メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

ランキング・おすすめ・人気

50~60代に人気が高いおすすめメンズバッグ・鞄ブランド13選

投稿日:

 

50~60代に人気が高いおすすめメンズバッグ・鞄ブランドを厳選しました。

 

50~60代メンズバッグ・鞄ブランド

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

ココマイスターは、ダンディーな大人の渋いメンズにオススメできる、とっておきのブランドです。公式サイトを覗いてみても、モデルとして採用されているのが、白髪の英国紳士だったりするので、そんな雰囲気に憧れるという人は是非、ココマイスターの重厚感たっぷりなメンズバッグに魅せられてください。世界中から皮革素材が集められているのですが、縫製を行っているのは日本なので、クオリティに信頼ができるというところもポイントです。ビジネスマンの新定番ブランドとして注目してください。


 

FUJITAKA(フジタカ)

FUJITAKA(フジタカ)

フジタカは、ベテラン世代の大人な紳士、革製品に対してこだわりや見る目のあるメンズにオススメできるブランドです。フジタカといえば、日本製の高品質なバッグが楽しめるというだけでなく、情緒豊かな色彩を味わうことができるというのもポイントです。他のブランドでは、なかなかお目に掛かることのできないような、攻めた色調のバッグが揃っているので、隅々まで商品をチェックしてみてください。日本の自然界に存在するような、独特のカラーリングに魅了されることでしょう。


 

HUNTING WORLD(ハンティングワールド)

HUNTING WORLD(ハンティングワールド)

ハンティングワールドは、バブルの時代に一斉を風靡したということもあり、特に、50代〜60代のメンズにピッタリのブランドとして推奨できます。アフリカンテイストを基調としているブランドは他になかなか類を見ないので、ありがちでない特別な雰囲気を演出することもできるでしょう。象のロゴマークが象徴的なので、これがフィーチャーされているデザインをチョイスすると、さらにハンティングワールドの世界を楽しむことができるはず。アースカラーのシリーズを選ぶようにするのもポイントですが、あえてそこを外すのもオシャレでしょう。


 

ARMANI(アルマーニ)

ARMANI(アルマーニ)

イタリア発のハイブランドといえば、アルマーニを真っ先に思い浮かべるという人も多いことでしょう。その他のブランドは、若い人向け…という感じで抵抗を抱いてしまうかもしれませんが、アルマーニであれば、ベテラン世代のメンズが安心して堂々と身に付けることができる、という印象です。派生ブランドであるエンポリオアルマーニも安価で人気となっていますが、大人としてダンディーな雰囲気をアピールしたいのであれば、本家のジョルジオ・アルマーニを狙うようにしてみてください。


 

Valextra(ヴァレクストラ)

Valextra(ヴァレクストラ)

ヴァレクストラは、超一流ブランドとして君臨しており、フランスのエルメスに対して、イタリアのヴァレクストラという感じで、世界中から高い評価を得ています。ヴァレクストラの作品は、あの美術館の殿堂、MOMAにも永久展示されているほどです。象徴的なコレ!という要素がないのも、セレブな人々がヴァレクストラに惹かれる理由といえるでしょう。ヴァレクストラ製かどうかを見分けるポイントは、純粋に「クオリティの高さ」なのです。同じブルーのバッグでも、何種類も存在しているなど、色に対するこだわりの深さも特筆すべき点です。


 

Camille Fournet(カミーユフォルネ)

Camille Fournet(カミーユフォルネ)

ディテールにこだわった、芸術性の高い完璧なバッグを入手できるブランド、カミーユフォルネはフランスの超一流ハイブランドです。カミーユフォルネといえば、腕時計用の高級革ベルトを製造しているブランドとしても有名です。そのため、時計にこだわりを持っている人は、革の腕時計と共に、カミーユフォルネのバッグをお揃いで購入するなんて、いかがでしょうか?実際、バッグのデザインにも、時計のベルトを思わせるような要素がエッセンスとして散りばめられています。ダンディーな富裕層にオススメできる存在です。


 

ZANELLATO(ザネラート)

ZANELLATO(ザネラート)

