メンズ財布業界で5年以上培った経験を元に、おすすめの革製品を紹介します。

メンズ財布.com

ビジネスバッグ ランキング・おすすめ・人気

30代でビジネスバッグ選ぶならおすすめの人気ブランド16選

投稿日:

 

30代でビジネスバッグ選ぶならおすすめの人気ブランドを厳選しました。

 

30代ビジネスバッグブランド

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

30代といえば、いよいよ本格的なレザーのビジネスバッグに乗り換えようかな…といった微妙な世代ではないでしょうか?

そんな思考や願望を持っているメンズにとって、ココマイスターは見逃せない存在であると言えるでしょう。

高級感、重厚感のある、機能性の高い高品質なバッグが揃っているので、ラインナップを隈なくチェックするべきでしょう。

海外から取り寄せた上質な皮革素材を、日本の熟練された職人が縫製しているというスタイルは、超黄金のコンビネーションです。


 

HushTug(ハッシュタグ)

HushTug(ハッシュタグ)

圧倒的な高品質と低価格で話題となっており、コスパ重視の支持層から絶大な支持を集めているブランドです。

人気の商品は1~2か月後の予約待ちとなっています。

使用しているのはモンゴルレザー。過酷な環境で育つレザーは頑丈で丈夫。この価格でこの品質のレザーバッグが提供されていることに驚くレビューが多数上げられています。

また製造原価を公開していたり、モンゴルに産業を作りたいという企業理念も人気を集める要因になっています。


 

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

オロビアンコの世界観は、非常に華やかでファッション性に満ちています。

20代〜30代くらいの若いビジネスマンにとって、しっかりとマッチするテイストに仕上がっているので、これは狙い目であると言えるでしょう。

さらには、価格帯も絶妙で、高すぎず、安すぎることがないので、安心して購入に踏み切ることができます。

イタリアからやってきたブランドであるというところも、威張りの効くポイントなので、30代後半のメンズであっても堂々と愛用できるはずです。


 

GOLDMEN(ゴールドメン)

ゴールドメンは、日本発のブランドの中でも特にコスパが良いので注目してみてください。

10万円以上はするのではないか…?と思えるテイストのバッグが、たった数万円くらいで入手できてしまうので、驚きを感じているというレビューも多数寄せられています。

本格的なバッグが欲しいけれど、しっかり貯金もしておきたいという30代のメンズにとって、ゴールドメンのバッグは救世主となり得ることでしょう。

まずは、公式サイトにて、そのラインナップをチェックすべきでしょう。


 

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

30代は、ネームバリューよりも、本当に確かな品質であるかどうか、ということにこだわり始める年代と言えるでしょう。

そんな30代のメンズに圧倒的にオススメできるのが、ガンゾです。

ガンゾは、マニア達が大注目している存在で、「質で選ぶならガンゾ」というキーワードが取り沙汰されるくらい、とにかく高品質なバッグの展開されているブランドなのです。

商品のバリエーションや品数も豊富なので、求めている方向性の本革バッグが必ず見つかることでしょう。


 

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

ペッレモルビダのバッグが最もよく似合うの豪華客船の旅というコンセプチュアルな世界観に裏打ちされているバッグの風合いも魅力的。

洗練されていつつ、は、30代中盤に差し掛かったくらいの、色気ある大人なメンズです。

メイドインジャパン品質で、しっかりと高級感があるのに、ちゃんと手の届く範囲の価格帯で展開してくれているところが嬉しいポイントであると言えるでしょう。

船底のようなラインが施されていたり、船員の使うホイッスルが付属していたり、大人の遊び心を刺激してくれます。


 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

コーチは、30代の男女と非常に相性の良いブランドです。

しっかりと人気、知名度、高級感があるのに、一回りリーズナブルな価格帯で展開してくれているので、思い切ってワードローブに加えることができるのです。

造りも丈夫で耐久性が高く、デザインのバリエーションもかなり豊富なので、色々な意味で使い勝手の良い、激推しブランドです。

オーソドックスなものから、尖ったデザインのものまで、幅広い視野で商品をチェックしてみてください。


 

土屋鞄製造所

土屋鞄製造所

土屋鞄製造所は、品質に信頼の寄せることのできる、本格的な日本の老舗ブランドです。

こういったタイプのブランドは、好感度が求められる30代の男女と非常に良い相性であると言えるでしょう。

最先端の空気感に満ちているので、ビジネスシーンはもちろんのこと、プライベートなシチュエーションにおいても、洗練されたオシャレな雰囲気をアピールするのに一役買ってくれるはずです。

価格帯も適正なので、安心して手を伸ばすことができます。利便性や耐久性に関しても徹底して追求されています。


 

HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

革製品を長年に渡って愛しながら使い続けていきたい!とにかく、自分の革製品を愛でたい!という人は、ヘルツでバッグを探してみてください。

ヘルツのバッグを、あえて今時の言葉で表現するなら、「大人カワイイ」というフレーズがしっくりきます。

30代のオシャレな男女に、まさにピッタリの世界観であると言えるでしょう。

職人がこだわりを持って1点1点手作りしているので、魂の感じられるバッグで新たなスタートを切りたい!という、感性の鋭いタイプの人にオススメしたいブランドです。


 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

30代といえば、まだまだ若い世代です。しかし、だからといって、誰からもナメられたくない!本格的な革のバッグを持っていたい!…しかし、海外のハイブランドに安易に頼りたくもない!というタイプのメンズには、万双をオススメしておきます。

万双は、革製品のことを知り尽くしているベテラン世代な男性が重宝するようなブランドであり、実店舗も少ないので、オンラインで密かに入手するのがいいでしょう。

ツウであることをアピールできるはずです。


 

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

とにかく、雰囲気で周囲の人を圧倒したいという思いがあるなら、わかりやすくハイブランドのバッグを持ち歩くというのが正攻法です。

ルイヴィトンであれば、圧倒的な知名度を誇っていますから、むしろ、パッと見てどこのバッグだかわからない、という人の方が少数派でしょう。

ヴィトンで、数十万円くらいするビジネスバッグを購入することができたら、それはもうビジネスマンとして一流になることができた証です。


 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

ボッテガ・ヴェネタのバッグには、奇抜な要素がないため、もっとわかりやすいブランドのバッグの方がいいかなぁ…なんてことを思う人もいるかもしれませんが、だからこそ、本物を見極める目を持った大人にのみ、愛される素質を持っているわけです。

つまり、ボッテガのビジネスバッグを愛用しているといれば、それだけ周囲からの信頼度も高くなるということです。

美しいレザーの編み込み、イントレチャートの魅力にもハマってみてください。


 

GUCCI(グッチ)

グッチといえば、オシャレなセレブが確実に愛用している御用達ブランドです。

威張りが効くだけでなく、ファッション性も普通に高いので、パッと見て一目惚れしてしまうような、存在感の強いバッグに出会えることでしょう。

他に換えの利かないデザインであることが多いので、ピン!と来たらすぐに購入を決意してしまうべきでしょう。

それはもう、運命であると思った方がいいのです。予算は数十万円くらい掛かりますが、それだけの価値は確実にあります。


 

BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

バーバリーといえば、老若男女に愛される、イギリスのハイブランドです。

お行儀が良く、エレガントで可愛らしい印象のバッグが中心ですが、中には攻めたようなテイストのものもあったりするので、目が離せません。

一見するとバーバリーとはわからないようなデザインのものを、あえて狙いに行くのが今時風です。

しっかりと高額が設定されていますが、一流の商品を購入することに喜びを見いだせる…、そんなブランドです。


 

Felisi(フェリージ)

Felisi(フェリージ)

30代の男女、特にビジネスマンにオススメしたいのが、イタリア発のフェリージです。

商品のバリエーションが本格的で豊富というだけでも魅力たっぷりなのですが、カラーバリエーションにもこだわりが詰まっていたり、多機能で耐久性にも優れていたりと、フェリージはとにかくいいこどづくめです。

爽やかな印象で、好感度も高いので、通勤や出張の際に重宝することでしょう。

敵を作りたくないタイプの人は、フェリージのバッグと共鳴し合えるはずです。


 

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)

ワイルドスワンズといえば、日本の革製品ブランドの中でも、究極に贅沢な品質が約束されている、マニア必見なブランドです。

重厚感のあるレザーの質や、エレガントで表現の難しい流曲線を見逃さないでください。

30代といえば、自身の持つアイテムにこだわりを抱き始める年頃ですから、海外のハイブランド並に強気な価格を設定しているワイルドスワンズの世界に是非、足を踏み入れてみてください。


 

master-piece(マスターピース)

master-piece(マスターピース)

20代〜30代の若い世代なメンズには、マスターピースの華やかな世界観がマッチすることでしょう。

カジュアルなテイストが中心なので、プライベートで気軽に使えるようなバッグを見つけるのに適していますが、ビジネス向けのブリーフケースなども充実しているので、是非、ラインナップを隈なくチェックしてみてください。

価格帯もリーズナブルなので、安心してショッピングを楽しむことができるはずです。

-ビジネスバッグ, ランキング・おすすめ・人気
-, ,

Copyright© メンズ財布.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.