネストラ

フィネストラ

こちらは、2つ折りタイプの財布です。最高のビンテージ感が楽しめる革が使用されており、オイルドレザーの表面を、「アッシュガート」といって、乾燥加工させたものになります。

1枚の革の中でも、色合いやシボの具合など、ニュアンスが微妙に違うので、世界に1つだけの財布を所有している感覚を楽しむこともできます。

札入れは2箇所、カードポケットは4枚分プラス、隠しポケットが2つあり、ボタン式の小銭入れが付いています。肌身離さず持ち歩くにはちょうどよいスペックと言えるでしょう。経年変化を楽しむためには、愛用し続けたいところですよね!

カラーバリエーションは、ビンテージオレンジと、ビターグリーンの2種類で、価格は、税込みで28,000円となっています。

 

どこで購入できる?

公式サイトの通販ページ

アヤメアンティーコの商品を取り扱っている実店舗は、今のところありません。

入手するなら、公式サイトの通販ページで購入することになります。

長く使うものなので、手に取ってから購入したい、と思う人も多いかもしれませんが、未使用品であれば、7日以内なら返品、交換が可能ですし、値段に関しても、通販で購入してもいいかな、と思えるような価格帯のものばかりです。

職人が1つ1つ手作りしているため、希望の商品があっても、現在製作中、となってしまっていることも多いですが、じっと完成するのを待ち、苦労して手に入れるからこその愛着というものもあるのではないでしょうか!

 

まとめ

以上、アヤメアンティーコの特徴や、魅力、世間の評判について、まとめさせてもらいました。

2014年に誕生したばかりのブランドですが、超大人気のプレミアブランドに化ける可能性があるので、今のうちから注目し、とりあえず1つだけでも商品を買ってみる!というのがオススメです。

品質がよく、ファッションを選ばないので、大切な人へのプレゼントとしても、検討してみてください。

 



 

-ブランドの特徴・評判・口コミ
-,

Copyright© メンズ財布.com , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.