ザネラートといえば、しっとりと肌になじむような、柔らかい質感のレザーと、美しい流曲線の施されているバッグが有名です。王道のカチッとしたビジネスバッグよりも、少しクシュッとしていてセクシーなバッグに魅せられるという人は、ザネラートに注目していってください。実は、カラーバリエーションも豊富であるという特徴があるので、今まで、黒や茶色や紺ばかりが続いていて、飽き飽きしている…という人にもオススメができます。ビビッドな色でも、使っているうちにいい具合に馴染んでくると定評があります。


 

Morabito(モラビト)

Morabito(モラビト)

フランスのパリを拠点としているモラビトは、本物のセレブのみが愛しているような、隠れた超一流ブランド的存在です。エルメスほどメジャーではないのに、格の高さはエルメス並であり、王室の人々も愛用しているようなブランドなのです。ありがちでないハイブランドのバッグを使うことで、人とは違う特別な優越感に浸りたい…という人は、モラビトのバッグが放つ、本物のオーラに魅せられてみてください。モラビトといえば、オートグラフのバッグ、というように王道の路線もあるので、研究のし甲斐があることでしょう。


 

GOLD PFEIL(ゴールドファイル)

GOLD PFEIL(ゴールドファイル)

ゴールドファイルは、ドイツで誕生しているブランドです。ドイツといえば、クラフト大国であり、質の高い商品を正確に生み出すというイメージを持っている人も多いことでしょう。そんなゴールドファイルは、10万円ほどするゴールドのランドセルを販売するような、特別感の強いブランドでもあります。素敵なバッグだと思い、なんとなく手に取ってみたら、たまたまゴールドファイルのバッグだった、という出会い方をする人も多い、本物志向な人々にヒットするブランドですので是非、この機会に知っておいてください。


 

J.M WESTON(ジェイエムウエストン)

J.M WESTON(ジェイエムウエストン)

ジェイエムウエストンは、フランス発のブランドです。元々は、シューズメーカーである、というところが、ツウの心をくすぐってくる特別なポイントであると言えるでしょう。そのため、ビジネスバッグのデザインにも、どことなく革靴を思わせるようなディテールが凝らされているのです。また、建築物からインスパイアされているような世界観も、ジェイエムウエストンの、他にはない魅力です。ありがちなバッグではなく、少し尖った要素のある、特別なバッグに惹かれるという人は、ジェイエムウエストンを知っておいてください。


 

Cellerini(チェレリー二)

Cellerini(チェレリー二)

イタリア発のチェレリーニは、クラシカルで洗練された紳士向けの革製品を展開しているブランドです。50代〜60代のメンズは、まさにチェレリーニのターゲット層ですので、是非、この機会にチェックしていってください。チェレリーニのバッグは、世界中の名だたるセレブや政治家達も愛用しています。フェラーリのCEOや、サッチャー元首相も、チェレリーニの顧客だといいますから、いかに信頼できるブランドであるかがうかがえることでしょう。芸術品のように美しい佇まいのブリーフケース等に注目です。


 

TRAMONTANO(トラモンターノ)

TRAMONTANO(トラモンターノ)

トラモンターノは、イタリアのナポリで創業している、旅行用トランクを主力とするブランドです。世界中のセレブ達がトラモンターノの商品を愛用しているその背景には、トラモンターノがリペア業務に力を入れているから…という逸話などもあります。徹底して高いクオリティを追求しているだけでなく、顧客を大事にするという精神を持っているのが、トラモンターノの真の魅力なのです。バッグ以外にも、様々なアイテムを幅広く手掛けているので、シリーズでたくさん揃えていくのもいいでしょう。


 

Valentino Garavani(ヴァレンティノ・ガラヴァーニ)

Valentino Garavani(ヴァレンティノ・ガラヴァーニ)

ヴァレンティノ(バレンチノ)は、社交界に呼ばれるような、セレブリティな人々から支持されている、イタリアの超高級ファッションブランドです。バレンチノのアイコンは、ロックなスタッズなのですが、意外にも、日本の侘び寂びといった文化を積極的に取り入れているという背景があったりします。そのため、是非、50代〜60代に差し掛かる、ベテラン世代なメンズにこそ、是非注目して欲しいブランドであるといえます。

-ランキング・おすすめ・人気
-, , ,

Copyright© メンズ財布.com , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.